美容液の効果的な使い方|毛穴レス美肌のためにつける順番とコツを覚えて肌悩み改善

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液と雑貨

ここ数年、美容液オイルの人気の高まりを受け、ますます注目を集めている美容液。

コスメや美容に関心の高いアイコン的存在だけでなく、「スキンケアに美容液は外せない!」と愛用する声が一般的になりました。

プチプラからデパコスまで種類が豊富、かつ価格が幅広いことも魅力。お財布事情と相談しながら、最適な美容液を取り入れることが可能です。

とはいうものの、美容液の目的や役割、効果的な使い方、どのタイミングでつけるのが正解なのか?など、きちんと知っている人がどのくらいいるかというと、実は思った以上に少ないのが現状だったりして。

そこで今回は「毛穴レスな美肌を叶える、美容液の目的と役割を理解して簡単に実践できる効果的な使い方」をお届けします!化粧水特集同様、全年代必見の美容液基本特集です!

まずは美容液とはどんなものなのか?をはじめ、目的・使い方・コツを覚えて、より効果的にシミやシワがなく透明感あふれるふわふわマシュマロ肌を目指しましょう!

なお、悩み別におすすめの美容液もそれぞれ紹介しています。しっかり愛用して効果を実感した、コスパがよくリピ買い決定の推し美容液揃いです。

ピックアップしたのは個人的な効果のみならず、すべてアットコスメなどの美容液ランキング上位で口コミ人気が高く、評判もよい美容液ばかり。ぜひあわせて参考にしながら試してみてくださいね!


この記事はこんな人におすすめ
  • なかなか肌が綺麗にならないと悩んでいる人
  • 美容液をどのタイミングでつけたらいいのかわからない人
  • 以前よりシワ・シミをはじめ肌トラブルが増えた人

美容液とは

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワを解消する、毛穴レスの美肌に効果的な美容液の使い方に適した美容液と雑貨

美容液とは、保湿や美白などの美容成分をたっぷりと含んだスキンケア化粧品のこと。

基本のお手入れだけだと肌悩みが改善しない、もしくはなんだか物足りないといったときに、保湿対策やアンチエイジングなど肌の悩みに合わせて適切な美容液をプラスします。

化粧水の後、乳液や美容クリーム(保湿クリーム)の前に使用するのが一般的です。

美容液は肌の悩みや使用目的に合わせて作られているので、その悩みや目的に効果のある成分で成り立っているのが特徴のひとつ。肌を健やかに整えるために有効な成分が比較的高い濃度で配合されています。

基本的に、化粧水・乳液・クリームのベーシックケアでお手入れを続けても、目指す肌状態が叶えられない、実感できない……そんなときに美容液を取り入れるのが◎。

「どんなケアがしたいのか?」「どういう肌悩みを改善したいのか?」をよく考え、“なりたい自分”をイメージしながら適切な美容液を選ぶようにしましょう!

美容液の目的

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液

美容液の目的は種類ごとに異なるのが特徴ですが、共通している目的はこちら!


美容液の目的
  1. プラスワンアイテムとして悩みに対する対策や集中的なケアをおこなう
  2. 美容液と一緒に使うスキンケア化粧品の肌への浸透を促し効果を高める

美白やシワの防止・改善など、人によって肌の悩みや、スキンケアをおこなうことで“なりたい自分”は大きく異なります。必然的に、化粧水と乳液やクリームだけでは物足りなかったり、ケアができていないことも多々……。

美容液はこうしたあらゆる悩みや、先々の肌作りのために、きめ細やかに対応するスペシャルケアとして開発されています。

そのため、美容液はひとりひとりの目的や悩みに合わせて効果を発揮する、最適なものを選ぶことがたいせつなのです!

美容液が必要な理由

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液


美容液が必要な理由
  1. ベーシックケア(化粧水・乳液・クリーム)だけでは足りない部分を補うため
  2. 特定の効能や効果に特化し、悩みの改善や良好な肌環境の維持をおこなうため
  3. ほかのスキンケア化粧品の肌への浸透や効果を、より一層促し高めるため

前章の「美容液の目的」でも述べた通り、化粧水・乳液・美容クリーム(保湿クリーム)のベーシックケアだけでは物足りず、悩みを改善できないのが、現代を生きる女性の肌事情です。

仕事や家事、育児、介護など、現代人は疲れがたまりやすく、睡眠不足やストレスフルの毎日。こうした生活サイクルに比例して、肌はバランスを崩しやすくなっています。

そんな現代の女性のために開発された美容液の大きな特徴は、美白、シワ・くすみ・キメの乱れ・ハリ不足の防止や改善、毛穴のケアなど、特定の効能や効果に特化していること。

だからこそ、美肌になるためにも、健やかな肌環境を保つためにも、悩みや肌状態に合わせて積極的に取り入れたいスペシャルケアのアイテムなのです!

美容液の役割

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液

美容液の役割は、スキンケアの基本となる化粧水と乳液や美容クリーム(保湿クリーム)だけでは足りない部分を担い、適切なケアをおこなうことです。


スキンケア化粧品の主な役割分担
  1. 化粧水:肌に水分を補給して保ったり、水分不足解消のために働きかける
  2. 美容液:肌悩みの改善や、化粧水・クリームだけだと足りない部分を補う
  3. 美容クリーム(保湿クリーム):肌の水分を蒸発させないようにふたをする

ここまで繰り返し記してきましたが、美容液は目的ごとに効果や成分も異なり、役割もそれぞれで変わってきます。


美容液の役割
  1. 日焼け(紫外線)のダメージによるシミやそばかすを防止する
  2. 乾燥を原因とした小ジワやくすみ、毛穴トラブルを防ぐ
  3. 加齢による、たるみ毛穴や毛穴詰まりなどの毛穴ケアをする
  4. 老化や筋力低下が要因の、顔全体のたるみに働きかける
  5. 目もとのシワやたるみ、クマ、黒ずみなどにアプローチする
  6. ブースター(導入液)として化粧水の浸透をサポートする

上記は、美容液の代表的な役割です。

これだけ幅広い役割があるほど、多岐にわたって展開しているのが美容液の魅力でもあり。効果の高い商品を取り入れるために選ぶ・試す楽しみまで味わえるのも美容液なのです!

美容液の種類と種類ごとの効果

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液

トラブル防止や肌悩みの改善のために開発された多彩な商品が揃うのが美容液です。自分の肌の悩みに合わせて選ぶのが◎!

主な美容液の種類と、種類ごとの効果について確認しておきましょう!


美容液の種類
  1. 美白美容液
  2. 保湿美容液
  3. エイジングケア美容液
  4. 目もと美容液
  5. ブースター(導入)美容液

このほか、Tゾーンの皮脂分泌抑制用の美容液や、紫外線防止効果の高い日中用の美容液、ニキビの防止や改善用の美容液などもあります。


美容液の種類ごとの効果
  1. 美白美容液
    日焼けによるシミやそばかすの防止を目的に作られており、肌の表皮にあるメラノサイトに働きかけ、メラニン色素の生成を抑制したり、紫外線を浴びた直後の対策をおこなう
  2. 保湿美容液
    乾燥を防ぎ水分を維持しながら肌を健やかに保つ働きをする美容液で、一般的にヒト型セラミド・ヒアルロン酸・ハトムギといった水分を多く含む成分が配合され保湿効果を高める
  3. エイジングケア美容液
    加齢を原因としたシワ・くすみ・たるみなどの改善のために作られ、目的に合わせてプラセンタ・プロテオグリカン・ヒト幹細胞培養エキスなどの有効成分が配合されている
  4. 目もと美容液
    目もとのシワ・たるみ・クマなどの改善のために作られ、目的に合わせてレチノール・ビタミンC誘導体・ビタミンE誘導体・セラミドなどの有効成分が配合されている
  5. ブースター(導入)美容液
    その後につける化粧水などのベーシックケアを肌の角質層まで届ける役割を担い、洗顔をした直後につけるのが一般的で、テクスチャーは化粧水・オイル・ミルクなど豊富にそろっている

美容液のテクスチャーの補足
  • ブースター(導入)美容液のみならず、美容液は全般的にテクスチャーが幅広いことも特徴のひとつ
  • 代表的なテクスチャーは化粧水・オイル・ジェル・ミルク・クリームで、好みや用途に合わせて選びやすい

美容液はこんな肌悩みにおすすめ

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液

美容液を取り入れることで改善が期待できる肌悩みは、前章の「美容液の種類と種類ごとの効果」で紹介した美容液の種類別に期待できる効果にリンクしています。

どんな肌の悩みを抱えているのか?どんな肌になりたいのか?

自分の肌と向き合いながら、ひとつずつ答えを見つけ、そのために必要な美容液を使うことで肌は変わってくれるはず。

もちろん、きちんとした使い方で継続することもたいせつです!

シミやそばかすの悩み

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液

日焼けを原因としたシミやそばかすを防いだり、メラニンの生成を抑えるために作られた美白美容液なら、これまでのシミ・そばかすの悩みとお別れ!

同じシミやそばかすでも、たとえば10代と50代では原因が異なることが一般的で、必然的に選ぶべき商品も変わってきます。スキンケア商品の基本でもありますが、肌質や悩みだけでなく年齢も考慮して選ぶのが美容液なのですね。

とはいえ、いずれも透明感のある美白肌を目指すことを目的に展開しているのが美白美容液です。

ここ数年で発売されていたり、リニューアルした商品は、紫外線を浴びたあとの対策としても優れた美容液がそろっていることも特徴のひとつ。

配合されている美容成分を確認しながら、顔全体なのか?顔のどこのシミ・そばかすなのか?に合わせて、全顔やそのパーツに効果的な美容液を選ぶことをおすすめします!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

乾燥の悩み

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液

肌の水分不足だけでなく、加齢による女性ホルモンの減少や生活習慣の乱れ、ストレスなど、あらゆる要因で引き起こされるのが乾燥です。

化粧水の効果的な使い方を解説した記事でも書きましたが、年齢や環境を問わず保湿は重要で、その保湿のためには化粧水だけでは物足りないのが正直なところ。

化粧水の効果的な使い方|目的を理解して浸透力を高め透明感のある毛穴レスな美肌に

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な化粧水の使い方に適した化粧水などのスキンケア一式化粧水の効果的な使い方|目的を理解して浸透力を高め透明感のある毛穴レスな美肌に

特に年齢が高くなればなるほど、化粧水と乳液やクリームだけでなく、乾燥対策に効果が期待できる美容液はマストです。しっかりとケアしながら、みずみずしくぷるんとしたツヤ肌になりましょう!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

エイジングの悩み

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液

年齢を重ねるごとに肌質が変わり、それまで経験したことがない肌トラブルに見舞われるようになった……そんな多くの女性に必要なのがエイジングケアです。

生きている限り、人間の体は加齢による変化を避けられないからこそ、肌の変化に対応したお手入れをおこない、自然と年を重ねることを楽しむ女性でいたいですよね。

特にエイジングケアが必須となる30代以降は、仕事もプライベートも責任ある立場だったり、変化が訪れる年代でもあるので、毎日忙しい人が多い傾向があります。

美容液によるエイジングケアなら、毎日簡単楽ちんに、だけど確かな効果が期待できるはず。まずは自分にピッタリのエイジングケア美容液と出会うためにも、積極的に試してみてくださいね!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

目もとの悩み

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液

シワ・シミ・クマ・たるみ・ハリ不足など、目もとの悩みを抱える人が多いはず。目の周りの皮膚は顔のなかでもっとも薄いため、トラブルが起こりやすいのが難点です。

「このくらいなら大丈夫!」と甘く見ていると、目頭から頬に向かって斜め下に深く切れ込むシワ、通称“ゴルゴライン”ができてしまい、「どうしよう!ガッツリ老け見えの老け顔!」なんて後悔することになるかも……!

早い人だとすでに20代から現れるゴルゴラインは、生活習慣の改善や睡眠不足・ストレスの解消だけでなく、目もと専用の美容液やクリームでのケアが欠かせません。

もちろん、それ以外の目もと悩みもケアを疎かにするのはNGです。高い効果が期待できる目もと美容液を継続して使いながら、目もとの悩みとさよならしましょう!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

スキンケアの効果が実感できない悩み

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適したブースター美容液

高い効果をうたう化粧水・乳液・クリームを使っているものの、いまいちその効果が実感できない……。

そんな悩みを持つ人に改善策としておすすめしたいのが、ブースター(導入美容液)の投入です。

“導入液”という言葉通り、ブースターはそのあとに使用するベーシックケアを肌の角質層まで届けるためのサポート部隊として、効果を高めるために働いてくれます。

効果が実感できない、あるいは今より効果を高めたいという人こそ、ブースター(導入美容液)を取り入れ、継続して使ってみてくださいね!

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。

美容液の効果的な使い方

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液と化粧水・美容(保湿)クリーム


スキンケア化粧品をつける順番
  1. 洗顔
  2. ブースター美容液
  3. 化粧水
  4. 目的別美容液
  5. 美容クリーム(保湿クリーム)
  6. 目もと美容液ORアイクリーム

美容液は一般的に、化粧水の後、乳液や美容クリーム(保湿クリーム)の前に使用します。

ただし、ブースターや、水分が蒸発しないようにふたをするクリームタイプ、目もとのケアなどパーツごとに適した成分が配合されたものなど、タイプによってつけるタイミングや使い方が異なるので注意してくださいね。

STEP.1
片側の手のひらに適量の美容液をとる
美容液の量の目安は、目的や製品によって大きく異なるので、必ず使用する製品の必要量を確認したうえで手にとる。美容液の効果を高めるために最初におさえておくこと。
STEP.2
もう一方の手を重ねて手のひら全体で温める
美容液を両側の手のひら全体に広げながら人肌で温めるイメージでおこなうと◎。ただし、目もと美容液などの少量かつすぐに肌にのせることを推奨する製品はそのまま肌へ。
STEP.3
顔全体を手で包み込みながら美容液をつける
化粧水と同様、顔の中心から外側へ向かうイメージで、手のひらで顔を包み込みながらのばしていく。部分用美容液は、指の腹を使いピンポイントでなじませること。
STEP.4
皮膚が薄い目もと・口元は指の腹で優しくおさえる
デリケートな目もと・口元は、手のひらではなく指の腹を使うことを意識しながら、ゆっくり優しくおさえるようにしながらのばす。絶対にこすらないこと。
STEP.5
各部位を手のひらと指の腹でおさえてなじませる
生え際やフェイスラインなど、つけ忘れを起こしやすい部位まで、しっかりと手のひらと指の腹を使いながらおさえていく。部分用美容液は指の腹のみでおこなう。
STEP.6
美容液の効果が足りない場合はSTEP.1〜STEP.5を繰り返す
美容液の効果が足りないと感じる場合、もう一度同じことを繰り返し保湿する。一般的に美容液は複数回にわけてつけたほうが効果が高まるので、この工程はマスト。
STEP.7
顔全体に適量がなじんだらハンドプレスをおこなう
顔全体、もしくは該当部位に適量がいきわたり、きちんとなじんだら、最後に両手で顔全体、指の腹で該当部位を包み込み、10秒〜15秒程度ハンドプレスをおこなう。

美容液の効果的な使い方のコツと注意点

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液

最後に、美容液の効果的な使い方をするために覚えておきたいコツと注意点を確認しておきましょう!

ちょっとしたコツをおさえるだけで、美容液の効果を高め、一緒に使う基礎化粧品の浸透力まで促進させることができます。


美容液の使い方のコツと注意点
  1. 自分の肌質や目的に合った美容液を見極めながら選ぶ
  2. 選ぶ際には美容液ごとの有効成分の働きまで理解する
  3. 開封後は基本的に3ヶ月以内ですべて使い切る
  4. 複数種の美容液を使うときは水分の多いものからつける
  5. 朝と晩で適した美容液の使い分けをする

ここまで解説したすべての基本や方法をきちんと踏まえたうえで、毎日コツコツ、まずは取り入れられるものやできることからでもいいのでトライしてみてください!

自分の悩みや状態に応じた美容液を選び、正しい量・タイミング・使い方で丁寧におこなうことで肌は必ず変わっていきます。肌トラブル知らずの美肌を目指しちゃいましょう!

美容液の効果的な使い方まとめ

毛穴詰まり・毛穴開き・黒ずみ・角栓・たるみ毛穴・シミ・そばかす・くすみ・ハリ不足・シワ・目もとの肌トラブルを改善する、毛穴レスの美肌になるために効果的な美容液の使い方に適した美容液と化粧水・美容(保湿)クリーム


この記事のまとめ
  • 美容液は肌悩みや目指したい方向性などの目的にあわせて複数種類が展開している
  • 美容液の目的・必要な理由・役割を知ったうえで正しい使い方をすると、効果が増す
  • 美容液は必ず、肌悩みの改善が期待できるものを選び、地道にコツコツと継続して使う
  • 本当に自分に合った美容液に出会えるように、よさそうな商品を積極的に試して使ってみる

自分に合った美容液に出会ったときのあの多幸感といったら、なにものにも代えがたい……!と熱く語りたくなるスキンケアオタクのわたしにとって、悩みの改善や良好な状態を保つために美容液はなくてはならない存在です。

クレンジング・化粧水と同じように、実際に正しい方法や使い方を取り入れ、地道に継続した結果、本当に肌が変わった!改善した!という経験を持つからこそ、我が身をもって美容液をおすすめできます。

お悩みやケア目的に応じて展開する美容液は、自分の肌状態と向き合い、適した商品を選ぶ最初のステップがまずたいせつです。

そのためにも、自分にピッタリの美容液と出会えるように、今回記事内で紹介した商品を筆頭に高い効果が期待できる美容液を積極的に試してみてください!

プラス自分の肌状態を上げる、その美容液の効果をもっとも高める使い方を続けることもお忘れなく。

目指せ美肌!女性に生まれたからには、自分の年齢をそのときどきで楽しみながら健やかなツヤ肌で過ごせるように、スペシャルケアの美容液を活用してみてくださいね。

※公式サイトなどで、お得なトライアル(単品またはセット)が用意されていたり、本商品がリーズナブルな特別価格で提供されている場合、商品の詳細や、トライアルの詳細確認・購入ができる該当ページにリンクを貼っています。上記のリンクをクリックORタップして表示される該当ページ以外だと特典が適用されないのでご注意ください。