美容クリームの効果的な使い方|種類・コツ・使うタイミングまで覚えて保湿対策を

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと化粧水・美容液

一昔前まで「年齢層が高い女性が使うもの」といったイメージがあった美容クリーム(保湿クリーム)。

クレンジングクリーム同様、こっくりとしたテクスチャーもそのイメージを加速させていたものの、高機能美容クリームの登場以降、いまでは幅広い年齢層の女性に愛されるアイテムとして進化しています。

とはいえ、美容クリーム(保湿クリーム)は使ったほうがいいのか?どんな肌質が適しているのか?など知らないことだらけという人が少なくありません。

そこで今回は「種類やコツ、使うタイミングまで覚えて積極的に取り入れたい美容クリーム(保湿クリーム)の効果的な使い方」をお届けします!化粧水特集美容液特集同様、全年代必見の美容クリーム基本特集です!

せっかくプチプラからデパコスまで多彩な美容クリーム(保湿クリーム)が出回り、価格も品質も選び放題なのだから、ぜひ要チェックポイントをおさえ、上手に美容クリーム(保湿クリーム)を取り入れてみてください!

なお、悩み別におすすめの美容クリーム(保湿クリーム)もそれぞれ紹介しています。継続的に使用して効果を実感した、コスパがよくリピ買い決定の美容クリーム(保湿クリーム)揃いです。

推し美容クリーム(保湿クリーム)のなかで今回厳選したのは、個人的な効果はもちろん、すべてアットコスメなどの美容クリーム(保湿クリーム)ランキング上位で口コミ人気が高く、評判もよい美容クリーム(保湿クリーム)ばかり。

ぜひあわせて参考にしながら試してみてくださいね!


この記事はこんな人におすすめ
  • なかなか肌が綺麗にならないと悩んでいる人
  • 美容クリーム(保湿クリーム)の必要性を知りたい人
  • 以前より乾燥・シワ・たるみをはじめ肌トラブルが増えた人

美容クリーム(保湿クリーム)とは

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと化粧水・美容液

美容クリーム(保湿クリーム)とは、肌のうるおいを保ち、保護する凝乳状のスキンケア化粧品のこと。

化粧水・美容液で補った水分や栄養分を逃さないと同時に、うるおいを与えながら栄養分をしっかりと浸透させるために、自分の肌質や環境に合ったものを使います。

化粧水・美容液・乳液の後、スキンケアの最後に使用するのが一般的です。

乳液と美容クリーム(保湿クリーム)の違い

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと化粧水・美容液

乳液と同じスキンケア化粧品と思われていることが多いですが、乳液と美容クリーム(保湿クリーム)ではこんな違いがあり。


乳液と美容クリームの違い
  1. 乳液の特徴
    ①一般的に少しさらさらしたテクスチャー
    ②水分と油分がバランスよく配合されている
    ③化粧水などで補った水分・栄養分を逃さない(クリームより効果は薄い)
    ④肌を柔らかくする柔軟作用がある
  2. 美容クリームの特徴
    ①一般的にこっくりとしたテクスチャー
    ②油分を中心に配合されている
    ③化粧水などで補った水分・栄養分を逃さない
    ④うるおい補充と同時に栄養分を浸透させる

大きくわけると上記のような違いがありますが、必ずしもそうだとは言えないのがある意味、困ってしまうところ……。

美容クリーム(保湿クリーム)のテクスチャーを例にあげると、商品によってさらさら・とろ〜り・こっくりなど複数種用意されています。

また、肌を柔らかくする・水分と栄養分を逃さないようにふたをしながら栄養分を浸透させる、どちらも希望!とはいうものの、スキンケアアイテムをつけすぎることやベタつくのが嫌という人が多いですよね。

こうしたニーズを汲み取る、あるいは各社の方針において、ブランドによってスキンケアラインの構成も異なり、乳液が用意されておらず化粧水・美容クリーム(保湿クリーム)、その人の肌質や必要に応じて美容液を投入するラインナップでの展開もあり。

美容液や美容クリーム(保湿クリーム)に肌を柔らかくする作用まで含まれているものも出回っていたりと、種類が豊富かつ選択肢が幅広すぎて、果たしてどれが正解なのやら……??

うーん……どうやって選んだらいいのか迷いますよね……。

ふたをする役割を担うスキンケア化粧品は必須

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリーム

その答えとして目安となるのが、美容家や美容クリニックの医師の多くがよく口にする「ふたをする役割を担うスキンケア化粧品は必須」ということ。

この理念はとても理にかなっていて、どれだけ高価な化粧水や美容液を使用し、お手入れをおこなっても、水分や栄養分を逃さないようにふたをしなければ意味がありません。

濡れたタオルや布巾を置いておいたら、水分が蒸発していつのまにかカラカラに乾いていることって日常的にありますよね?これと同じことが肌でも起こるわけですよ……。

いやー!想像するだけでも恐ろしや!肌トラブルの可能性が高まっちゃいますよ……!

なので、乳液+美容クリーム(保湿クリーム)、もしくは乳液のみOR美容クリーム(保湿クリーム)のみを必ず使うようにしましょう。

わたしはというと、現在は化粧水+美容液+美容クリーム(保湿クリーム)の組み合わせですが、まったく問題なく肌環境も良好です。個人的に美容クリーム(保湿クリーム)推しなので、アレコレ使うくらいなら美容クリーム(保湿クリーム)込みで2ステップOR3ステップでいいかも。

まず先決すべきは、自分の肌はどのスキンケア化粧品の組み合わせが適しているのか?をきちんと知ることです。

そのためにも配合されている美容成分や効果をよく確認しながら、自分に合うスキンケアラインや美容クリーム(保湿クリーム)と出会えるように、積極的によさそうな商品を試してみることをおすすめします!

美容クリーム(保湿クリーム)の目的

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと美容液


美容クリームの目的
  1. 化粧水・美容液が補給した肌の水分・栄養分を保持し、逃さないようにふたをする
  2. うるおい・油分を与えると同時に、栄養分を肌の深層部にしっかりと浸透させる

補った水分・栄養分が蒸発しないようにふたをすると同時に、自らもうるおいや油分を与え、そしてすべてを浸透させるために働く。

だからこそ、美容クリーム(保湿クリーム)は欠かせない!という人が多いのもうなずけます。

美容クリーム(保湿クリーム)は乾燥肌やエイジングケアのためのスキンケア化粧品と考え、「肌がベタつきがちな脂性肌(オイリー肌)の自分には合わない」と捉える人もいます。

が、インナードライ肌を筆頭に乾燥からくる皮脂の過剰分泌の可能性もあり、その改善には水分をたっぷりと補給して、水分が蒸発しないようにしっかりとふたをしないと、いつまで経っても肌状態は改善しません。

一概に「皮脂が多いから美容クリーム(保湿クリーム)は必要ない」とはいえないので、自分の肌の状態ときちんと向き合いながら、本当に必要なケアをおこなうことをおすすめします!

ベタつきが苦手な人にはさらりとしたテクスチャーの美容クリーム(保湿クリーム)が◎ですよー。

美容クリーム(保湿クリーム)が必要な理由

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと美容液


美容クリームが必要な理由
  1. 化粧水・美容液が補った水分・栄養分が逃げないように油分でふたをして閉じ込めるため
  2. 本来、水分蒸発を防ぐ役割を担う皮脂の分泌量が年齢とともに減るのをサポートするため
  3. 加齢や環境の変化により肌質が変わって肌トラブルが起こりやすい状態をカバーするため
  4. ほかのスキンケア化粧品の肌深層部への浸透や効果を、より一層促進させて高めるため
  5. 単体としてもうるおいと油分を与えると同時に、栄養分をしっかりと浸透させるため

「20代のときは美容クリーム(保湿クリーム)は必要なかったのに、年代が上がるごとに塗らないと肌状態が安定しなくなった」という人が少なくないのは、加齢による肌質の変化が関係します。

ほかにも、社会環境・生活サイクル・食事・疲労・ストレス・睡眠の質や時間など、あらゆる要素が絡み合い、肌状態を崩しやすいのが現代女性の特徴です。

そんな肌環境を立て直そうと化粧水や美容液でケアをおこない、せっせと肌に投入しても、肌に膜を張って閉じ込めなければだだ漏れです。これではどれだけ高価なスキンケア化粧品を買っても意味がない……!

「補ったらふたをする」「補った水分・栄養分の浸透や効果を促進して高める」「さらに単体でも油分などを与え栄養分を浸透させる」を忘れずに頭に叩き込み、美容クリーム(保湿クリーム)を賢く取り入れましょう!

美容クリーム(保湿クリーム)の役割

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームとボディクリーム

美容クリーム(保湿クリーム)の役割は、毎日のベーシックケアの最後に、保湿したうるおいをキープし油分の膜で肌を包んで保護したり、油分を与えて保湿することです。


スキンケア化粧品の主な役割分担
  1. 化粧水:肌に水分を補給して保ったり、水分不足解消のために働きかける
  2. 美容液:肌悩みの改善や、化粧水・クリームだけだと足りない部分を補う
  3. 美容クリーム(保湿クリーム):肌の水分を蒸発させないようにふたをする

上記の役割分担の順に、油分が少ないもの→多いものを基本として、含まれている油分量が増えるごとに順番が後になるようにつけていきます。

ただし、アイケア化粧品は美容クリーム(保湿クリーム)の後、一番最後に使用するのが一般的です。

製品によって異なるので、目もと用アイテムを購入したらどのタイミングでつけるのか確認が必要ですが、美容クリーム(保湿クリーム)の前につけてしまうと、クリームを使用する際にアイケア化粧品が顔全体に広がってしまう恐れが……!

目もと用美容液ORアイクリームを使っている場合、美容クリーム(保湿クリーム)はその前に使うようにしてみてくださいね。

美容クリーム(保湿クリーム)の種類と種類ごとの効果

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと美容液

美容クリーム(保湿クリーム)の鉄則は、肌質に合ったものを選ぶこと。

ここ数年、あらゆる高機能クリームがリリースされ、以前に比べて肌質はもちろん、抱えている肌悩みの原因に応じて選びやすくなりました。

その美容クリーム(保湿クリーム)の種類は、肌質や肌悩みで捉えたほうがわかりやすいのが特徴です。


美容クリームの種類
  1. 乾燥肌に適した美容クリーム
  2. 脂性肌に適した美容クリーム
  3. 混合肌に適した美容クリーム
  4. 敏感肌に適した美容クリーム
  5. エイジングケアに適した美容クリーム

美容クリームの種類ごとの効果
  1. 乾燥肌用
    肌が乾燥して、かさつきやかゆみ、肌荒れが発生しやすく、常に水分量が不足している肌状態をカバーするために、保湿成分が配合されたタイプで肌のうるおいを保つ
  2. 脂性肌用
    ベタつきを感じるほど皮脂分泌が多く、肌が弱まるとニキビや赤みなどのトラブルが起こりやすいので、皮脂吸着成分配合のタイプで皮脂を抑えながら水分を逃さない
  3. 混合肌用
    Tゾーンは皮脂分泌が多く、そのほかのパーツは乾燥といったように部位ごとで状態が異なるため、どちらのパーツもカバーするタイプか、パーツごとに使い分けが◎
  4. 敏感肌用
    皮膚のバリア機能が低下し、外的刺激に敏感に反応して起こる肌トラブルや、水分が逃げやすく乾燥しやすい肌状態をカバーするために、水分蒸発を防いで整える
  5. エイジングケア用
    加齢により乾燥やシワやたるみなどが起こりやすく、年を重ねるごとに肌の水分・油分が低下するのを補うために、水分・油分を補い肌を柔らかく保ち外的環境から守る

美容クリーム(保湿クリーム)はこんな肌悩みにおすすめ

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと化粧水・美容液

前章の「美容クリーム(保湿クリーム)の種類と種類ごとの効果」で解説した通り、肌質や肌悩みに合わせて美容クリーム(保湿クリーム)を取り入れるのが◎。

逆に言えば、肌質や肌悩みに合っていない美容クリーム(保湿クリーム)を使ってしまうと、肌状態の悪化につながりかねません。

自分の肌質はどれに該当するのか?現在どんな悩みを持ち、どう改善していきたいのか?

自分の肌と向き合って、今どうなのか?今後どうしたいのか?がわかってくると、自然と美容クリーム(保湿クリーム)の必要性や、どのクリームを選ぶのが適しているのか答えが見えてきます。

きちんとした使い方を守り、コツコツと継続することもお忘れなく!

乾燥肌の悩み

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリーム

肌のうるおい・水分が不足し、常に肌がかさつき、シワなどの肌ダメージを起こしやすい乾燥肌は、肌が本来持つ天然の保湿クリームと呼ばれる皮脂膜が減少している状態です。

水分保持を目的に肌に備わっているはずの皮脂膜の代わりとして、肌に水分を与え、蒸発しないように膜を張り、しっかりとふたをしてあげましょう。

肌への刺激が少ない良質な美容クリーム(保湿クリーム)を選ぶこともポイントですよー!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

脂性肌の悩み

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと美容液

過剰な皮脂分泌を起こしている脂性肌には美容クリーム(保湿クリーム)不要と思われがちですが、保湿が足りていないために皮脂を多く分泌している可能性も考えてみてください。

水分を補給し逃さない保湿ケアをとことんやった結果、皮脂分泌を抑えることができたという人も少なくありません。特に30代以上の女性は、まずは脂性肌でも本当はどんな肌状態なのかきちんと確認を。

脂性肌に悩んでいる場合、ベタつきが気になる人が多いので、さっぱりとしたテクスチャーの美容クリーム(保湿クリーム)を選んでみては。

肌悩みの改善のみならず、好みや肌状態に合わせてテクスチャーも込みで比較検討し、積極的に試してみて、自分に合う美容クリーム(保湿クリーム)を見つけてくださいね!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

混合肌の悩み

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリーム

Tゾーンはベタつくのに、それ以外の箇所は常にかさつく。あるいはTゾーンとそれ以外ではなく、パーツは違うけれど顔のなかでベタつき・かさつきの両方が混在。

もしくは部分的にではなく、全体的にかさかさなのにベタついたりゴワゴワのインナードライ。いずれにしても、毛穴は比較的大きく、キメが乱れ、肌トラブルが起こりやすい。

こうした肌状態が混在する混合肌の悩みを持つ人は、混合肌に適した美容クリーム(保湿クリーム)をチョイスする必要があります。

ベタつき・かさつきのどちらかに合わせて選んでしまうと、さらに皮脂分泌が増したり、水分も油分も不足して肌状態が悪化してしまうなんて可能性もあるので気をつけましょう!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

敏感肌の悩み

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリーム

ストレスや睡眠不足、体調の変化、環境の影響、花粉などの季節的な要因に敏感に反応し、トラブルが発生しやすい敏感肌の多くは、肌が乾燥している乾燥肌でもあります。

肌のバリア機能が低下して刺激を受けやすくなっているので、「乾燥しているから!」とただ保湿に走ってしまうとスキンケア化粧品も刺激になってしまう可能性も。

敏感肌に合った低刺激性の美容クリーム(保湿クリーム)を選び、たっぷりとした保湿を心がけてください。肌を清潔にして、うるおいを与えて保ち、紫外線やホコリ、乾燥から守ることが先決です!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

エイジングの悩み

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと綺麗なピンクの花

シワやたるみが気になりはじめたらエイジングのサイン。老化を防止するためのアンチエイジングに取り組みましょう。

美容クリーム(保湿クリーム)はエイジングケアに最適です!

特に、肌にハリと弾力をもたらすコラーゲンを増やすレチノールをはじめ、活性酵素で肌のサビを抑えるビタミンC誘導体・フラーレン・アスタキサンチンといった抗酸化作用の高い成分を配合したタイプが◎。

加齢にともない肌の水分・油分は低下しがちです。補いながら肌を柔らかく保つことはもちろん、外的要因から肌をしっかりと守ってくれる美容クリーム(保湿クリーム)を投入で。

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

美容クリーム(保湿クリーム)の効果的な使い方

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと化粧水・美容液


スキンケア化粧品をつける順番
  1. 洗顔
  2. ブースター美容液
  3. 化粧水
  4. 目的別美容液
  5. 美容クリーム(保湿クリーム)
  6. 目もと美容液ORアイクリーム

美容クリーム(保湿クリーム)は一般的に、お手入れの最後に使用します。ただし、アイケア用の目もと美容液やアイクリームを併用する場合、必ずその前に使うようにしてください。

STEP.1
片側の手のひらに適量の美容クリームをとる
美容クリームの量の目安は、製品によって大きく異なるので、必ず使用する製品の必要量を確認したうえで手にとる。美容クリームの効果を高めるために最初におさえておくこと。
STEP.2
もう一方の手を重ねて手のひら全体で温める
美容クリームを両側の手のひら全体に広げながら人肌で温めるイメージでおこなうと◎。ただし、製品によっては温めずに肌にのせることもあるので、その場合はそのまま肌へ。
STEP.3
4本の指の腹にのばした状態で5点においてのばす
顔全体に広くなじませることができるように、親指を除いた4本の指の腹全体を使って、両頬・おでこ・鼻・あごの5点におき、中心から外側へ向かうイメージで軽くのばしていく。
STEP.4
4本の指の腹全体で大きく手を動かし入れ込んでいく
肌に浸透させるために、指先だけではなく4本の指の腹全体で大きく手を動かしながら美容クリームを入れ込んでいく。くるくると円を描くのではなくキメに沿って横にスライドで。
STEP.5
目もと・口元は指先の腹を使いなじませる
デリケートな目もと・口元は、手のひらではなく指先の腹を使うことを意識して、ゆっくり優しくおさえるようにしながらなじませる。皮膚が薄いパーツなのでこすらないこと。
STEP.6
各部位を手のひらと指の腹でおさえてなじませる
生え際やフェイスラインなど、つけ忘れを起こしやすい部位まで、しっかりと4本の指全体の腹、必要に応じて手のひらを使いながらおさえていく。目もと・口元は指先の腹のみで。
STEP.7
美容クリームの効果が足りない場合はSTEP.1〜STEP.6を繰り返す
美容クリームの効果が足りないと感じる場合、もう一度同じことを繰り返す。部分的な重ねづけもこのタイミングで。ツボ押しなどを一緒におこなうとさらに効果的なのでおすすめ。
STEP.8
顔全体に適量がなじんだらハンドプレスをおこなう
顔全体に適量がいきわたり、きちんとなじんだことを確認したら、最後に両手で顔全体、指の腹や指先で該当部位を包み込み、パーツごとに10秒〜15秒程度ハンドプレスをおこなう。

美容クリームの塗り方の補足
  • クリームの場合、くるくると円を描くように塗るのは効果減なので避ける
  • くるくる塗るのではなく、肌のキメに沿って横方向に塗るほうが効果的
  • シワが気になる箇所に重ねづけする際には、シワに沿って塗っていくこと
  • この塗り方で、クリームの成分をより効果的に肌に届けることができる

美容クリーム(保湿クリーム)の効果的な使い方のコツと注意点

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームのニベアとピンクのリップグロス・ゴールドのマニュキュア(ネイル)

最後に、美容クリーム(保湿クリーム)の効果的な使い方をするために覚えておきたいコツと注意点を確認しておきましょう!

ちょっとしたコツをおさえるだけで、美容クリーム(保湿クリーム)の効果を高め、しっかりとふたをすることができるだけでなく、一緒に使う基礎化粧品の効果を実感したり、浸透力を促進させることができます。


美容クリームの使い方のコツと注意点
  1. 自分の肌質や目的に合った美容クリームを見極めながら選ぶ
  2. その前に化粧水で肌の角質を柔軟にして美容クリームの浸透率を高める
  3. 基本的には手のひらで温めてから肌にのせて効果をアップさせる
  4. 最後、もしくは要所ごとにハンドプレスして成分の浸透をよくする
  5. 朝と晩で適した美容クリームの使い分けをして肌力向上を目指す

ここまで解説したすべての基本や方法をしっかりと踏まえたうえで、毎日地道にコツコツと、まずは取り入れられるものやできることからでもいいのでトライしてみてください!

自分の肌質にきちんと合った美容クリーム(保湿クリーム)を選び、正しい量・タイミング・使い方で丁寧におこなうことで肌は変わります。ぷるぷるで透明感あふれるツヤ肌・美肌を目指しましょう!

美容クリーム(保湿クリーム)の効果的な使い方まとめ

シワ・乾燥・たるみ・くすみ・ハリ不足・目もとの肌トラブル・毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴を改善する、うるおいたっぷりで毛穴レスの美肌になるために効果的な美容クリーム(保湿クリーム)の使い方に適した美容(保湿)クリームと美容液


この記事のまとめ
  • 美容クリーム(保湿クリーム)は肌質に合わせて最適な商品をきちんと選ぶようにする
  • 脂性肌だからといって安易に「美容クリーム(保湿クリーム)は必要ない」と判断しない
  • 水分・栄養分不足は肌の大敵なので、毎日地道にコツコツと継続して使い保湿を心がける
  • 自分に合った美容クリーム(保湿クリーム)に出会えるように、よさそうな商品を積極的に使ってみる

上記とあわせて、「美容クリーム(保湿クリーム)の目的」の章や、肌悩み別に美容クリーム(保湿クリーム)の必要性を解説した章の「脂性肌の悩み」で記した「脂性肌はクリームいらない」はNG!は、実は実体験からも推奨できること。

いまではすっかりコスメマニア・スキンケアオタクですが、高校時代はスキンケアにいっさい興味がありませんでした。で、当時のわたしはガッツリ思春期脂性肌。

高校卒業後、必要に迫られ母に連れられて訪れた地元スーパーのカウンターで、いかにもやる気がなく仕事ができない年配のおねえさまBAから、ろくに肌質も確認されないまま勧められたスキンケア化粧品を使うこと2年近く。

これが合わなかったどころではなく、この時期は周囲の女性がうらやましかったほど肌状態は悪化する一方。もちろん、わたしの頭のなかに美容液や美容クリーム(保湿クリーム)なんて概念は皆無……!

そのわたしを救ってくれたのが、20歳頃に出会ったイプサ、そして35歳頃のオルビスでした。

使用アイテムを厳選したシンプルなスキンケアライン構成なのに、効果が高いイプサオルビスのスキンケア化粧品を使いだしてからわずか数週間で、誇張いっさい抜きでわたしの肌は激変!

脂性肌だと思い込んでいたのが、乾燥による過剰な皮脂分泌だったこともイプサの肌測定により判明。加えて、ちょっとした環境の変化や年齢が1歳上がっただけでも女性の肌は変わることを知りました。

声を大にして宣言します……保湿美容液や美容クリーム(保湿クリーム)は必須!!

こうした経験があるからこそ、我が身をもっておすすめできる美容クリーム(保湿クリーム)ばかりだし、肌悩みの改善や肌状態の向上・維持には、自分の肌と向き合い、適した商品を選ぶ最初のステップの重要性を進言できます。

きちんとした使い方で地道に継続すると本当に肌って変わるんですよ。そのためにも、自分に合った美容クリーム(保湿クリーム)と出会えるように、今回記事内で紹介したものを筆頭に効果が期待できるアイテムを積極的に試してみてください!

20代の自分も40代の自分も、その年齢を思い切り楽しみながら美肌で過ごせるように、ぜひ美容クリーム(保湿クリーム)を活用してみてくださいね。

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。