目指せ毛穴レス!40代がノーファンデ・最愛スキンケア&メイクアップ化粧品でツヤ肌に

フリーランスライター/フォトグラファー/営業・マーケティングアドバイザーの田中佐江子

フリーランスライター/フォトグラファー/営業・マーケティングアドバイザーの田中佐江子ノーファンデ派宣言!40代がファンデーションを塗らない生活で綺麗な毛穴レス肌に改善

前回、アラフォー女が実体験+本音ですべて明かす第一弾「ノーファンデ派宣言!40代がファンデーションを塗らない生活で綺麗な毛穴レス肌に改善」をお届けしたところ、予想以上の大反響が……!

ありがたやありがたや〜書いた甲斐がありました!

さて、本日はその続きです。

題して、アラフォー女が実体験+本音ですべて明かす第二弾「目指せ毛穴レス!40代がノーファンデ・最愛スキンケア&メイクアップ化粧品でツヤ肌に」をお届けします!

そしてそのアイテムのひとつを選んだ理由に、air・木村直人さんが絡んでくるのですよ。

……………airの木村直人さん?……………エアー?きむら氏?……………えーと、もしかしてあの愉快な漫画・アニメオタクの……あ、いやいや……カリスマ美容師の……………?!

「一体どゆこと……?」な謎を残しつつ、前回記事内でも触れた「そこまで肌が改善できた理由が知りたい!自分もやってみたいから教えて!」のリクエストにお応えして大公開です。

よかったら参考にしてください!


この記事はこんな人におすすめ
  • 30代・40代・50代の女性で今よりもっと肌を綺麗にしたい人
  • 全年代におすすめの健康・美容のコツが知りたい10代〜20代・60代以上の人
  • 現在使用しているスキンケア化粧品が高いので見直ししたい人
  • スキンケアやメイクには確かな効果を求める!という考えの人

まずは前回のおさらい!40代・アラフォー田中の肌年表と肌歴史

フリーランスライター/フォトグラファー/営業・マーケティングアドバイザーの田中佐江子

まずは前回公開の第一弾で紹介した、40代・アラフォー田中の肌年表とこれまでの肌歴史をおさらいしておきましょう。

そのうえで、今回ピックアップするスキンケアやメイクアップのアイテム、生活習慣改善のコツが、似たような肌質や毛穴トラブル、そのときどきの年代で同じ肌悩みを抱えている方々に、より具体的な参考になったらうれしいです。

「こういうケアをすれば肌質改善できるんだ!」「習慣ってちょっとしたコツで変えられるし、それがこれだけ目に見えて肌にも良い影響があるんだね」と実感していただけたら……と願っています!


田中の肌年表と肌歴史
  1. 10代〜20歳過ぎ
    思春期特有の脂性肌・オイリー肌・ニキビ肌。頬にはそれほど目立ったニキビはできなかったものの、フェイスラインを中心に額(おでこ)・眉間・こめかみ・鼻頭・小鼻周り・あごのニキビ出没ゾーンに、出来ては消え出来ては消えのいたちゴッコ。その後しばらくはフェイスラインのクレーター状ニキビ跡に悩む。顔のテカリや、頬を中心に肌の赤みまで、肌悩みの総合商社状態。
  2. 20代中盤〜30歳
    肌が落ち着いた時期。思春期の典型的なオイリー肌から卒業したことが一番大きな要因。とはいえ、毛穴悩みはなにかしら抱えていた。「毛穴ケアは一生おこなうもの」が田中自虐的教訓。
  3. 30代〜40歳過ぎ
    30代に突入し、徐々にインナードライへと傾きはじめる。最初は「冬場でもベタつく??」と不思議だったものの、35歳頃に「また顔がベタベタして脂が出やすくなったのは、脂性肌復活じゃなくて、肌の深部が猛烈に乾燥しているインナードライ肌になったからだ……!」と久しぶりに受けたイプサの肌診断で理解。ここからスキンケアを保湿超重視&エイジングケアへ切り替え。
  4. 全年代通して補足
    もともと極度の睡眠不足・体調不良・ストレス過多じゃなければ肌は丈夫。10代〜20代は皮脂分泌のひらき毛穴、30代〜40代は乾燥・インナードライ・加齢による毛穴の黒ずみ・角栓詰まり・たるみなど毛穴には悩むものの、毛穴以外は健やかで、実年齢より肌年齢は若い。日常生活が荒れなければ肌も大幅に荒れず、20歳過ぎまでの脂性肌と顔の肉付きが好影響でシワができにくい。

田中、肌と格闘してきたってよ(桐島が部活を辞めるノリで語るんじゃないわたしよ)。

皮脂の分泌量の多さから毛穴の開きや化粧崩れに困っていたのが、お次は乾燥による毛穴トラブルやファンデーション・化粧下地の毛穴落ちに頭を悩ますことになるとは……!

特にちょうど1年前、鼻と頬の毛穴開き・シミシワ・たるみ肌どころではなく、乾燥小じわ・肌のしぼみ・黄ばみ・顔のくすみ・肌荒れ・凸凹肌までセットの肌トラブルフルコース……。

季節の変わり目には敏感肌にもなる乾燥肌・混合肌・インナードライ肌で、陥没毛穴から毛穴浮きまで発生し、毛穴レスと無縁の毛穴トラブル肌を脱却できたのは、スキンケア見直しと生活習慣のちょっとした改善でした!

そのすべてをこのあと公開します。続きをどうぞ!

毛穴トラブルに悩んできた40代が最初に伝えたい睡眠と湯船の効果

フリーランスライター/フォトグラファー/営業・マーケティングアドバイザーの田中佐江子

スキンケアラインとメイクアップ化粧品を紹介する前に、最初にお伝えしたいのが睡眠とお風呂の湯船効果について。

肌年齢が若い状態を保てている理由は、どれだけ忙しくてもなるべく睡眠をとってきたから」は前回書きましたが、もうひとつ、「お風呂で毎回湯船にゆっくりつかっている」が大きいです。

わたしの場合、「冷え性とむくみ改善、肩と腰のコリを酷くしない」を一番の目的にしているとはいえ、比較的モチモチ状態を保っていられるのは湯船効果かも。

もし“まともに寝ない”+“シャワーでかんたんに済ませる”生活を長年繰り返していたら……。

「10代から40代まで、なにかにつけて悩んでいた毛穴問題は全部子供騙しだったんだ……!」とドン引きするほど、比較にならないくらいもっと毛穴トラブルは酷くなっていたと断言できます。

これ、信頼する皮膚科の先生らにそう教えてもらったので、間違いないと思っています。なにより自分で生活しながら得ている体感として「そりゃそうだろな……」と納得している正直さが答えだなあと(苦笑)。

いやもうほんと、なるべく寝ててよかった・お風呂で湯船につかっててよかった、の一言でござる……!

結局「どれだけ高価なアイテムを使用したか」ではなくて、「どれだけ基本的な生活をするか」なのでしょうね。わたしはお風呂ゆっくり派なので、“湯船にきちんとつかる”は鉄板です!

まずこの“睡眠をとる&お風呂で湯船につかる”を抜きにして、毎日忙しい40代女性が1年間で肌質を改善させるのは不可能だと痛感しています。

なので、本気で汚肌を卒業してきれいになりたい、そしてかなり荒れた生活をおくっている人は、スキンケアやメイクアップ化粧品を変える以前に根本的な生活習慣をチェック&修正してみてください!

特に30代以降は年齢という大きな壁が立ちふさがってくるので、“生活習慣を改善せずに、むきたての卵肌・陶器肌・毛穴レス肌になるのは無理!”が現実ですぜ……!

生活習慣を改善するコツやお風呂で湯船につかる効果については、常時高アクセスのこちらの人気記事で詳しく解説しています。あわせてどうぞ!

東京大田区大森にある駐車場で友人に撮影されるフリーランスライター兼フォトグラファー田中佐江子/SACCHIお金をかけずに肌を綺麗にする方法|30代40代50代女性におすすめの4つの生活習慣

スクラブジェル・ダブル洗顔・パックは7年以上のルーティン

フリーランスライター/フォトグラファー/営業・マーケティングアドバイザーの田中佐江子

ここからは今回の本題、「目指せ毛穴レス!40代がノーファンデ・最愛スキンケア&メイクアップ化粧品でツヤ肌に」を!

「高いお金を払えばいいってもんじゃない」をモットーに地道に続けてきた、田中の毎日の基本ローテーションはこちら!


田中の基本ローテーション
  1. クレンジング
  2. スクラブジェル ※週に数回
  3. 洗顔フォーム
  4. シートマスク
  5. 保湿化粧水
  6. 保湿美容液 ※夜のみ使用のこともあり
  7. 目元・口もと美容液 ※基本的に夜のみ
  8. 日焼け止め乳液 ※外出日の朝のみ
  9. 化粧下地 ※外出日の朝のみ

なかでも、スクラブジェル・ダブル洗顔・シートマスク(フェイスパック)は、いつのまにやら7年以上もルーティンになっています。

特別な手間をかけたり、高価なスキンケアはいっさい使っていないけれど、生活習慣として自然とできることをやってきた結果です。

でも、この“特別な手間はかけていないし、お金をたくさん使っていない”、そのうえで“生活習慣として無理なく続けてきた”……これがなにより自分を気持ち良く保ってくれているのかもしれません!

【朝・夜】オルビス|クレンジングリキッド

オルビス|クレンジングリキッド

実はクレンジングと洗顔フォームは、「絶対これ!」とは決めていないんですね。どちらかというと、そのときどきの肌に一番合うものを選ぶようにしています。

とはいえ、やっぱり自然と手にとる回数が多いのは“おなじみ”のアイテム。

オイルクレンジングORジェルクレンジングが好きなわたしが、「オイルやジェルじゃないけれどこれは手放せない!」とリピートしている推しクレンジングが、オルビス『クレンジングリキッド』。

田中的おすすめの洗顔法は、朝の洗顔でもクレンジングを使用すること。

朝起きると皮脂が気になるので、クレンジング→洗顔フォームの順で使います。その日の肌コンディションによっては洗顔フォームを使わないこともあり。

思春期の過剰皮脂分泌にはじまり、ニキビに悩み、乾燥・インナードライ肌に頭を抱えながら、毛穴トラブルと格闘してきたわたしだからこそ、クレンジング〜洗顔は絶対に疎かにしない重要ポイントです!

ともかくクレンジング・洗顔命!

毛穴レスな陶器肌を目指すにおいて、古い角質や毛穴に詰まった角栓、皮脂や大気中の汚れなどをきれいに落とす“顔を洗う”工程は、ひたすら肌に優しく丁寧に!を心がけると◎ですよー。

※記事掲載当時と商品名称は同じですが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『クレンジングリキッド』です。

created by Rinker
オルビス(ORBIS)
初めてオルビス製品を購入する方は公式サイトが断然お得!

【夜】ロゼットゴマージュ|角質つるつるこするジェル

ロゼットゴマージュ|角質つるつるこするジェル

もはや田中の洗顔ステップで一生外せないのでは?というくらい愛してやまないのが、定期的におこなうスクラブ洗顔です。

わたしが現在愛用している最愛スクラブジェルは、ロゼットゴマージュ『角質つるつるこするジェル』(2013年4月から使用開始)。

基本の流れは、クレンジングしてからお風呂に入り、湯船にたっぷりつかって毛穴を開かせ、あがったら髪を洗い、終わったらスクラブジェル。優しくクルクル〜が鉄則です!

その後、洗顔フォームで顔を洗い(その日の肌状態により洗顔フォームでの洗顔をしないこともあり)、最後に体についた洗髪料・洗顔料を落とすのを兼ねて全身を洗ってお風呂からあがります。

これがスクラブジェルを使う日のワンセットです!

スクラブジェルでクルクルすると、つるつるすべすべのむき卵肌になるのでついつい毎日やりたいところですが、過度なスクラブは肌の負担が増して状態悪化の可能性が高まるのでNG!

肌がゴワゴワ・ボコボコになったり、頬の赤みが酷くなったり、皮脂を取りすぎて余計に皮脂分泌が起こったり、乾燥が促進されるなど、逆効果になってしまいます。

肌質や肌状態、体質や環境にもよるので一概には言えませんが、目安として1週間に1回〜数回で!自分の肌と相談しながら取り入れてみてくださいね。

ロゼットゴマージュ|角質つるつるこするジェル

※記事掲載当時と商品名称は同じですが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『角質つるつるこするジェル』です。

ちなみに、スクラブジェル自体は7年以上前から愛用しており、リピート比率でいうと『ドクターシーラボ スーパー毛穴ピーリングゲル』を一番長く使っていました。

※記事掲載当時は『スーパー毛穴ピーリングゲル』の名称でしたが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『ラボラボ スーパーKEANAピーリングゲル』です。

ロゼットに切り替えたのは、「もっと手頃な値段で評判が良いものってないかな?」と探しだしたこと。

そんなわたしの目に飛び込んできたのが、えらいお得なだけでなくレビュー人気も高かったロゼットゴマージュ『角質つるつるこするジェル』でした!

使いはじめて以降、「値段の高い安いではなく、肌に合うかどうかなんだな……!」という、“スキンケアの基本”をあらためて実感することに。

毛穴のザラつきや肌のごわつきはもちろん、寝不足や疲れ、ストレスでターンオーバーが乱れ、肌表面に残ってしまった古い角質まできれいに落としてくれるスグレモノ。とっても使い心地がよいです。

疲れなどで毛穴の開きやたるみが気になることはあっても、肌がザラザラ・洗顔後の感触が悪いことがほとんどないんですね。これは「スクラブジェルを愛用しているおかげ」と実感しています!

【朝・夜】専科|パーフェクトホイップ&無印良品|泡立てボール・小

資生堂|洗顔専科 パーフェクトホイップ

オルビス『クレンジングリキッド』で触れましたが、クレンジングだけでなく洗顔フォームも「絶対これ!」とは決めていません。洗顔フォームはドラッグストアなどで売っているものです。

それでも、愛用の定番品は自然と“いつもの”といった感じになっており、一番使用率が高いのが洗顔専科『パーフェクトホイップ』。

ピーリングジェルのロゼットゴマージュ『角質つるつるこするジェル』を使用したときは、洗顔フォームはその後に。

『パーフェクトホイップ』はぜひ一度使ってみてほしいです。しっかりとした弾力の泡がつくれるドラコス洗顔フォームのNo.1かも……やみつきになるモチモチ泡が気持ちよすぎる……!

洗顔時のこだわりといえば、基本はダブル洗顔ということ。

実は昔、ダブル洗顔不要のクレンジングを試しに使用してみたところ、肌状態がよくなかったんですね。ダブル洗顔したほうが比べ物にならないくらい肌状態が良いんですよ。

もちろん先述の通り、「今日は乾燥している」などコンディションによってクレンジングのみで終了もあり。以前までは必ずダブル洗顔だったのが、年齢を重ねたせいか日によっては“洗いすぎ”になってきたからです。

ただし、決してダブル洗顔不要のクレンジングを選んでいるわけではないということ。あくまで“基本はダブル洗顔”で、“そのときどきによってクレンジングのみもあり”といった感じです!

資生堂|専科 パーフェクトホイップu

※記事掲載当時は『パーフェクトホイップ』の名称でしたが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『パーフェクトホイップu』です。

無印良品|泡立てボール・小

それから洗顔フォームを使用する際の必需品として洗面所とお風呂に常備しているのが、無印良品『泡立てボール・小』(2012年9月から使用開始)。

もともと『パーフェクトホイップ』は泡立ちが良い洗顔料ですが、無印の『泡立てボール・小』を使うようになってからはさらにモチモチ泡!

これ、本当にぜんぜん違いますよー。ぜひお試しあれ!

※記事掲載当時と商品名称は同じですが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『泡立てボール・小』です。

泡立てボール・小|無印良品

【夜】肌美精|うるおい美容液マスク 乾燥小じわケア

肌美精|うるおい美容液マスク 乾燥小じわケア

肌美精|うるおい美容液マスク 乾燥小じわケア

お風呂からあがり、肌に負担をかけないふっくらふわふわタオルで優しくふいたあと、真っ先におこなうのが乾燥を防ぐために早めに保湿すること!

わたしがお風呂上がりの最初の保湿としてずっと愛用しているのが、シートマスク(フェイスパック)です。スクラブジェルとともに、もう7年以上習慣にしています。

現在使用しているのは、肌美精『うるおい美容液マスク 乾燥小じわケア』(2014年10月から使用開始)。

いろいろ使ってきましたが、今のところこれがわたしの肌にピッタリ。気になる目元の小じわが減りました!

ときどき朝の洗顔後にも投入することがありますが、なんとなくそれだけでぜいたくな気分にw こうしたプチご褒美が毎日がんばるための元気の源です。

30枚入りなので、1日1枚惜しみなく使っても1か月分入っていることもポイント。効果も高くてお得ですよー!

肌美精|デイリーリンクルケア美容液マスク

※記事掲載当時は『うるおい美容液マスク 乾燥小じわケア』の名称でしたが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『デイリーリンクルケア美容液マスク』です。

田中の肌はオルビスで作られている?安く効果ありアイテムが多め

フリーランスライター/フォトグラファー/営業・マーケティングアドバイザーの田中佐江子

気づけばいつのまにやらオルビスだらけってどういうこと……?

「絶対にオルビスじゃないとダメ!」というわけではなかったものの、“安くて効果があるアイテム”を探しているうちにオルビスをライン使いするようになりました。

ちょうど2012年から使用開始したのですが、オルビスに出会ってから肌の状態が安定したことが決め手に。

本音を言えば、イプサのほうがもっと効果が高いです。20歳を過ぎた頃に出会い、それまでの肌トラブルをすべてまとめて解決してくれた最愛ブランド・イプサには絶対的な信頼を置いています。

イプサとオルビスの選び方としておすすめの提案がこちら!


イプサとオルビスの選び方
  1. イプサ
    ①金銭的に余裕がある
    ②年齢問わず常に健やかで綺麗な美肌を保ちたい
  2. オルビス
    ①金銭的に余裕がない
    ②リーズナブルに取り入れてライン使いをしたい

毎月それなりにスキンケアラインにお金をかけられるようなら、迷わずイプサ一択で。節約していたり子育てでお金がかかるなど手軽に続けたい場合は、リーズナブルに使えるオルビスを。

スキンケアの基本のひとつは“ケチって適正量を使わないのは絶対にNG”なので、肌を綺麗に健康に保つためにもお財布事情含めて考えてみるといいかもしれません!


2020年11月6日(金)追記

【朝・夜】オルビス|オルビスユー モイストアップローション

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・いちご鼻・角栓・シミ・そばかす・くすみ・シワ・乾燥を改善する、保湿がたっぷりできてうるおいあふれる毛穴レスの美肌になるために効果的なオルビスのスキンケア化粧品・アクアフォースシリーズのマイルドウォッシュ・ローション・モイスチャーが2020年2月21日にリニューアルした新デザイン

まず化粧水は、数年前からオルビス『アクアフォースローション』に切り替えていました。

使いはじめてから一番効果があったのは、これまでの人生で肌悩みワーストワンの毛穴……!もうこれほどうれしいことはない……毛穴の黒ずみや開きが改善されて感激しました。

※この記事の公開後の、2017年1月24日付けオルビス『アクアフォース』特集もあわせてご参考にどうぞ!

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・いちご鼻・角栓・シミ・そばかす・くすみ・シワ・乾燥を改善する、保湿がたっぷりできてうるおいあふれる毛穴レスの美肌になるために効果的なオルビスのスキンケア化粧品・アクアフォースローションとアクアフォースエキストラジェルオルビス『アクアフォース』で毛穴の黒ずみ・開き改善!毛穴レス肌は保湿が効果的
created by Rinker
オルビス(ORBIS)
初めてオルビス製品を購入する方は公式サイトが断然お得!

オルビス|オルビスユー ローション

オルビス|オルビスユー ローション

ところが、前回の記事でも記したように、ちょうど1年前に仕事疲れと体調不良で肌が大打撃を受け、『アクアフォースローション』ではカバー力が足りないと感じることが増えたのですね。

そこで発売以来評判が良かったオルビス『オルビスユー モイストアップローション』にスイッチ(2014年5月から使用開始)。

このあと登場する美容液とあわせて、ライン使いでオルビスユーを愛用するようになりました。

これが当たった……!『アクアフォースローション』も優秀ですが、40代の肌には『モイストアップローション』のほうがおすすめです。

オルビス|オルビスユー ローション

※記事掲載当時は『オルビスユー モイストアップローション』の名称でしたが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『オルビスユー ローション』です。

created by Rinker
オルビス(ORBIS)
初めてオルビス製品を購入する方は公式サイトが断然お得!

【朝・夜】オルビス|オルビスユー ナイトメモリーモイスチャー

オルビス|オルビスユー モイスチャー

オルビス|オルビスユー モイスチャー

『オルビスユー モイストアップローション』のあとに使用しているのは美容液。オルビス『オルビスユー ナイトメモリーモイスチャー』を(2014年5月から使用開始)。

朝、『ナイトメモリーモイスチャー』を塗ると化粧よれが発生することもあるので、メイクする日は肌状態によって省くこともあり。つける日でも少量を薄くのばすようにしています。

反対に、夜はたっぷりと塗るのがお約束。塗った直後はちょっとだけペタペタするものの、浸透させるようにハンドプレスで肌に押し込んでいるので、すぐにサラリとしますよー。

よく「朝起きたときの肌がぷるぷるで触った感触がいい……!」なんて言うじゃないですか?

これ、『オルビスユー モイストアップローション』ならかんたんに実現できます!

「モチモチ肌になりたいのになれない!」とお悩みの女性はぜひ一度使ってみてください。朝起きて「これわたしの肌っ?!」と歓喜の声をあげる日が来るかも……!

オルビス|オルビスユー モイスチャー

※記事掲載当時は『オルビスユー ナイトメモリーモイスチャー』の名称でしたが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『オルビスユー モイスチャー』です。

created by Rinker
オルビス(ORBIS)
初めてオルビス製品を購入する方は公式サイトが断然お得!

【夜】オルビス|アンチサインズエッセンス

オルビス|アンチサインズエッセンス

オルビス|アンチサインズエッセンス

夜はお手入れの最後に、目元とほうれい線にオルビス『アンチサインズエッセンス』を。薬指で優しく塗りこみます(2013年から使用開始)。

使用している時期と、節約していて使わなかった時期を比較し、目元口もとの肌状態に差が出たことが継続の理由です。優秀アイテム!

オルビス|リンクルホワイトエッセンス

※記事掲載当時は『アンチサインズエッセンス』の名称でしたが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『リンクルホワイトエッセンス』です。

created by Rinker
オルビス(ORBIS)
初めてオルビス製品を購入する方は公式サイトが断然お得!

【朝】オルビス|サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティライト

オルビス|サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティライト

オルビス|サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティライト

朝、オルビスユー『モイストアップローション』『ナイトメモリーモイスチャー』のあとに使用しているのが、オルビス『サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティライト』(2013年から使用開始)。

先述の通り、『ナイトメモリーモイスチャー』を塗ると化粧よれが発生することもあるので、メイクする日は肌状態によって省く、もしくは塗るとしても少量を薄く。

一方、『モイストアップローション』『サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティライト』は必ずつけるようにしています!

『サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティライト』は、本当にうっすらとですが淡い肌色の乳液なので、多少は肌色調整の効果もあり。

すっぴんのまま、近所に食材などの買い物に行くときは、ここまでのアイテムで完了です!

オルビス|サンスクリーン(R)オンフェイス ライト

※記事掲載当時は『サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティライト』の名称でしたが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『サンスクリーン(R)オンフェイス ライト』です。

created by Rinker
オルビス(ORBIS)
初めてオルビス製品を購入する方は公式サイトが断然お得!

【朝】プリマヴィスタ|毛穴・色ムラカバー→オルビス|CCモイストベース

オルビス|CCモイストベース

オルビス|CCモイストベース

日焼け止めのオルビス『サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティライト』のあとにつけるのは、オルビス『CCモイストベース』(2015年4月から使用開始)。

こちらも淡い肌色です。朝の乳液代わりの『サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティライト』より毛穴や肌色補正の役割も担ってくれるお役立ちアイテムですよー。

オルビス|メルティーモイストBB

※記事掲載当時は『CCモイストベース』の名称でしたが、その後、改良されてリリースされたのが現在の『メルティーモイストBB』です。

created by Rinker
オルビス(ORBIS)
初めてオルビス製品を購入する方は公式サイトが断然お得!

プリマヴィスタ|毛穴・色ムラカバー化粧下地

プリマヴィスタ|毛穴・色ムラカバー化粧下地

オルビス『CCモイストベース』を使い出すまでは、プリマヴィスタ『毛穴・色ムラカバー化粧下地』を使用していました(2011年2月から使用開始)。

こちらも超優秀!おすすめです。

現在では『CCモイストベース』がメインで、『毛穴・色ムラカバー化粧下地』をスポット使いに。

肌年齢が若いといわれる人たちや、「今日は肌コンディションが良好だなー」と感じる日は、もうこれだけでファンデーションは必要なしのメイク方法が田中の推しです!

実際わたしは前回公開の記事に書いた通り、1年前からこのあとのファンデーションを塗らなくなりました。

プリマヴィスタ|皮脂くずれ防止 化粧下地

※記事掲載当時は『毛穴・色ムラカバー化粧下地』の名称でしたが、その後、廃盤になり、より機能がアップした改良版が現在の『皮脂くずれ防止 化粧下地』です。

air木村直人さんおすすめ!キャンディドールのフェイスパウダー

フリーランスライター/フォトグラファー/営業・マーケティングアドバイザーの田中佐江子

1年前までの朝は、UVケア→化粧下地→ファンデーション→お粉でした。現在ではファンデーションをまったく使用せずにお粉のみつけるようにしています!

愛用フェイスパウダーは、キャンディドール『フェイスパウダー<マシュマロ>』。

この商品を知ったきっかけは、美容室『air』のカリスマスタイリスト(なのに「アニメオタクで愉快な奇声を年中あげているおもろい人」との認識が拭えずごめんなさいw)木村直人さんがブログで紹介していたこと。

もうここしばらくTwitterやブログを見ていないのですが、「この人の腕は間違いなく確かだ……!」と実感したのはこのアイテムを通じて。

実際にお会いして髪をおまかせしたことはないとはいえ、木村さんイチ推しパウダーが肌の仕上がりを変えてくれたことで「自身が『良い』と感じたものを素直に紹介しているだけ」のスタンスが信頼できるから。

そのスタンスや理念に共感しています。なぜって、わたしも「自分が本気で『良い』と思っていなければ紹介しない」の頑固者だからですw

加えて、「ファンデーションを塗らない」という“引き算”にシフトしたのも、実は木村さんのブログにヒントを得たことから。

美容師さんの作品撮影などへのアドバイスで“引き算の法則”を説いていて、単純に共感できたんですね。「肌が綺麗なモデルさんなら思いきってファンデーションを塗らない。なんでもやればいいってもんじゃない」みたいな内容でした。

むしろ肌が綺麗な〜の真逆の最悪の肌トラブルの真っ只中だったにもかかわらず、「あ、これいい……!」とピンときたんですね。

当時のわたしの肌状態はさておき、もともとファンデーションを塗るのが嫌いなのもあったとはいえ、“思いきって塗らない”“なんでもやればいいってもんじゃない”がスッと入ってきました。

「なんでもやればいいと塗っていたら、肌に負担をかけているよなあ……」「そもそもわたしはもとから“肌が汚いから隠そう”の発想がない。“肌の負担を減らして気持ちよく呼吸できるようにしよう”がいつもの正解だわ」と。

なぜだか「美容師さんが言うなら間違いないんじゃない?」と、応用して自分のオンタイムにも取り入れることにしました。これがノーファンデ生活の始まりです。

結果として大正解でした……!

さすがカリスマスタイリストだな!それでも「アニメオタクで愉快な奇声を年中あげているおもろい人」の認識でほんとごめんなさい!w

※記事掲載当時は『フェイスパウダー<マシュマロ>』の名称でしたが、その後、廃盤になり、より機能がアップした改良版が現在の『ホワイトピュアパウダー<ノーマル>』です。

【朝】キャンディドール|フェイスパウダー<マシュマロ>

キャンディドール|フェイスパウダー<マシュマロ>

キャンディドール|フェイスパウダー<マシュマロ>

あらためて紹介しますが、朝はオルビス『CCモイストベース』のあと、キャンディドール『フェイスパウダー<マシュマロ>』を(2014年5月から使用開始)。

1年前から使い出した『フェイスパウダー<マシュマロ>』とオルビスをメインに据え、ベースとなる肌を作っているのが現在の田中です。

「ファンデーションは必要ない」を後押ししてくれたのは、前述の美容師・木村さんと『フェイスパウダー<マシュマロ>』のおかげ。肌は綺麗になるし一石二鳥どころではありません……!

20代向けとして開発されたパウダーらしいですが、40代のアラフォーが我が身で証明している通り、40代の肌にも良いと実感しています(ただし肌状態によるかもしれません)。

キャンディドール|ホワイトピュアパウダー<ノーマル>

※記事掲載当時は『フェイスパウダー<マシュマロ>』の名称でしたが、その後、廃盤になり、より機能がアップした改良版が現在の『ホワイトピュアパウダー<ノーマル>』です。

基本はたいせつ。でもできないときは“そんなときもある”でOK

フリーランスライター/フォトグラファー/営業・マーケティングアドバイザーの田中佐江子

さて、以上が“40代・アラフォーの田中が毎日ローテーションで使いながら肌ケアしている”と身をもっておすすめできるオールアイテムです!

ひとつひとつはすべてお手頃で良心的なお値段。だけど、コツコツと継続使用することで効果を発揮してくれる!現在のわたしの鉄板ラインナップです。

基本的に「手間ひまと高額かけてがんばっちゃってますっ!♡」が大の苦手でまったくできない人間なので、いずれも自然と取り入れられる方法ばかり。

だからこそあらためて実感している、“基本をたいせつにすること”がもっとも重要なキーファクターです。

洗顔なら、ぬるま湯を使用してきちんと洗い流し、すすぎ残しをしない。スキンケアなら、チビチビケチって使わず、たっぷり惜しみなく。お風呂で湯船にはゆっくりつかるし、それからよく眠る。

とはいえ、こうした“基本をたいせつにすること”ができないときもあります。

現在の仕事や生活サイクルだと、丸1日家で原稿書きに没頭している日なんて、朝から顔も洗わずひたすらずーーっと書き続け、終わってホッとしてようやく……なんてこともw

でも、いいんですよ。“そういう日もある”くらいで。事実、それでもこの肌が保てています。

あまり神経質に「こうしなくちゃいけない!」じゃないほうがいいというのがわたし、田中のモットーです。だから肌改善もまだ間に合いますよー!わたしが改善できたのでみなさんもぜひ!

カリスマ美容師のTwitter・ブログを見たら祝ご結婚!めでたい!

美容室air/エアーのカリスマ美容師・木村直人氏の公式ブログ

本日の最後に……。キャンディドール『フェイスパウダー<マシュマロ>』の紹介にあたって、air木村さんのブログにリンクを貼ろうと久しぶりにTwitterをのぞいてみると、こんなツイートとブログ記事が。


「髪の毛傷んでますね」という発言は適切か?|Naoto Kimura(木村直人)

一体どこの紳士だよけしからん。

冗談抜きで、これは本当に感動しました……!すばら(木村氏の真似をしてみる姿勢)。

カリスマの道は1日にしてならず。こういう地道な積み重ねと想いが一流美容師さんをつくっているんだなあ……と感服でござる。女性のみなさんは安心して髪をおまかせできますよね!

で、さらにブログまで読んでみると……なんと!祝ご結婚ではないですか……!

「きっと彼女さんもアニメ好きじゃないかなー」と思っていたけれど、本当にそうでしたw ナイスカポー!!

【結婚して明らかに変わった】お客様との会話。|Naoto Kimura(木村直人)

この記事、ニヤニヤしてしまいましたぜ……!ぜひみなさんも読んでみてください!

遅ればせながらご結婚祝いに、ささやかながらPVでお祝いなんぞを……。

1PVでもプラスされていたら、それはわたし、田中からのお祝いだと思ってください!(「それはお前が見た分じゃないのか」とのツッコミをオールスルーするのは一体どういうことなんだわたしよ)