化粧水の効果的な使い方|目的を理解して浸透力を高め透明感のある毛穴レスな美肌に

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な化粧水の使い方に適した化粧水などのスキンケア一式

30代40代50代〜と年齢が高くなればなるほど、絶対に疎かにできないスキンケアといえば化粧水。

もちろん10代20代でも「10年後に綺麗な肌でいるために必要なのは、いまのあなたの地道な努力」と言えるほど、誰の身にも必ず訪れるエイジングケア必須の年齢を見据え、そして現状の肌改善や良好な状態を保つためにも、化粧水は欠かせません。

でも、化粧水ってなんのために使うんだろう?目的は?効果的な使い方ってあるの?

実は多くの人が知らずに使っているのが化粧水です。だけど、きちんと知っておけば、より肌を効果的に美肌へと導くことが可能な優れものなのですよ。

そこで今回は「透明感のある毛穴レスな美肌になる、化粧水の目的と役割を理解して簡単に実践できる効果的な使い方」をお届けします!全年代必見の化粧水の基本特集です!

なお、悩み別や使い方別におすすめの化粧水もそれぞれ紹介しています。しっかり愛用して効果を実感し、身をもって推せる化粧水揃いです。

ピックアップしたのは個人的な効果のみならず、すべて化粧水ランキング上位で口コミ人気が高く、評判もよい化粧水ばかり。ぜひあわせて参考にしながら試してみてくださいね!


この記事はこんな人におすすめ
  • なかなか肌が綺麗にならないと悩んでいる人
  • いつも適当に化粧水をつけて済ませている人
  • 以前より乾燥をはじめ肌トラブルが増えた人

化粧水とは

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水などのスキンケア一式

化粧水とは、皮膚を保湿して整え、滑らかにする機能を持つ透明液状のスキンケア化粧品のこと。主に肌の水分や保湿成分を補給します。

洗顔料の後、美容液の前に使用するのが一般的です。

化粧水の成分はおよそ7割~8割が水分で成り立っており、この水分をベースに保湿成分や美容成分を配合してつくられています。

「化粧水を変えただけで肌の悩みがなくなって、見違えるような美肌になれた!」という人が少なくないのは、人間の肌には保湿が欠かせないから。

毛穴詰まり・開き毛穴・毛穴の黒ずみ・シワ・しみ・ほうれい線・たるみ・くすみ・ハリ不足・キメやターンオーバーの乱れ・ゆらぎ肌・敏感肌・乾燥肌・インナードライ・過剰な皮脂分泌……。

あらゆる肌悩みを改善するために、まず絶対条件として保湿はマスト!

保湿抜き=最適な化粧水を選んで効果的な使い方をせずになんとかしようとがんばったって、いつまで経っても肌状態はよくなりません。

特にエイジングケアが必要になってくる大人女性であれば、本当に自分に合った化粧水を厳選して、効果的な使い方をすることがたいせつです!

化粧水の目的

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水

化粧水は水分補給のためにスキンケアで使うアイテムですが、配合されている有効成分や期待できる効果の違いにより、いくつか種類が用意されていることも特徴のひとつ。

とはいえ、一般的に「化粧水」として広く知られている保湿化粧水の目的は保湿で、基本的には変わりません。


化粧水の目的
  1. 肌に適度な水分を与えて保持する
  2. 保湿により肌にうるおいやみずみずしさをもたらす
  3. 肌の水分が保つことで肌を柔らかくする
  4. 化粧水の後に使用する美容液や乳液の浸透を助ける

肌が水分で満たされ、うるおいやみずみずしさが保たれると、肌が柔らかくなります。

その結果、ゴワつき知らずでいつも生き生きとした肌になり、キメが整い、ツヤが出て、肌のコンディションが良好に……!

誰もが憧れる健やかな美肌を叶えるためにも、自分に合う、かつ肌悩みを改善する化粧水を選んで、簡単で楽ちんなのに効果がある、より良い使い方をしていきましょう!

化粧水が必要な理由

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水

ここまで繰り返してきた通り、化粧水の目的であり、スキンケアの基本としても重要なのが保湿です。

その肌の保湿を促す化粧水が必要な理由はこちら!


化粧水が必要な理由
  1. 肌トラブルの最大の原因である乾燥を防ぐため
  2. 角質層に浸透して水分を補い保持するため
  3. 肌表面をカバーするように覆い水分蒸発を回避するため
  4. 肌が本来持つうるおう機能を補いうるおい不足をケアするため
  5. 硬くなった角質に染み込み柔らかさを保つため

保湿は、毛穴の詰まりや開き、角栓、黒ずみの解消といった毛穴ケアをはじめ、シワ、乾燥、インナードライを改善するためにおこなうものとしてイメージされがちですよね。

実はそれだけではなく、過剰な皮脂分泌を抑えたり、美白ケアや透明感のあるツヤ肌など、どんな肌を目指すでも、どういう肌状態でも、保湿は絶対に必要です。

肌の水分を補って、肌の柔らかさを保ち、肌トラブルとは無縁の美肌を手に入れる。

そんな“なりたい自分”になるためにも、化粧水と、化粧水の使い方を重視してみてくださいね!

化粧水の役割

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水などのスキンケア一式

化粧水の役割は、配合されている有効成分や期待できる効果により異なるものの、主にベーシックケアの1ステップ目の水分補給・保持および水分不足の解消を担うことです。


スキンケア化粧品の主な役割分担
  1. 化粧水:肌に水分を補給して保ったり、水分不足解消のために働きかける
  2. 美容液:肌悩みの改善や、化粧水・クリームだけだと足りない部分を補う
  3. 美容クリーム(保湿クリーム):肌の水分を蒸発させないようにふたをする

化粧水のうち、もっともメジャーな保湿化粧水は保湿全般を担当しています!


保湿化粧水の役割
  1. 肌に水分を与える
  2. 肌の水分を保持する
  3. 肌の水分の蒸発を防ぐ(主に美容液・乳液やクリームが担う)

与えて、保って、失わせない。

肌トラブル知らずのマシュマロ肌な大人女性に必須の、スキンケアのザ・基本!とも言うべき3つの要素を担っているのが化粧水です。

補足として、主に肌の水分の蒸発を防ぐ役割を担うのは化粧水ではなく、化粧水のすぐ後に使用する美容液と乳液やクリームです。油性成分を含むスキンケア化粧品は、肌表面に膜を作り、水分の蒸発をしっかりと防いでくれます。

とはいえ、肌に水分をたっぷりと与え、保持するだけでなく、なるべく水分が蒸発しにくい化粧水を選ぶようにしてみてください!

せっかくせっせと水分補給をしても、蒸発しやすい化粧水では台無しに……。水分保持率が高く、肌に効果的な化粧水をセレクトし、浸透力を高める使い方を実践しましょう!

化粧水の効果

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水

化粧水の効果は、乾燥を防ぎ、肌の水分を満たすのはもちろん、水分補給によりあらゆる肌悩みを改善する効果が期待できることが大きなポイントです。

ひとりひとり、肌質や環境が異なるので、必ずしも同じ効果が得られるわけではありませんが、主にこんな効果が期待できます!


化粧水の効果
  1. 水分を補給し乾燥を防いで毛穴の開きを改善する
  2. 化粧水をつけることで毛穴をキュッと引き締める
  3. 毛穴が引き締まりベタつきや毛穴詰まりを抑える
  4. 皮脂分泌やインナードライによる黒ずみ毛穴を防ぐ
  5. 肌の代謝機能であるターンオーバーを促進する
  6. 乾燥で酷くなるくすみ・シミ・たるみを立て直す
  7. 肌を水分で満たしパンパンにしてキメを整える
  8. 肌がうるおいで満たされ化粧ノリをよくする
  9. 肌のバリア機能を高めてトラブルに強い肌にする

化粧水最強!と断言してしまいたくなるほど、あらゆる肌悩みの救世主な存在……それが化粧水です!

逆に言えば、それくらい乾燥は大敵なんですね。大気汚染の関係もあり、現代を生きるわたしたちの生活では、より一層乾燥対策として化粧水の選び方と適切な使い方を重視する必要があります。

化粧水の種類と種類ごとの効果・注意点

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水などのスキンケア一式

化粧水の目的」の章で述べた通り、化粧水は種類ごとに配合されている成分が異なり、使用感や効果に違いがあるのがポイントです。

主な化粧水の種類と、種類ごとの効果と注意点について確認しておきましょう!


化粧水の種類
  1. 保湿化粧水
  2. 拭き取り化粧水
  3. 収れん化粧水
  4. 美白化粧水

化粧水の種類ごとの効果と注意点
  1. 保湿化粧水
    うるおいが失われた肌に水分と保湿成分を行き渡らせ、角質を柔らかくしながらキメを整えると同時に、化粧水の後の美容液・乳液・クリームの浸透を助ける
  2. 拭き取り化粧水
    古い角質や肌の汚れを除去するためにコットンに含ませふきとるようにして使うが、使いすぎると必要以上に角質をとってしまい乾燥肌や肌荒れのリスクを高めるので要注意
  3. 収れん化粧水
    皮脂の量をコントロールし毛穴を引き締めるので、皮脂分泌の盛んな思春期や脂性肌に適しているものの、蒸発スピードが速く乾燥を引き起こすリスクがあり乾燥肌には向いていない
  4. 美白化粧水
    保湿化粧水に厚生労働省が認可した美白成分が配合された化粧水で、シミやメラニンのケアなど美白目的で継続的に使用することで、明るく透明感のある肌に導く

特に拭き取り化粧水の利用頻度や使い方には注意が必要です!

バリア機能が弱っている敏感肌や乾燥肌の人は、使用を控える、もしくは使用時に十分気をつけるようにしてみてくださいね。

化粧水はこんな肌悩みにおすすめ

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水などのスキンケア一式

続いて、肌の悩み別に期待できる化粧水の効果を確認しておきましょう。

正しい化粧水の使い方をコツコツと続けることで、あらゆる肌悩みにアプローチしてくれるのが化粧水です。それくらい保湿は肌にとって重要な要素ですよー!

毛穴の悩み

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的なレモンやオレンジなどのフルーツと化粧水

肌の水分が足りず乾燥すると、毛穴の開きや黒ずみ、たるみの原因になります。

その理由は、乾燥をカバーするために肌本来の機能がうるおいを与えようとして、皮脂が過剰に分泌されるから。

皮脂量が過剰になると毛穴が開きやすくなり、角栓や汚れがたまりやすくなります。これが毛穴にまつわる肌悩みが発生する要因です。

毛穴のトラブル対策には、思春期特有のオイリー状態ではない限り、過剰な皮脂を抑えるより保湿ケアを。もちろん、思春期の皮脂分泌にも保湿は欠かせません。

化粧水に含まれる保湿成分により、肌が常にたっぷりとしたうるおいで満たされると毛穴悩みが改善します。毛穴対策にピッタリの化粧水で、毛穴トラブル知らずの健やかな毛穴レス肌を目指しましょう!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

くすみの悩み

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水

くすみとは、一般的に顔色がトーンダウンして暗くくすんで見える肌状態をさします。相手に疲れた印象を与えるだけでなく、実年齢以上に老けて見えてしまう厄介な肌悩みです。

実は一口にくすみと言っても、複数種あることがポイント。


くすみ肌の種類
  1. 乾燥によるくすみ
  2. メラニンによるくすみ
  3. 血行不良によるくすみ
  4. 糖化によるくすみ
  5. 角質によるくすみ

それぞれ原因や対策は異なりますが、乾燥によるくすみを筆頭に、すべてのくすみ肌に効果があるのが保湿です。

くすみ肌対策に効果的な化粧水を使い、常に肌を水分で満たし健やかな状態を保つことは、くすみ肌改善のための重要な要素であり、対策のひとつとして覚えておいてください!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

乾燥の悩み

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水などのスキンケア一式

肌が乾燥すると、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下など、あらゆる肌トラブルが起こりやすくなることも特徴のひとつです。

特に大人女性は、加齢により皮脂の分泌量や天然保湿因子の生成量も減少し、乾燥しやすくなることもネックに。肌質は年齢だけでなく、生活習慣やスキンケアでも大きく変わります!

ふわふわのもちもち肌を保つためにも、絶対条件として外せないのが保湿です。日本人にもっとも多い混合肌の主な原因も乾燥なので、化粧水での重点的なケアは欠かせません。

肌がいつも水分たっぷりでうるおうと、つるんとした美肌に近づけるだけでなく、ターンオーバーの乱れが改善し、肌を健やかに保つことができるようになります。

乾燥対策に効果が高い化粧水で保湿をしっかりとおこない、トラブル知らずのうるおいあふれる美肌を目指しましょう!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

化粧水の効果的な使い方

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水などのスキンケア一式


スキンケア化粧品をつける順番
  1. 洗顔
  2. ブースター美容液
  3. 化粧水
  4. 目的別美容液
  5. 美容クリーム(保湿クリーム)
  6. 目もと美容液ORアイクリーム

化粧水の効果を高めながら使うために基本であり、重要な要素として覚えておきたい使い方は、洗顔後、時間をおかずにすぐに肌につけること。

洗顔が終わってから時間が経てば経つほど肌表面の水分が逃げていくので、肌が乾く前に化粧水でしっかりと保湿し、肌をカバーしてくださいね。

ただし、化粧水の浸透率をアップさせ、角質層までの浸透をサポートするブースター(導入液)を使う場合は、洗顔→ブースター(導入液)→化粧水で!

次に、化粧水を効果的に使うための2つの重要ポイントを確認しておきましょう!


化粧水を使う際のポイント
  1. 肌にしっかりと浸透させる
  2. 肌の摩擦を少なくする

化粧水を効果的に使うための3つの使い方はこちら。


化粧水の3つの使い方
  1. 化粧水を手でつける
  2. 化粧水をコットンでつける
  3. 化粧水でローションパックをする

3つの使い方をそれぞれ詳しく見ていきましょう!

化粧水を手でつける使い方

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水をハンドプレスする手


化粧水の効果を引き出すコツ
  1. 肌を強くこするような摩擦を起こすつけ方は絶対にしない
  2. 手の体温を使って肌にしっかりと入れ込むようにつける
  3. 化粧水をケチらずにたっぷりの量を少しずつつけていく

手で化粧水をつける最大のメリットは、手の温度によって肌へのなじみや浸透が高まること。コットンより肌への摩擦や刺激が少ないのもプラスポイントです。

ただし、洗顔料が手から完全に落ちていなかったり、汚れている手で化粧水をつけると逆効果になるので注意しましょう!

STEP.1
殺菌作用のあるハンドソープで手を洗い清潔にする
まず最初に、殺菌効果をもつハンドソープで手を洗い、清潔な状態にする。特に手に洗顔料が残っていないか確認しながら、手のひら・指の腹まで綺麗にすること。
STEP.2
片側の手のひらに500円大の量の化粧水をとる
化粧水の量の目安は、手のひらにとったときに500円大の大きさになること。とろみのある化粧水の場合、さらに少量をこまめにつけたほうがいいので、製品によって最適な量を。
STEP.3
もう一方の手を重ねて手のひら全体で温める
化粧水を両側の手のひら全体に広げながら人肌で温めるイメージでおこなうと◎。このときの手のひらは温かいほうがいいので、洗顔や手洗いもぬるま湯がマスト。
STEP.4
顔全体を手で包み込みながら化粧水をつける
顔の中心から外側へ向かうようなイメージで、手のひらで顔を包み込みながら化粧水をのばしていく。この段階からハンドプレスしながらつけるのもGOOD。
STEP.5
皮膚が薄い目もと・口元は指の腹で優しくおさえる
デリケートな目もと・口元は、手のひらではなく指の腹を使うことを意識しながら、ゆっくり優しくおさえるようにしながらのばす。絶対にこすらないこと。
STEP.6
各部位を手のひらと指の腹でおさえてなじませる
生え際やフェイスラインなど、化粧水のつけ忘れを起こしやすい部位まで、手のひらと指の腹を使いながらおさえていく。顔全体をまんべんなく温めるイメージで。
STEP.7
肌のうるおいが足りない場合はSTEP.2〜STEP.6を繰り返す
肌のうるおいが足りないと感じる場合、もう一度同じことを繰り返し保湿する。特に頬〜フェイスラインのUゾーンは乾燥を起こしやすいので、しっかりと手で入れ込む。
STEP.8
顔全体に適量がなじんだらハンドプレスをおこなう
顔全体に適量がいきわたり、きちんとなじんだら、最後に両手で顔全体を包み込み、10秒〜15秒程度ハンドプレスをおこなう。化粧水を手でつける使い方の肝なのでマストで。

ハンドプレスとは
  • ハンドプレスとは、手のひらを顔に押し当て密着し浸透させる方法
  • ハンドプレスの目的は、化粧水の浸透力をより高めること
  • 各部位ごとに繰り返すので、多少の時間がかかるのがネック
  • ただし、化粧水をただつけるより圧倒的に浸透力・保湿力が高まる

化粧水を手でつける使い方の優位性でもあるハンドプレスは、必ず取り入れたい方法です。肌の乾燥などあらゆる肌悩みを抱える多くの人たちに最適ですよー!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

化粧水をコットンでつける使い方

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水を使用したローションパックのコットン


化粧水の効果を引き出すコツ
  1. コットンにたっぷりの量の化粧水を含ませる
  2. 摩擦を防ぐために肌を優しくなでるようにつける
  3. コットンはケチらずに良いものを選んで使う

コットンで化粧水をつける最大のメリットは、肌にムラなく化粧水をつけられること。パックのように使えるのも便利で、汎用性が高い使い方ともいえます。

手でつけるよりコットンを使ったほうが肌への摩擦や刺激を起こしやすいので、優しくなでるようにつけるのが鉄則です!

STEP.1
殺菌作用のあるハンドソープで手を洗い清潔にする
まず最初に、殺菌効果をもつハンドソープで手を洗い、清潔な状態にする。コットンで化粧水をつける場合でも、ちょっとした瞬間に肌に手が触れるので綺麗にしておくこと。
STEP.2
化粧水をコットンの裏側が濡れる程度まで含ませる
コットンを中指と薬指の腹(もしくは中指のみ)にのせ、人差し指と小指(もしくは薬指)でコットンの両側をおさえ、コットンの裏側が濡れる程度の量の化粧水を含ませる。
STEP.3
化粧水の美容成分を肌になじませるイメージで軽くつける
まずは肌全体に化粧水の美容成分をなじませるイメージで、顔全体を軽くなでる感じで化粧水をつけていく。このあと、全体から細部までしっかりとつけていくのでなでるのみ。
STEP.4
顔全体に化粧水をしっかりと浸透させるようにつける
特に乾燥を起こしやすい頬〜フェイスラインのUゾーンを中心に、顔全体に化粧水を浸透させるようにきちんとつけていく。こすらず優しくおさえながらおこなうこと。
STEP.5
皮膚が薄い目もと・口元は特にこすらず優しくつけていく
デリケートな目もと・口元は、ゆっくり優しくおさえながらつける。目のキワなど化粧水のつけ忘れを起こしやすく塗りにくい箇所は、コットンを折り曲げたり端を使い丁寧に。
STEP.6
肌のうるおいが足りない場合はSTEP.2〜STEP.5を繰り返す
肌のうるおいが足りないと感じる場合、もう一度同じことを繰り返し保湿する。頬〜フェイスラインのUゾーンや、目もと・口元を重点的におこない、乾燥を防ぐこと。
※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

化粧水でローションパックをする使い方

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水を使用したエステでのローションパックの施術を受ける女性

フェイスマスクを別途買わなくても、簡単&時短でパックができる使い方として注目されているのがローションパックです。


化粧水の効果を引き出すコツ
  1. ローションパックに適した保湿効果の高い化粧水を選ぶ
  2. 肌に数分貼るのでケチらずに質が良い大判コットンを使う
  3. 時間をおきすぎると化粧水が蒸発し肌の水分を奪うので注意する

ローションパックは朝晩2回おこなうのがもっとも効果的です。夜だけではなく朝のスキンケアにもローションパックでの化粧水の使い方を取り入れてみてくださいね!

STEP.1
殺菌作用のあるハンドソープで手を洗い清潔にする
まず最初に、殺菌効果をもつハンドソープで手を洗い、清潔な状態にする。このあと、呼び水のための化粧水を手でつけるので、必ず手を綺麗にしてから始めること。
STEP.2
呼び水となる1円玉大の量の化粧水を手にとる
肌に少し水分があったほうがローションパックの浸透がよくなるので、1円玉程度の化粧水を手にとり、手のひら全体にのばす。ローションパックの前段階なので少量でOK。
STEP.3
化粧水を顔中心から外側へサーキュレーション塗りする
呼び水のつけ方は、手のひら全体を使い、顔の中心から外側に向かって大きく円を描きながらつけるサーキュレーション塗りで。角層がほぐれ化粧水が浸透しやすくなる。
STEP.4
コットンの四隅まで化粧水を浸しひたひたにする
大判コットンの四隅までひたひたになるくらい、しっかりと化粧水を染み込ませる。目安は、コットンを手に持ったとき、指が透けるくらい裏まで浸っていること。
STEP.5
コットンを薄く4枚に割いてパックの準備をする
1枚のコットンをまず2枚に割き、さらにその2枚を割いて全部で4枚になるように準備する。薄いほうが肌に密着し剥がれにくくなるメリットがあるので、適した厚さを4枚割きに。
STEP.6
顔全体に割いたコットンをのせて密着させる
両頬・額・あご・鼻筋に割いたコットンをのせて肌に密着させる。朝晩おこなうなら、朝はコットン1枚分を割いた4枚を。夜はコットン2枚を8枚に割き、隙間にも重ねて顔を覆う。
STEP.7
ハンドプレスをして化粧水を肌に浸透させる
顔にのせたコットンの上からハンドプレスをおこない、化粧水を肌に浸透させる。手の温度が伝わり、より化粧水が肌の深層に行き渡りやすくなるので、必ずおこなうこと。
STEP.8
朝5分・夜10分程度の時間をおきコットンをはがす
ローションパックの目安時間は、朝5分・夜10分程度。途中でコットンが乾いてきたら化粧水を足すこと。パック後は時間をおかず、美容液・クリームなどのケアをおこなう。
※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

化粧水の効果的な使い方のコツと注意点

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水

最後に、化粧水の効果的な使い方をするために覚えておきたいコツと注意点をチェック!

簡単なコツをおさえるだけで、化粧水の浸透力を高め、透明感のある美肌に近づくことができます。


化粧水の使い方のコツと注意点
  1. 手のひらでパシャパシャ使わず化粧水を浸透させる
    手のひらで叩くように化粧水をつけると、浸透力が弱いだけでなく肌に刺激を与えるので、押し込むようにつける
  2. 肌をこすったり刺激を与えないようにケアする
    手でつける方法・コットンでつける方法、どちらでも肌をこすったり刺激を避け、肌の角質にダメージを与えない
  3. ローションパックやシートマスクは長時間使用しない
    長時間肌にのせておくと、コットンやシートマスクが乾き、乾燥の原因になる可能性が高まるので注意する
  4. 化粧水をつけた後はそのままおかずに次のケアをする
    化粧水をつけてから時間をおくと乾燥しシワや肌荒れなどを起こすので、すぐに美容液やクリームで保湿する

ここまで解説したすべての基本や方法をきちんと踏まえたうえで、毎日コツコツ、まずはできることからでもいいので続けてみてくださいね。

自分に合った化粧水を選び、正しい量・タイミング・使い方で丁寧におこなうことで肌は必ず応えてくれます。柔らかくふわふわで透明感のある美肌になっちゃいましょう!

化粧水の効果的な使い方まとめ

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な化粧水の使い方に適した化粧水などのスキンケア一式


この記事のまとめ
  • 化粧水の目的・必要な理由・役割を知ったうえで正しい使い方をすると、効果が増す
  • 化粧水は必ず、自分の肌質に合ったものや、肌悩みの改善が期待できるものを選ぶ
  • 本当に自分に合った化粧水に出会えるように、よさそうな商品を積極的に試して使ってみる
  • スキンケアの基本でもあるが、地道にコツコツ継続すると、きちんと肌は応えて変わってくれる

1に保湿、2に保湿、3、4も保湿、5に保湿。

田中的モットーとも言うべき格言は、上にどかどか塗ってごまかすより、基礎を常に綺麗に!

メイクよりスキンケア命のわたしのなかでも、クレンジングと化粧水は絶対に譲れないこだわりです。

実際に正しいクレンジング方法や化粧水の使い方を地道にコツコツ継続し、気づいたら肌が劇的に改善していた経験を持つからこそ、「まずはやってみて!」と身をもっておすすめできます。

特に化粧水は、年齢があがればあがるほど、エイジングケアに最適な保湿力や美容成分が含まれ、効果をもたらす商品を選びたいところ。

そのためにも、まずは自分に合う化粧水と出会えるように、今回記事内で紹介した商品を筆頭によさそうな化粧水をどんどん試してみてください!

そして自分の肌にピッタリの化粧水が見つかったら、その化粧水の効果をもっとも高める使い方を続けてみてくださいね。

大丈夫、肌に手遅れはありません!いくつになってもより良い化粧水を選び、効果的な使い方に変えてみたら、肌はきちんと応えてくれますよー!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。