【東京ストリート桜特集】小石川後楽園/全国でも貴重なお墨付きの名園!

桜満開の「小石川後楽園」

桜満開の「小石川後楽園」

成り立ちの経緯から、中国の風景と日本各地の景勝を模しためずらしい庭園として完成した「小石川後楽園」。

国の特別史跡および特別名勝の指定を受けていますが、重複指定は全国でもわずか9ヶ所のみ。国のお墨付きを得た貴重な名園は、一度は足を運んでおきたい必見スポットです!

特別史跡・特別名勝指定の名園!小石川後楽園

桜満開の「小石川後楽園」

1629年、水戸徳川家の祖、頼房が手がけた「小石川後楽園」は、二代藩主の光圀の代に完成した回遊式築山泉水庭園です。

作庭に際し、明の儒学者・朱舜水の意見を取り入れ、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から「後楽園」と命名されたと伝えられています。

こうした経緯もあってか、「小石川後楽園」では随所に中国の名所の名を冠した景観が配されており、中国の風景をうかがわせることが大きな特徴。加えて、日本各地の景勝を模した湖・山・川・田園なども表現されています。

桜満開の「小石川後楽園」

1952年3月に特別史跡および特別名勝に指定。特別史跡・特別名勝の重複指定を受けているのは、都立庭園では「浜離宮恩賜庭園」「小石川後楽園」のふたつのみ。

この重複指定は、全国でも京都の鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、醍醐寺三宝院、奈良の平城京左京三条ニ坊宮跡、広島の厳島、岩手の毛越寺庭園、福井の一乗谷朝倉氏庭園をあわせ9ヶ所だけとあって、非常に貴重な名園でもあります。

桜満開の「小石川後楽園」

園内の桜はというと、庭園の中心にある、琵琶湖を表現した大泉水を彩るように点在しており、ゆっくりと散策しながら桜観賞ができることがポイント。

風情豊かな回遊式築山泉水庭園と桜のコラボレーションは、江戸のおもかげが伝わり趣きたっぷり。飯田橋駅・水道橋駅からほど近いロケーションにもかかわらず、ちょっとした異世界に迷い込んだかの気分まで味わえます!

今回の使用カメラ/Nikon COOLPIX P330

桜満開の「小石川後楽園」

今回の「小石川後楽園」の桜も、ニコンのコンパクトデジカメ「Nikon COOLPIX P330」で撮影しました!

P330の通常販売が終了しているので、後継のA1000のご紹介を。どちらも仕事で愛用しているため、実力はよく知り尽くしています。一眼レフの性能が優れていることはもちろん、コンデジも素晴らしいのがニコンです。

庭園の撮影では、花木や池など、自然が織りなす繊細な濃淡をどこまで切り取れるかにかかっており、その期待に応えてくれるP330、A1000はニコンの企業努力を余すところなく実感できる逸品。

スマホを出すよりコンデジ。使い勝手のよさも折り紙つきのニコンのコンデジで、ぜひカメラの面白さを味わってほしいなーと願いつつ!

桜フォトギャラリー〈小石川後楽園〉

園内をお散歩気分で歩くだけでも楽しい、「小石川後楽園」の桜模様と庭園の様子をご堪能あれ!

INFORMATION〈小石川後楽園〉

小石川後楽園
住所:東京都文京区後楽1-6-6
TEL:03-3811-3015
営業時間:9:00〜17:00(入園は16:30まで)
定休日:年末年始
WEB:小石川後楽園公式サイト

※最新の情報ではない可能性があります。必ず事前に公式サイトなどでご確認の上、ご利用ください。