大人のスイーツ!六花亭「マルセイバターサンド」&巴裡小川軒「元祖レイズン・ウィッチ」

巴裡小川軒のレイズン・ウィッチ

セブンイレブンの「濃厚クリームのレーズンサンド」一度食べたらやみつき!洋菓子業界騒然のセブンイレブン「濃厚クリームのレーズンサンド」

前回の投稿で、セブンイレブンが超本気を出した「濃厚クリームのレーズンサンド」をピックアップしましたが、本日はその投稿内で触れたレーズンサンドの代表格、六花亭「マルセイバターサンド」巴裡小川軒「元祖レイズン・ウィッチ」のお話を!

レーズンサンドといえば、大人のニーズにバッチリ応えてくれるスイーツです。

洋酒とレーズンのマリアージュ、サクサクビスケットとコクのあるバタークリームのハーモニー……ほら、もうこれだけで、なまはげが「悪い子はいねがー!」とともに「社会を知らないガキは食うなー!」街を練り歩きパトロールしちゃう勢いですよ(違います)。

レーズンサンド好きとしては、セブンイレブンの超本気とあわせてこれだけは外せない!そんなわけで、こよなく愛する「マルセイバターサンド」「元祖レイズン・ウィッチ」をご紹介します。

“キング・オブ・レーズンサンド”がふさわしい六花亭

六花亭帯広本店外観

レーズンサンドと耳にして、まず多くが思い描くもっとも有名なブランドが、六花亭の「マルセイバターサンド」。

“言わずと知れた”や“誰もが知る”といった形容詞が違和感なく響く、“キング・オブ・レーズンサンド”の称号がふさわしい逸品です!

六花亭は、北海道を象徴する菓子メーカーのひとつ。道民から「おらが街の代表」として得意げに語られることも多いため、北海道出身者による“マルセイバターサンドの美味しさ”を幾度となく聞かされた人は少なくないはず(笑)。

でも、確かに道民じゃなくても語りまくりたいほど美味しいのですよ……!

ホワイトチョコレート・北海道産生乳100%のバター・レーズンをあわせたバタークリームは、こっくり濃厚ながらも、クセがなく誰もが食べやすい味わい。

口にした瞬間、なめらかな食感が広がり、ついつい手がのびて止まらなくなるほど、こころをくすぐってくれる六花亭の看板銘菓です。

北海道旅行の定番土産にランクインしていることはもちろん、首都圏でも購入できたり、通販対応もしています。いつでも食べられるのが◎。

残念ながら写真に残していないため、次回購入した際に撮影のうえ、今回の投稿には追加で写真挿入しておく予定です。楽天やAmazonでも買い求めることができるので、よかったらお試しあれ!

六花亭より先にレーズンサンドを世に送り出した小川軒

巴裡小川軒のレイズン・ウィッチ

さて、「マルセイバターサンド」は慣れ親しんだ“キング・オブ・レーズンサンド”です。うまい、ひたすらうまい。まさに“王者の風格”ってやつですよ!

が、しかし。だがしかし。だ。

生まれも育ちも生粋東京の都民・田中さん、個人的に力いっぱい推したいのが、巴裡小川軒の「元祖レイズン・ウィッチ」です!

小川軒は“レーズンサンドの生みの親”で、六花亭より先にレーズンサンドを世に送り出した正真正銘本家本元。

東京人が「おらが街の代表」として語り尽くしたい銘品ですぞ!

参考 元祖レイズン・ウィッチ巴裡小川軒

“巴裡小川軒のエース”として長年君臨する魅惑の味

巴裡小川軒のレイズン・ウィッチ

登場するやいなや、その日のスイーツタイムが至福のひとときになること間違いなし。手土産に持参すれば、相手の表情がほころび、以降、確実に自分を見る目が変わる至高の洋菓子。

それが、「元祖レイズン・ウィッチ」!

東京の老舗洋菓子店として名を馳せる巴裡小川軒は、新橋と目黒に店舗を構えており、併設のサロン・ド・テではコーヒー・紅茶やケーキがいただけるとあって、いつもにぎわっています。

ケーキ各種・パイ・焼き菓子など、ラインナップも豊富で、どれを食べても“ほんわ〜〜”と恍惚の表情を浮かべてしまうクオリティ……!

そんなそうそうたる顔ぶれのなかで、“巴裡小川軒のエース”として長年君臨する「元祖レイズン・ウィッチ」美味しくないわけがない(真顔)。

一言で言えば、「じっくりと味わいたい洋菓子」。

洋酒が染み込んだ芳醇な香りのレーズンに、独自製法で製造された特製バタークリームがたっぷり。濃厚なバターと高品質なバニラによる食べごたえ満点のクッキーにまでこだわりが感じられる、極上のひとしな。

書いているそばから「買いに行ってこようかな……」との衝動が走る、魅惑のレイズン・ウィッチ。初めて食べたあの日から、田中的おすすめスイーツTOP3にランクインする超実力派です!

プレミアム感満載の「元祖レイズン・ウィッチ」

巴裡小川軒のレイズン・ウィッチ

六花亭の「マルセイバターサンド」は確かに美味しい。だけど、巴裡小川軒の「元祖レイズン・ウィッチ」も肩を並べるほど美味。

しかも、「元祖レイズン・ウィッチ」はプレミアムものでもあり!

その理由は、「鮮度のよい状態で食べてほしい」との理念から、通販対応をいっさいしていないこと。

つまり、新橋か目黒の店舗に行かなければ購入できないのです……!!

午前中に売り切れることもめずらしくなく、「幻のスイーツ」と呼ぶ人も多いそう。

このプレミアム感よ……さらに美味しさを格上げしてくれるってやつですよ。だってわざわざ出向いてでも手に入れたい人が後を絶たないんだから。

そう、確実にわたしもそれですw

東京および近郊在住者は足を運んでその味を確かめてほしいし、それ以外の地域の方々は東京旅行の際にぜひお立ち寄りを!

先ほどもチラリと触れましたが、幅広い世代に喜ばれる手土産としても評価が高く、自信をもっておすすめします!

兄弟ゲンカの顛末?小川軒が複数店舗存在する理由

巴裡小川軒のレイズン・ウィッチ

余談ですが、実は「小川軒」を名乗る洋菓子店は複数存在します。パクリ?ではなく、息子さん・親戚でそれぞれ暖簾分けしたそう。

参考 OGAWAKENDAIKANYAMA OGAWAKEN 参考 巴裡小川軒巴裡小川軒 参考 御茶ノ水小川軒御茶ノ水小川軒 参考 鎌倉小川軒鎌倉小川軒

事情が複雑そうで、諸説飛び交っており、「例えると、好きな女を取り合いして仲違いしたのと似たような、ケンカが原因らしい」という“男同士にありがちな派手な兄弟ゲンカの顛末説”には大いに笑いましたw

誰が勝利してその彼女をゲットしたんだwww

詳しい真相は不明なため、「どれが正しい説?」と長年の疑問ながらも、“息子さんと親戚で暖簾分け”は間違いないようです!

巴裡小川軒のレイズン・ウィッチ

さておき、「味はどうなの?」の結論から言うと、「全店美味しい!でも、味はそれぞれ違う!」。

わたしは新橋・目黒にある巴裡小川軒の「元祖レイズン・ウィッチ」の味が一番好きで、“ここでしか買えない”プレミアム感も手伝って、主に巴裡小川軒で購入していますが、食べ比べてみるのもいいかも。

鎌倉小川軒は通販対応しているので、遠方の方でも安心ですよ!

個人的に身をもっておすすめするのは、東京で直接購入するOR東京旅行で立ち寄るなら「巴裡小川軒の元祖レイズン・ウィッチ」、直接購入ができずに通販するなら「六花亭のマルセイバターサンド」。

わたしのいつもの購入パターンです(笑)。ぜひお試しを!