2021年おすすめ人気手帳50選|社会人・学生・ママの仕事・勉強・予定を効率化する最新特集

お気に入りの手帳とペンで2021年のバレットジャーナルを書く様子

取材・撮影・執筆はもちろん、営業・マーケティング支援まで、年間通して継続しているひとつがステーショナリー案件で、特に夏場から増えるのが手帳コンテンツの田中です、どーもこんにちは。

そして田中は自他ともに認める手帳マニア・手帳オタク・手帳フリーク・手帳ラバーズ・テチョラー……!

同じく手帳愛好家のテチョラーさんたちは8月、早い人で7月から手帳会議を繰り返し、9月早々には翌年使用するすべての手帳をそろえる&3冊以上の複数持ちも多々。

でも、大部分を占める「手帳は1冊のみ」派さんや、「これまでガジェットだけで予定やタスクを管理していたけれど、在宅ワークが増えたからクライアントや同僚とのコミュニケーション補完を兼ねて手帳も」なんて人にとって、今から年末にかけて手帳探しで大賑わい!

その際によくあがるのが、自分にはどんな手帳が合っているのか?本当に今の手帳は自分に最適なのか?がなかなか把握しづらいという声……気持ちわかりすぎます……。

そこで今回は、すべての手帳難民・手帳愛好家にお届けする2021年おすすめ人気手帳特集!

趣味と実益を兼ねて手帳コーナー入り浸りの田中が、いつも以上にガッツリリサーチ&現物確認!社会人・学生・ママ・専業主婦・主夫・シルバー世代、どんな人でも合う手帳が見つかるラインナップにしてみました。

そのままAmazon・楽天市場・Yahoo!で詳細チェック&買い物までできるようになっています。ぜひお好きなように楽しんでくださいね!

※各手帳の最新情報(サイズ追加や廃番など)や、詳細が確認できるAmazon・楽天市場・Yahoo!のリンクは、すべて2022年版に更新してあります。


この記事はこんな人におすすめ
  • 2021年の手帳を探している人
  • 2021年はどんな手帳が人気なのか興味がある人
  • テレワークが増えたので業務の補完で手帳を検討している人
  • 初めて手帳を使う、もしくは手帳慣れしていない人
  • 常に手帳情報をチェックしておきたい手帳マニアの人

INDEX

2021年版おすすめ人気手帳50選|社会人・学生・ママetc

お気に入りの手帳とペンで2021年のバレットジャーナルを書く様子

2021年版おすすめ人気手帳50選を紹介します!

社会人・学生・ママ・専業主婦・主夫・シルバー世代……どんな立場の人でも「これなら続けられる!」「使っていて楽しい……!」が見つかるラインナップを意識してみました。

女性向けの手帳が多めですが、男性でも使いやすいデザインや機能性のものもピックアップしています。ぜひチェックしてみてください!

マンスリー / ブロック

一般的にもっとも浸透しているマンスリー / ブロックタイプの手帳は、ファースト手帳として、あるいは手帳慣れしていない人にもおすすめとはいえ、よく吟味しないと野暮ったく見えてしまう難点も。

今回ピックアップしたのは、使い勝手だけでなく洗練されたデザインが印象的な、持っているだけで気分が高揚するブランドばかり。機能性もデザイン性も追求した一品をどうぞ!

LEUCHTTURM1917 / ロイヒトトゥルム|マンスリー

画像出典:DELFONICS

ドイツを代表する世界的なノートブランド、ロイヒトトゥルムのマンスリーダイアリー。パッと見ただけで目をひくカラーバリエーションが豊富なので、職種や好みにあわせて選ぶことができます。

シンプルで飽きのこないデザインは、男性女性問わず持ちやすいのがポイント。おしゃれで機能的なマンスリー手帳を探している人におすすめです。人とはちょっと違ったスタイリッシュなビジネスシーンを演出できます。

見開きで1年分管理できる簡易ガントチャートはハビットトラッカーにも◎。

RHODIA / ロディア|マンスリーダイアリー

画像出典:RHODIA

スリムで軽量なマンスリーダイアリーといえば、プランニング・オーガナイズのためのダイアリーを展開する、世界87カ国以上で愛用されるロディア。

撥水性と耐久性を兼ね備えたカバーと、ホチキス留め製本で仕上げた開きやすい仕様が魅力です。日曜・祝日のみをブランドカラーのオレンジで統一し、見やすく使いやすい機能性と都会的なデザインセンスがGOOD。

クレールフォンテーヌの紙質も気持ちよく、持っているだけで気分があがるマンスリーダイアリーは「さすがロディア!」の一言!

HIGHTIDE / ハイタイド|スリムマンスリー

画像出典:HIGHTIDE

機能性・デザイン・素材のすべてにこだわるオリジナル商品を発信するハイタイドでは、ブロック型マンスリーページと週ごと・項目別に記入できるTO DO&フリーメモページが交互に配置されたスリムマンスリーを展開。

通常のブロック型だけだと記入スペースが少なくて使いづらいと悩んでいて、「持ち歩きしやすい手帳がほしいのにマンスリータイプを選べない」という人に最適です。

巻末ノートページは92ページの大容量。約1週間分のメモを見開きで使えます。スタイリッシュなデザインはもちろん、まずはぜひ一度使用し、その優れた機能性を確かめてみてほしい一品です。

いろは出版|SUNNY手帳 / サニー手帳 マンスリー

画像出典:サニー手帳

女性向け手帳として着々と支持率を高めている、“あなたの1年を晴れにする”をコンセプトに展開するサニー手帳。マンスリータイプもおしゃれで使い勝手のよい1冊に仕上がっています。

ここ数年トレンドのベイクドカラーやパステルカラーのカバーが◎!1年間の自分のポジティブな目標設定ができるWISH LIST付きです。

機能面も充実しており、111ページの大容量ノートページがポイント。予定やタスクをマンスリーブロックで管理し、ノートには思考整理やアイデアメモ、日記などフル活用できます。

高橋書店|クレールインデックス

画像出典:高橋書店

手帳業界での老舗のひとつ、高橋書店は、機能性が優れた品質の高いプロダクトが魅力ですが、マンスリー手帳のなかでもクレールインデックスに注目。

“創造する”を意味するスペイン語の“crear(クレアール)”から名付けられただけあって、毎日挑戦する人にふさわしいレーベルになっています。眺めているだけでワクワクしてしまうチェック柄が大人可愛い!

使い勝手のよさも安心・安定の“手帳は高橋”ならでは。目をひくカバーデザインといい、2冊持ち派さんの1冊目としてもピッタリです。

MIDORI / ミドリ|ダブルスケジュール・ダブルスケジュール マネー

画像出典:MIDORI

トラベラーズノートでおなじみのデザインフィルが手がける文房具ブランド、MIDORI/ミドリ。かゆいところに手が届く機能性が自慢の商品展開が秀逸で、その最たるプロダクトがダブルスケジュールです。

2つの予定を1冊で管理できる手帳『ダブルスケジュール』は、オンオフや、自分と家族で分けたい人はもちろん、予定と学習スケジュールを記入したい学生さんにも最適。視認性の高い紙面デザインも特徴のひとつです。

B6だけでなくA5もあり。Amazonならリンク先のページでB6・A5どちらも詳細確認や購入ができます。

画像出典:MIDORI

スケジュール管理と一緒に別ページで家計簿がつけられる、お金と予定を1冊で管理できる手帳『ダブルスケジュール マネー』なら、手帳と家計簿を2冊持ちする負担から解放されます。

B6だけでなくA5もあり。Amazonならリンク先のページでB6・A5どちらも詳細確認や購入ができます。

画像出典:MIDORI

マンスリーブロック+ガントチャートの『ダブルスケジュール 進行』もおすすめです!

B6だけでなくA5もあり。Amazonならリンク先のページでB6・A5どちらも詳細確認や購入ができます。

アートプリントジャパン|ビジュアライフダイアリー

画像出典:アートプリントジャパン

時代を先駆ける革新的なデザインと機能性を追求し続けるアートプリントジャパン。常に話題の商品をリリースし、ますます人気が高まっている同社からは、ユニークなマンスリー型のビジュアライフダイアリーを。

定番のマンスリーブロックフォーマットと、予定の抑揚をビジュアル化できる新フォーマットが交互で配されたマンスリー手帳です。

テキストだけでなく、イラストや図、写真があると人間の認識度や理解度が高まる性質を活かしたマンスリーダイアリーは、実際に使ってみることで良さが実感できる1冊。まずは1年間活用してみることをおすすめします!

Lago / ラゴ|JSTORY マンスリープランナー

画像出典:Lago

ユニークでかわいい雑貨を扱うLago / ラゴがリリースしたダイアリーのなかでも注目したいのがマンスリープランナー。表紙に大きく描かれたフォントが斬新な、シンプルで感度の高い手帳です。

1ヶ月の予定を自由に記入できる、日付がないマンスリーノートが特徴で、スケジュール管理はもちろん、絵日記やフードログなどシンプルなライフログにも適しています。

サイズ展開が豊富なので、自分に合った1冊を選ぶことができますよ。

Lago JSTORY マンスリープランナー

※現在、Lago公式オンラインストア楽天市場店のみで在庫があるので、楽天市場の該当ページにリンクを貼ってあります。

マンスリー / ガントチャート

昨今、ますます人気が高まっているガントチャートタイプは、書きやすさと視認性の高さで選ぶことがポイント。加えて、デザイン面にもこだわりたいところです。

今回厳選したのは、いずれもその要素を兼ね備えた手帳ばかり。ガントチャートの魅力と強みを体感するためにも、まずは一度試してみてください!

D-BROS / ディーブロス|クリエイターズダイアリー

画像出典:Amazon

グラフィックデザインという表現手法を用いたプロダクトの制作にこだわるD-BROS / ディーブロス。グラフィックデザイナーの理念や想いが詰まったクリエイターズダイアリーは、そんな同社の看板商品です。

クリエイターズダイアリーの強みは、1年を俯瞰し設計するジャバラスケジュール帳の仕様。1年間が1枚になったジャバラ式を採用し、長期スパンのプロジェクト管理を可能にしています。

ゴールを決めて逆算してスケジュールを組むことで、時間を確保し効率化をはかれるメリットが◎。この概念はプロジェクトリーダーの基本なので、実はファーストガントチャートとしてもおすすめです。

アートプリントジャパン|G.B.Planner / ジービープランナー

画像出典:アートプリントジャパン

“手帳界の革命児”として大きな注目を集めるアートプリントジャパンは、ガントチャート手帳の生みの親でもあり。先駆者だけあって、使い勝手とデザイン性に優れたガントチャートが豊富です。

なかでもG.B.Plannerは、マンスリーブロックとガントチャートを俯瞰できることに加え、マンスリーブロックを確認しながらタスクを組み立てられるきめ細やかな仕様が機能性を高めています。

自分・チームメンバー・部下・家族など、複数の予定とTO DOを同時に管理するためにフル活用できる頼もしい1冊。資格試験や受験前の学習スケジュールのプランニングと進捗確認にも適しています。

アートプリントジャパン|マンスリーガントチャート for Women

画像出典:アートプリントジャパン

女性に特化したガントチャートとして話題なのが、マンスリーガントチャート for Women / フォーウーマン。予定やタスクの管理はもちろん、女性に人気の高いライフログをつけるのにも向いている手帳です。

予定・タスクが記入しやすいメインページをはじめ、イベントリストや贈答品リストなど、情報ページが網羅された構成になっています。

2021年版からは月の満ち欠けの表記が追加されているので、ライフログやハビットトラッカーを記録すれば、自分のバイオリズムと比較しながら確認できます。

マンスリーガントチャート for Women

※現在、Amazon・楽天市場・Yahoo!には在庫がないため、ロフトの該当ページにリンクを貼ってあります。

【廃番】アートプリントジャパン|オタ活ダイアリー

好きなアイドルやスポーツチームを持つ人にとって、オタク活動は毎日を幸せにしてくれるキーファクター。その“オタ活”の強力サポーターとして人気なのが、同じくアートプリントジャパンのオタ活ダイアリーです。

ダブルマンスリータイプのフォーマットは、“やりたいことをやりたいだけ楽しむ”ためにリリースされた、まさにオタク活動のための1冊。オタク活動の長期プランを立てるのにも適した構成になっています。

ブロックマンスリー・ガントチャートのほか、便利な情報ページや下敷きにもなる収納付き!

※オタ活ダイアリーは2021年版をもって廃番となっています。

LACONIC / ラコニック|仕事計画 ガントチャートマンスリー

画像出典:LACONIC

スタイリッシュなプロダクトがそろうラコニックでは、ビジネス活用できる手帳をブランディングし、“仕事計画”として展開。なかでもガントチャートマンスリーは、進行管理と同時にメモを記入したいニーズに◎。

ガントチャートに特化したフォーマットで、見開きページの上部に1ヶ月分のガントチャート、下部にフリースペースをたっぷりと配した紙面デザイン。巻頭には見開き4ヶ月のマンスリーブロック付きです。

クリーム色の用紙が目に優しいのもポイント。プロジェクトリーダーだけでなく、その月のタスクをしっかりとクリアしたい人にもおすすめです。

DELFONICS / デルフォニックス|ロルバーンノートダイアリー ガントチャート

画像出典:DELFONICS

おしゃれでリーズナブル、コレクションしたくなる超人気ノートブランド、ロルバーンでも、ガントチャートがリリースされ話題になっています。

おなじみのマンスリーブロックと、書き込みスペースが広いガントチャートを配し、巻末には方眼メモページをプラス。イヤーカレンダーページも使い勝手がよく、いずれも俯瞰しやすい紙面デザインが強みです。

薄型で持ち運びしやすいのも◎。ロルバーンノートと一緒に活用すれば、さらに使い勝手も向上しそう!






ウィークリー / バーチカル

日本でもすっかり市民権を得て、いまではウィークリー手帳の一番人気ともいわれるバーチカル。バーチカル手帳の場合、「どの手帳にしようかな?」の前に必ずやっておきたいのが“自分の活動時間の把握”です。

9時〜18時のデイタイム勤務?土日も仕事があるシフト制?夜勤ありや夜遅くまで仕事や家事・育児?

まずは“自分が何時から何時まで動いているのか?”を明確にしたうえで、その時間をカバーできる1冊を選びましょう。

もちろん手帳を続けるうえでデザインも超重要。使い勝手や機能性はもちろん、デザインセンスにも定評のある一挙両得のブランドを集めました!

QUOVADIS / クオバディス|エグゼクティブ・エグゼクティブノート

画像出典:QUOVADIS

世界で初めて見開きページに一週間をオーガナイズしたバーチカルタイプをリリースしたパイオニア、クオバディス。フランスのエスプリがきいたセンスが魅力で、手帳界の一番人気としても名を馳せるブランドです。

なかでも長年熱い支持を受けているのが、クオバディスを象徴する正方形のエグゼクティブとエグゼクティブノート。ホワイト・グレーが基調のエグゼクティブ、クリーム色にメモスペースが豊富なエグゼクティブノートから自分の使いやすさでチョイスしてみては。

夢実現系やライフログ系手帳の“あれ書け・これ書け”フォーマットがないシャープなデザインなので、自分好みの使い方をしたい人に最適です。

顧客に会う機会が多い職種や経営者、管理職でも安心して愛用できる信頼のプロダクト。おしゃれで“映え”が叶えられると同時に、機能面も上位の“ザ・バーチカル”です。

KOKUYO / コクヨ|ジブン手帳・ジブン手帳 mini

画像出典:ジブン手帳

「1年で終わり」ではなく「一生つかえる」手帳をコンセプトに、コピーライター・プランナーの佐久間英彰氏が商品化したジブン手帳。爆発的な人気を博し、日本にバーチカル手帳を浸透させたプロダクトです。

手帳に書かれるすべての情報を整理・整頓し直し、それぞれに適した置き場所を再設計しているので、ライフログ初心者でもトライしやすいフォーマットになっています。もちろんタイムマネジメントにも最適です。

書き続けているだけで“自分の歴史”ができあがる快感は、ほかの手帳では味わえない醍醐味。A5スリムとB6スリムのminiが選べます。

2020年版から“ライフログをもっと手軽に”をコンセプトに、24時間軸はそのままで、必要な項目に絞って書き込めるミニマル仕様のジブン手帳Liteも登場しています。

サイズはB6スリムのminiのみですが、おすすめリストや映画リストなどが大きく省かれた分、さらに持ち歩きに便利な軽さに。スッキリした視認性の高いフォーマットなので、昨年9月に登場以来こちらも大人気です。

ジブン手帳・ジブン手帳Bizよりもシンプルに使いたい人にいいかも。一部ストアでのみ取り扱いの限定商品なのでお早めに!

KOKUYO / コクヨ|ジブン手帳Biz・ジブン手帳Biz mini

画像出典:ジブン手帳

ジブン手帳をビジネス向けにアップデートしたジブン手帳Biz。ビジネスマンにもマッチした落ち着いたカラーとフォントが使い勝手のよさを向上させています。

インクの乾きが早く、より裏うつりしにくいMIO PAPERを採用していることもポイント。筆記具を選ばない紙質と視認性の高い紙面デザインは、ビジネスはもちろんプライベートにも◎。

ガントチャートページまで網羅している、ビジネス手帳の決定版ともいえるかも。勉強ログにも適しているので、実は学生さんにもおすすめの1冊。ジブン手帳と同じく、BizもA5スリムとB6スリムのminiが選べます。

CITTA DIARY / チッタダイアリー|CITTA手帳

画像出典:CITTA手帳

“未来を予約する手帳”をコンセプトに、ヨガスタジオオーナー・青木千草氏が考案したCITTA手帳。自費出版での2018年版発売以来、優れた使い勝手で人気となり、女性を中心にマストな1冊としてシェアを広げています。

最大の特徴は、ジブン手帳と同じく24時間軸のウィークリーページ。しかもジブン手帳は0時〜7時のマスが狭いのに対し、CITTA手帳は全日全時間均等!メモスペースも広く、このページを使いたくてCITTA手帳を選ぶ人も多々。

予定管理とライフログの併用にも適しており、プランニングのしやすさがウリ。ガントチャートやワクワクリストなどフォーマットが豊富で、ガッツリ手帳を使いたい人はもちろん、手帳って?が知りたい初心者にも◎。

CITTA手帳は大手メーカーの手帳より発行部数が少ないことに加え、注目度が高く、これまで年内には完売してしまっていた超人気商品です。お早めに!

MIDORI / ミドリ|日の長さを感じる手帳

画像出典:MIDORI

MIDORI / ミドリが手がけるバーチカル手帳のなかでも、ぜひ使ってみてほしいのが、日の長さを感じる手帳。日の長さや季節の変化を感じながら毎日を豊かに暮らすヒントが詰まっています。

淡いグラデーションで表現された朝から夜までの日の長さと、全時間均等の24時間表記が魅力のウィークリーページは、ほかにはない美しさ。マンスリー・ウィークリーメインで構成されているので、CITTA手帳より軽い手帳がほしい人にもおすすめです。

季節や日の長さに関する一行コラムは読んでいるだけで楽しい!

【廃番】永岡書店|BizGRID / ビズグリッド バーチカル

児童書、生活実用書の永岡書店がビジネスマン向けに展開しているビジネス手帳、BizGRID / ビズグリッドのバーチカルは、タイムマネジメントに適した1冊。

24時間書き込み可能なウィークリーバーチカルページは、ジブン手帳と同じく方眼レイアウトが魅力。フリーハンドで線が引きやすくテキストが書き込みしやすいので、きれいにライフログを残したい人にもおすすめです。

マンスリーブロック・ガントチャート・ノートまで付いており、ビジネスユースならこれ1冊でOK。特に男性人気の高い、安心のビジネス手帳です。

※BizGRID バーチカルは2021年版をもって廃番となっています。

LACONIC / ラコニック|仕事計画 バーチカルレフト

画像出典:LACONIC

ラコニックでは「時間軸で予定管理したいけれど、広いメモスペースがないのがネック」との悩みをカバーする、バーチカルのウィークポイントを解消したバーチカルレフトを提案。

見開きの左ページが1週間分のバーチカル、右ページがグリッドメモのレイアウトになっており、タイムマネジメントしながら思考整理やアイデア出しもOK。ほかにはない使い方を実現できる1冊です。

写真や切り抜きを一緒に残すこともできるので、プライベートユースにも最適。バーチカルと週間レフトの利点を活かした構成がたまりません!

B6だけでなくA5もあり。Amazonならリンク先のページでB6・A5どちらも詳細確認や購入ができます。

【廃番】アートプリントジャパン|ウィークリー finie / フィニエ

斬新なプロダクトの展開では右に出るものがいないアートプリントジャパンでは、平日バーチカル+土日フリーダイアリーで予定を分けたい人にピッタリのユニークな手帳を発売。

週末の予定を充実させたいプライベート満喫派さんはもちろん、週末はのんびり日記をつけたりイラストやスクラップ、コラージュを楽しみたい人にもおすすめの1冊です。

土日のフリースペースは、平日の仕事メモ用として使ってもいいかも。アイデア次第で個性豊かな手帳術が叶えられる手帳です。

※ウィークリー finieは2021年版をもって廃番となっています。

JMAM|NOLTYスコラ / ノルティスコラ ベーシック・ライト

画像出典:NOLTYプランナーズ

学習スケジュールを組んだりスタディログを残すために開発されたNOLTYの学生向けレーベル、NOLTYスコラ。老舗の能率手帳らしい高い品質と優れた使い勝手で、学生のあいだで口コミ人気が高まっている手帳です。

ベーシック・ライト・ビスタの3種類展開で、ベーシックとライトは学習時間が把握しやすいバーチカルフォーマットを採用。目標設定や1週間の振り返り、次への対策まで書き込みできます。

画像出典:NOLTYプランナーズ

学生向けに特化しているとはいえ、社会人でも使いやすい仕様が注目ポイント。特にライトは、ビジネスマンがPDCAやライフログを兼ねて愛用するのにも◎。

画像出典:NOLTYプランナーズ

マンスリーブロックで記録したい人はビスタをどうぞ!

※現在、2021年版4月始まりのビスタは完売です。2022年版4月始まりが販売開始されてからリンクを貼っておきます。それまで少しお待ちください!

ウィークリー / セミバーチカル

近年注目を集めるようになったセミバーチカルは、メモが書き込めるフリースペースの仕様(横罫かグリッドか)や大きさ、パッと見たときにわかりやすい紙面デザインを選ぶことなどが決め手です。

まだ市場展開している数は少ないものの、リピーターを増やしているのはいずれもおしゃれで自由度が高く、使いやすいものばかり。今回は女性におすすめの洗練されたプロダクトをピックアップしました!

いろは出版|SUNNY手帳 / サニー手帳 ウィークリー

画像出典:サニー手帳

“あなたの1年を晴れにする”がコンセプトのサニー手帳のなかでも、一番人気なのがウィークリータイプのセミバーチカル。予定もタスクもメモも日記もイラストも、自由に書き込める紙面デザインにくすぐられます。

ウィークリーのノートページは、マンスリーよりさらに多い141ページの大容量。商談メモや議事録、思考整理や日記など、これ1冊にすべての情報が集約できて楽ちん。複数持ちから1冊持ちに切り替えたい人にもおすすめです。

どのタイプにも共通するベイクドやパステルのカバーは女性に最適。マンスリーとフリーデイリー同様、ウィークリーも1年間の目標設定ができるWISH LIST付きです。

高橋書店|torinco / トリンコ 7

画像出典:torinco

老舗の高橋書店が、満を持して女性向け手帳としてローンチしたtorinco / トリンコのセミバーチカルタイプ。フォントと紙面デザインがスタイリッシュで、書き込む楽しさを存分に味わうことができます。

予定とTO DOで上下活用、もしくは予定・タスクと日記で使うなど、好きなように楽しめる仕様に注目。ライフログやハビットトラッカー、スクラップにも向いており、好みにあわせた使い方ができる1冊になっています。

紙質や装丁がしっかりしているのは、さすが“手帳は高橋”ならでは。モダンで洗練されたデザインがクリエイティブな女性にピッタリです。

MARK’S / マークス|EDiT / エディット 週間ノート

画像出典:MARK’S

女性が使いやすい洗練された手帳といえば、マークスのEDiTを抜きに語れません。特に週間ノートは、EDiT定番の1日1ページは続けられそうになく、かといって時間軸が入ったバーチカルもちょっと……という人に最適!

上部に朝昼夜でざっくりと分けて予定を記入し、下部にタスク管理や日記、または上部にオン・オフ・TO DO、下部は見開きいっぱい使ってフードログやハビットトラッカーに、など好みの手帳術が楽しめます。

持っているだけで気分があがるおしゃれなカバーデザインがそろっているのもEDiTらしさ。女性に絶大な人気を誇るブランドをぜひ来年の相棒に。

ウィークリー / 週間レフト

マンスリーに次いで定番の週間レフトは、右ページのフリースペースは横罫か?グリッドか?パッと開いた際に見やすいフォントを採用しているか?など、自分が気持ちよく使える要素を優先すると◎。

テキストメモで記録したい人であれば横罫のほうが都合がいいし、図やイラスト、切り抜きも加えたい場合はグリッドが適しています。

定番のフォーマットだからこそデザイン性にこだわることもたいせつです。今回はそれぞれ個性が異なるラインナップにしてみました!

RHODIA / ロディア|ウィークリーホリゾンタル

画像出典:RHODIA

持っていてうっとりしてしまうカバーや紙面の洗練度と同時に、使いやすく持ち歩きしやすい機能性も秀逸なロディアのウィークリーホリゾンタル。一度使うとその魅力のとりこになること間違いなしです。

しっかりとした紙質のクレールフォンテーヌに、ロディアを象徴するオレンジをきかせたデザインがクール。右ページはグリッドなので、図やイラストも書きやすく、チケットなどを貼る際にも綺麗に仕上げることができます。

どこまでも上品でスマート。周囲と差をつける週間レフトタイプを探している人はロディア一択で!

高橋書店|torinco / トリンコ 6

画像出典:torinco

高橋書店の女性向け手帳レーベル、torincoの週間レフトタイプは、予定を自由にデザインできるスタイルが魅力。通常のレフト式手帳よりシンプルなレイアウトを採用しています。

使い方に制約がないので、どんな形で使おうか?とイマジネーションを広げるのも楽しいひととき。予定とタスク、1週間のライフログといった定番の使い方もいいけれど、思いきって1冊丸ごとブックレビューなど趣味手帳にしても◎。

色分けされた土日・祝日スペースや、書くときに邪魔にならないドットの薄さなど、きめ細やかなこだわり満載。まずは使ってみてほしい1冊です。

トラベラーズノート|ダイアリーリフィル 週間+メモ

画像出典:トラベラーズカンパニー

旅するように毎日を過ごすための道具をテーマに、デザインフィルが世に送り出したトラベラーズノート。いまや世界中に愛好家の輪が生まれ、カスタマイズやスクラップを楽しみながら日常使いする光景が広がっています。

そのトラベラーズノートを手帳として使う際に人気なのが、週間レフトのダイアリーリフィル 週間+メモ。1月〜6月・7月〜12月の分冊で、ショップカードや切り抜きを貼っても分厚くなりにくいのが◎。

自由度の高さは折り紙付きのトラベラーズノートのリフィルだけあって、ライフログにもコラージュ専用にも最適。MDペーパーの紙質もGOOD。手帳の概念を大きく変えてくれるプロダクトです。

ほぼ日手帳|weeks / ウィークス・weeks MEGA

画像出典:ほぼ日手帳

クリエイター・糸井重里氏による『ほぼ日刊イトイ新聞』がブランディングしたほぼ日手帳。15年以上、ロフトのカレンダー売場売上1位に輝く大人気プロダクトの週間レフトタイプは、weeksと巻末メモ充実のweeks MEGA。

weeksとweeks MEGAは、ただ手帳を使うというより、手帳とともに日々を豊かに暮らすといった感じで愛用できるツール。用紙にはトモエリバーを採用し、薄手で軽量化をはかりながらも丈夫さを追求しています。

手帳としての使い勝手のよさはもちろん、驚くほど多岐にわたるコラボレーション展開も魅力。選ぶときからワクワクするのはほぼ日らしさといってもいいかも。ぜひ一度手にとってほしい一品です。

JMAM|NOLTY / ノルティ NOLTY U

画像出典:NOLTY

高橋書店と並び手帳界の老舗として知られる能率手帳。NOLTYとしてリブランディングされてから発売された、自由を楽しむための新発想の手帳、NOLTY Uは、品質とデザインセンスで彩られた注目のプロダクトです。

夢が広がったりたいせつなことを書きとめておけるレイアウトにこだわり、予定が重ならず綺麗に記入できたり、項目別スケジュールが記録できるなど、時間目盛りと連動した新開発の目盛り付き罫線・スケジュールラインなど随所にアイデア満載。

ビジネスシーンにもプライベートユースにもピッタリで、男女問わず選びやすいカラー展開もポイント。モチベーションアップの1冊を日常のお供にしてみては。

LABCLIP / ラボクリップ|ウィークリーホリゾンタル

画像出典:Amazon

ステーショナリーが持つ本来の文化的なエスプリを心がけたプロダクトを提案するLABCLIP / ラボクリップ。ウィークリーホリゾンタルは、予定・タスク管理ができて、ちょっとしたメモからプライベート日記までOKの1冊。

筆記具を選ばない優れた紙質や、書き込みしやすいレイアウトもさることながら、文具女子一押しのデザインが魅力。ビジネス手帳やスタイリッシュ系に飽きてしまった人にもいいかも。

LABCLIPの特色ともいえる、学生さんにも使いやすいキュートなカバーと紙面デザインがそろっていて◎。さまざまなテイストが用意されているので、おしゃれで大人可愛い手帳を探している人におすすめです。






ウィークリー / ホリゾンタル

見開きで1週間が把握できるセパレート式のホリゾンタルは、1日の記入スペースを確保し、1日の枠内に予定もタスクもメモも備忘録も書き込めるので、ライフログや短文日記にも向いているフォーマットです。

そのため、デザイン性や書き心地にこだわって選んでみると◎。フォントや紙質、カバーなど、毎日開きたくなる仕様かどうか?今回は洗練されたプロダクトをピックアップしました!

高橋書店|torinco / トリンコ 9

画像出典:torinco

torincoのセパレート式ホリゾンタルは、楽しく使える工夫が満載で、毎日を形として残せる“生活の記録”におすすめの1冊。気分が明るくなったり穏やかになるカバーのカラー展開にもくすぐられます。

大きくとられたスペースには、やるべきことや忘れたくないことを書きとめておいたり、日記を記入してライフログとして活用したり、その週の記念の写真を貼って思い出を残すのにもGOOD。

torincoすべてで共通する土日の色分けも綺麗で、主張しすぎないシックなフォントも手帳タイムの気分をあげてくれます。

HIGHTIDE / ハイタイド|ウィークリーブロック

画像出典:HIGHTIDE

品質にもデザインにも定評のあるハイタイドのセパレート式ホリゾンタルは、A6サイズのウィークリーブロックとして展開。コンパクトで持ち運びしやすいだけでなく、機能性にもこだわったプロダクトです。

1日の枠の中央に薄いセンターラインが入っているので、午前・午後、スケジュール・詳細などスタイルに合わせた使い方が可能。タスク管理にも向いており、日記やデコレーション用としても適しています。

重たい手帳は持ち歩きが不便だから続かなくなるし、かといって小さな手帳は機能性もデザインもイマイチ……と悩んでいる人ほど手にとってほしい、ハイタイドの定番のひとつとして長年支持率が高いおしゃれな1冊をぜひ!

JMAM|NOLTY / ノルティ キャレル B6ウィーク

画像出典:NOLTY

NOLTYのなかでも週間メモタイプとして展開しているのがキャレルのウィーク。

1日の枠の上部に時間軸が並んでいるため、上部で予定管理、下部でタスクやメモ、日記として使うのもいいかも。枠内のスペースが広いので、ちょっとしたことでもどんどん書き込める余裕が使い勝手を向上させています。

キャレルは1週間のTO DOやメモに使えるスペースが、左ページではなく右ページ下部に配されているタイプ。その週の振り返りと次へのアクションをまとめておくのにもおすすめです。

ウィークリー / ブロック

タスク管理に便利なブロック型は、ライフログに適したフォーマットでもあり、遊び心のあるデザイン展開が豊富なことも魅力です。

ビジネスユースとして活用?プライベートのライフログやハビットトラッカーとして愛用?自分がどんな用途で使いたいかを明確にしてから選ぶと、最適な1冊を使い続けることができます。

今回は目的にあわせて選びやすい、個性豊かなプロダクトを集めました!

HIGHTIDE / ハイタイド|ブロック

画像出典:HIGHTIDE

おしゃれで機能性が高いラインをそろえるハイタイドの週間ブロックは、ブロック手帳のなかでもトップクラスの認知度で、見やすい紙面と書き込みしやすいレイアウトがリピーターを増やしています。

上部に予定記入スペース、下部にチェックボックス付きのTO DO欄とメモスペースを配し、日曜祝日は淡いオレンジでカラーリングされているため、視認性の高さもポイント。デザイン性と使い勝手を追求したハイタイドらしいフォーマットになっています。

巻頭には年間スケジュールとマンスリーブロックがあるので、1年・1ヶ月を俯瞰しながら週のタスクを管理するのにも最適です。ライフログにも◎。

【廃番】MARK’S / マークス|MARK’S 週間ブロック

女性を中心に人気の高いEDiTでおなじみのMARK’Sから、2020年9月にリリースされたばかりの待望の週間ブロックは、ハビットトラッカー付きでライフログにおすすめの1冊。日記や生活の記録を残したいニーズに応えてくれるフォーマットです。

上部にTO DOを3つ記入できるチェックボックスを配し、1ブロックがすべてグリッドでデザインされているので、テキストはもちろん図やイラストを書き込むのにも最適。記録したくなる前向きな高揚感を高めてくれます。

MARK’Sの新たな定番として仲間入りをした週間ブロック。早めに手に入れて試してみることをおすすめします。

※MARK’S 週間ブロックは2021年版をもって廃番となっています。

Y-Style / ワイスタイル|ワーキングマザーの手帳

画像出典:かぞく収納

「家族が幸せになる収納 Kazoku Shuno」をコンセプトに子育てと女性の活躍を支援するY-Styleが展開するワーキングマザーの手帳は、その名の通り、ワーキングマザーに特化し、働くママの使い勝手のよさを追求した手帳です。

一般的なブロック型とは異なり、見開きで2週間分記入できるブロック型のTO DO&叶えるアクションページと、縦型ガントチャートの家族スケジュールページが大きくとられているのが特長。

主に年間スケジュール・マンスリー・アクション欄付きウィークリー・家族スケジュール・家族年表で構成されていて、毎日多忙なワーキングマザーがママでも“なりたい私”になるための強力なサポーターとして活躍してくれる1冊です。

RyuRyu / リュリュ|週間ブロックバーチカル

画像出典:SPACE R

スパゲティ専門店RYU-RYUからスタートした異色の雑貨ブランド、リュリュ。「こんなものが欲しい」という自分たちの遊び感覚から生まれたものづくりの理念は、週間ブロックバーチカルにも反映されています。

時間軸で予定管理しながら、ブロックフォーマットの強みでもあるタスクやメモの記入しやすさの両極を叶えたユニークなフォーマットで、徐々に売上を伸ばしている人気商品です。おしゃれな紙面デザインもポイント!

女性が使いやすい商品展開で、人とはちょっと違った手帳がほしい人を中心に注目したいブランドです。

アートプリントジャパン|コミックデザインダイアリー

画像出典:アートプリントジャパン

アイデア勝負の商品で支持を集めるアートプリントジャパンのなかでも、ブロック手帳として展開するコミックデザインダイアリーは、キャラクター好きはもちろん、小さな子たちにもうれしい超ユニークなプロダクト。

ブロック内に大胆に描かれたキャラクターがキュートで、空白の吹き出しに予定やタスク、ライフログ、一言日記を書き込むことができます。イラストに合わせて思い思いのセリフを入れてみるのもいいかも。

塗り絵として楽しめるのもポイント。パパママと子どもが一緒に遊ぶために購入したり、お孫さんへのプレゼントにも最適です。

デイリー / 1日1ページ

おうち時間の充実を目的に需要が高まっている1日1ページ手帳は、書き込みしやすさにとことんこだわって選ぶのがおすすめ。

紙面スペースが広い分、毎日定期的に手帳を開く気分にならないと続けられなくなってしまうのがデイリータイプのネックです。

その難点をクリアにするためにも、書いていて気持ちよい紙面デザインや紙質に定評のあるプロダクトを厳選してみました!

MARK’S / マークス|EDiT / エディット 1日1ページ

画像出典:MARK’S

1日1ページタイプの代名詞として高い人気を博すEDiTは、デイリーの手帳を探すとき、最初にチェックしておきたいブランドです。サイズ展開も豊富なので、自分にピッタリの1冊に出会えるはず。

A5正寸はビジネスユースや卓上日記として、B6変形は持ち運びもしやすくあらゆる使い方に適しており、A6正寸は手になじむサイズ感が愛着をもって使える1冊、B7変型はポケットに入る小型版なのでメモ帳としてもGOOD。

自由度の高いレイアウトのおかげで、予定管理からライフログまで思いのままに楽しめるのはEDiTならでは。選ぶワクワク感まで味わえる大満足のプロダクトです。

いろは出版|SUNNY手帳 / サニー手帳 フリーデイリー

画像出典:サニー手帳

“あなたの1年を晴れにする”手帳として女性に人気のサニー手帳からフリーデイリーノートが登場。その日1日に集中して予定の組み立てやタスク管理ができるよう工夫された新フォーマットに注目が集まっています。

1ページの左側に24時間タイムラインが付いており、日付がないのが特徴。アポやタスクが多い人にも、思考整理やメモをたくさん記入したい人にも、タイムマネジメントに取り組みたい人にも、自然と寄り添う仕様です。

サニー手帳に共通する方眼は、見やすく書き込みしやすくて◎。デイリータイプも1年間の自分のポジティブな目標設定ができるWISH LIST付きです。

ほぼ日手帳|カズン・カズンavec・オリジナル・オリジナルavec

画像出典:ほぼ日手帳

1日1ページ手帳が市民権を獲得する原動力になったほぼ日手帳は、ローンチ以来、20年近くものあいだ、人気の高さを継続するどころかますます注目度を高めているプロダクト。

サイズ展開は2種類で、A5のカズンと、1月〜6月・7月〜12月分冊版カズンavec、最初にリリースされたA6のオリジナル、同じく分冊版オリジナルavecから選ぶことができます。トモエリバーの書き心地も上々で、日々をデザインしながら楽しめる1冊です。

ページ下部のコラムを読むだけでも気持ちよい!ファーストデイリー手帳としても最適なこだわり尽くしです。

ほぼ日手帳|Planner / プランナー

画像出典:ほぼ日手帳

海外のほぼ日ファンのためにブランディングされたA6サイズのPlanner / プランナーは、全ページ英語仕様。シックな紙面デザインが好評で、日本人ユーザーの支持率も高い1冊です。

セレクトショップ&ブランド『ARTS&SCIENCE』のオーナー、ソニアパーク氏のディレクションで製作されたシンプルで洗練された仕上がりは、チャコールグレーとレッドの2色のデザイン、独自のおまけページも大人気です。

センスがよくめずらしい1日1ページタイプを探している人にピッタリ。ほぼ日のノウハウ満載のプロダクトをぜひ。

ほぼ日手帳 2022 Planner

※『ほぼ日手帳 Planner』は限定発売のため、Amazon・楽天市場・Yahoo!での取り扱いはありません。通販対応しているロフトの該当ページにリンクを貼ってあります。

高橋書店|torinco / トリンコ 1・5

画像出典:torinco

デイリータイプのニューフェイスとして注目されるのが、torincoの1日1ページタイプ。ソフトカバーのtorinco1と、しっとりやわらかなウレタンカバーを採用しゴムバンド付きのtorinco5から選べます。どちらもB6変型版です。

1も5も上部に、ページの大部分を占める5mmの淡いブルーグリッドを配し、左側に24時間記入OKなタイムラインをプラス。下部は横罫になっているので、ちょっとしたメモや日記を記入しやすくなっています。

特にtorinco5はマンスリー・マンスリーメモ・デイリーと連続しているので、月ごとの記録として残すのにも向いています。眺めているだけで気分があがるデイリー手帳を毎日のパートナーにしてみては。

KOKUYO / コクヨ|ジブン手帳DAYs・ジブン手帳DAYs mini

画像出典:ジブン手帳

日本のバーチカル手帳の代表格として人気の高いジブン手帳から、待望のデイリータイプ・DAYsが新登場。ジブン手帳らしいアイデアが散りばめられ、毎日を楽しく記録していくことができる1冊になっています。

注目ポイントは中央に入った24時間タイムライン。この24時間軸を基点に左右に記入するデザインになっており、仕事とプライベート、自分と家族、タスクとライフログなど、内容を書き分けることができる斬新な紙面です。

半年ごとの分冊仕様なので、持ち歩きにも便利でストレスなく続けることができます。

※2021版まではB6スリムのジブン手帳DAYs miniのみでしたが、2022年版からA5スリムのジブン手帳DAYsもリリースされています。

【廃番】KOKUYO / コクヨ|ドローイングダイアリー HEAVY / ヘビー

フリーダイアリーとして愛好家が増えているのが、コクヨのドローイングダイアリー HEAVY。マンスリーボックスと方眼ノートのシンプルさが光る、アイデア次第で個性あふれる使い方が可能な1冊です。もちろんメモとしても◎。

382ページの方眼ノートには全ページにページ番号が入っているので、番号をマンスリーボックスに記入しておけば予定と記録をリンクすることができます。バレットジャーナルとしても使いやすいのが魅力です。

フォーマットが定まった1日1ページ手帳を敬遠する人にも、ちょっと変わったデイリータイプを探している人にも最適。思考整理やアイデア出しの専用ノートとして活用するのもいいかも。

※ドローイングダイアリー HEAVYは2021年版をもって廃番となっています。






デイリー / 2日1ページ

1日1ページ手帳だと書き込みスペースが大きすぎて、毎日続けられずに挫折しそう。かといって、ウィークリータイプだとちょっと物足りない。

そんなニーズに応えてくれるのが2日1ページタイプです。1ページが上下に分割されているフォーマットが主流で、気軽に書きやすい大きさが継続しやすくモチベーションアップにもつながっています。

市場展開がまだまだ少ないため、今回は貴重なラインナップをピックアップ!いずれもシェアを増やしている人気者揃いです。

アートプリントジャパン|見開き4日ウィークリー finie / フィニエ

画像出典:アートプリントジャパン

ちょっとユニークな手帳といえばアートプリントジャパン。2日1ページタイプも最初に発売し、見開き4日ウィークリーとして人気を高めています。1日1ページタイプに躊躇する人がまず手にとってみてほしい1冊です。

1日の枠内にバーチカル時間軸と方眼メモを配しているのが特徴で、予定やタスクの管理と同時に、ライフログや日記を書き込むことができます。仕事にもプライベートにも適した手帳といってもいいかも。

とりあえず始めてみたい!というニーズにもピッタリ。ファーストデイリータイプとしてもおすすめです。

【商品名変更】KOKUYO / コクヨ|ドローイングダイアリー

画像出典:KOKUYO

コクヨのドローイングダイアリーは、前述の1日1ページ以上使える382ページの方眼ノートで構成されたHEAVYともうひとつ、2日で1ページ程度の記録ができる158ページのLIGHTの人気も高まっています。

HEAVYと同じくマンスリーボックスと方眼ノートで構成されており、方眼ノートの全ページにページ番号入り。番号をマンスリーボックスに記入しておけば、目的ページをすぐに開くことができる便利な仕様です。

1日1ページも書けないけれど、ホリゾンタルやボックスタイプの手帳だとスペースが足りないという人におすすめ。定形フォーマットではないので、たくさん書いたり短文で済ませたり、その日の気分で自由自在です。

※ドローイングダイアリー HEAVYが2021年版をもって廃番、2022年版からLIGHTのみの展開となったため、『ドローイングダイアリー LIGHT』から『ドローイングダイアリー』に商品名が変更されています。

JMAM|NOLTY / ノルティ メモリー3

画像出典:NOLTY

質の高い手帳でおなじみのNOLTYでも、2日1ページタイプのメモリー3を展開。A5サイズで枠内が横罫のフォーマットは、日記として続けるのにも適した1冊です。

日付入りメモ帳としても使えるだけでなく、オフィス置きで業務日誌にも活用できる利便性がウリ。たくさん書きたいけれど、1日1ページだと紙面を埋めるのがプレッシャー……そんな人にこそ選んでほしいフォーマットになっています。

NOLTYらしく紙質やデザインも安心感があり、アイデア次第で思った以上に幅広い使い方ができそう。まずは手にとって確かめてみてくださいね。

2021年おすすめ人気手帳で1年間をポジティブに

iMacで仕事を始めるデスクに置かれた、お気に入りの2021年手帳とノートブックと本

銀座伊東屋や東急ハンズ、ロフトの手帳売場は、これから年末にかけて最盛期。テチョラーさんたちが3冊目、4冊目、5冊目……と追加購入のためにあらためて吟味する熱いシーズンも継続中ですよね。

とはいえ、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、なかなか出かけるのに躊躇するのも正直なところ……。

そんなニーズに応えられるように、最新の手帳情報とともに、長い手帳歴と、仕事柄ずっと手帳に携わってきて身についた目利きでピックアップしてみました。

年が明けてからでも「使っているうちに、やっぱりもう1冊ほしい……!」なんてことが頻繁に起こるのも手帳あるある……。1年通していつでも活用してほしいと願って仕上げた今回の記事、手帳選びのお役に立てますように!