【東京カメラ散歩梅特集】向島百花園/心が豊かになる梅鑑賞と江戸旅を

満開の紅梅白梅とともに東京スカイツリーが楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

寒さも和らぎ、日差しに春の訪れを感じられるようになったこの時期、お楽しみのひとつといえば“梅鑑賞”。

白梅と紅梅のコントラストと甘い香り、気品あふれる姿で魅せる梅は、目にした多くを冬の厳しさから豊かな春へと導いてくれます。

そんな梅を東京で鑑賞するなら、ぜひ江戸の名残を味わえる「向島百花園」へ。

その名が示す通り、四季折々の花で楽しませてくれる庭園です!

かつて“新梅屋敷”と呼ばれた梅の名所!向島百花園

満開の紅梅白梅が楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

東京スカイツリーの完成と同時に最寄駅として広く浸透した押上駅から、さらに電車に揺られること数分。

東武スカイツリーラインの東向島駅、もしくは京成線の京成曳舟駅で下車し、とことこ散歩気分で向かった先に見えてくるのが「向島百花園」。

満開の紅梅白梅が楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

骨とう商を営んでいた佐原鞠塢の手により、江戸時代後期に造られた庭園で、当時彼が交流していた江戸の文人墨客の協力を得て、旗本・多賀氏の元屋敷跡である向島に完成したと伝えられています。

開園当初は約360本の梅が植樹され、梅の名所“新梅屋敷”として親しまれ、現在でもおよそ20種、約60本の鑑賞が可能。「梅といえば向島百花園」の声が多く、毎年梅を目当てに訪れる人が後をたちません。

満開の紅梅白梅が楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

開花時期には「梅まつり~梅花彩る江戸花屋敷~」が開催され、期間中は江戸大道芸やすずめ踊りの披露など、江戸時代の文化を楽しめる催しものが盛りだくさん!

もちろん梅だけでなく、開園以降、ミヤギノハギや筑波のススキなど、日本と中国の古典に登場する著名な植物を集めたことから、百花園の名にふさわしく四季を通じて花が咲くように。

満開の紅梅白梅やツバキ・ハギ・フジ・アヤメなど多くの花が楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

なかでも、竹の柵にそわせて植えられたハギのトンネル、藤棚全体を彩るフジ、自然の沼地を思わせる池の一画に植樹されたハナショウブやアヤメなど、梅とともに古来から愛されてきた花木は必見です。

花を求め、毎年欠かさず通いたくなる気持ち、わかる気がしました。「日本の粋が詰まってる!」と感嘆のため息が漏れちゃいますよー。

ゆったりとした贅沢な空間で江戸にタイムトリップ

満開の紅梅白梅とともに東京スカイツリーが楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

足を踏み入れた瞬間、「あ……なんだろう、この不思議な感じ」と、初めて眺める景色なのに、遠い遠い昔に出会ったかの懐かしさ。

実際に10数年ぶりに訪れたから、だけにあらず。

下町情緒あふれるしっとりとした庭園にそれを感じるのは、日本文化を愛しているから?なんて首をかしげつつも、まるで庭園に包まれるような心地よさにうっとり。

満開の紅梅白梅が楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

“百花園”の名前は、一説では「梅は百花に魁けて咲く」または「四季百花の乱れ咲く園」の意だそう。

さすが一流文化人たちの手で造られた、庶民的で、いまで言うカルチャー色たっぷりのお庭。ネーミングセンスまで気がきいていてニヤリとさせられます。

そこかしこに文化の香りが漂い、大名庭園とはひと味違った風情が確かに感じられる。時間の流れがゆったりしていて、毎日忙しなく過ごす身を癒やす優しい開放感がたまらない。

満開の紅梅白梅が楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

穏やかな晴天の朝、ベンチに腰かけ、池を眺めながら佇む。そんなひとときがやけに贅沢に感じられ、江戸の文化が栄えた時代にタイムトリップした気分に。

この感じは訪れてみないとわかりません。ぜひ東武スカイツリーライン、もしくは京成線に乗車し、江戸旅へどうぞ。

亀戸・日暮里間を運行する都営バスなら、百花園前で下車して徒歩約2~3分で着きますよー。

今回の使用レンズ・カメラ/SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM・Nikon D7200

満開の紅梅白梅が楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

今回の「向島百花園」は、ガツンとワイドで切り取りたいときに大活躍のSIGMA超広角ズームレンズ「SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM」に、カメラ本体はNikon D7200で撮影しています!

今回はあえてD7200SIGMA超広角をセレクト!

満開の紅梅白梅が楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

D90といいD7200といい、なんともいい色味と雰囲気を表現してくれて、「さすがニコン!」とニヤニヤするニコン沼の住人あるある(別名:ニコン好き変態)。

やっぱりSIGMAは寒色系が抜群にスバラシイ。空と梅の独特の色合いはSIGMAじゃないと出せないそれ。

撮影日のような晴天の朝の空と梅は、もしかするとSIGMAのポテンシャルがもっとも発揮されるのかも。

満開の紅梅白梅とともに東京スカイツリーが楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

撮影しながらこころのなかで「うわーやっぱいい!」を連発してしまうのは、SIGMAレンズ好きさんたちには共感してもらえるはずw

暖色系に強いニコン純正レンズと寒色系に強いシグマレンズの最高・最強コンビはぜひお手元に。全力で推せるSIGMA超広角をぜひお試しあれ!

満開の紅梅白梅が楽しめる東京の梅名所のひとつ、向島百花園

なおSIGMA超広角ズームレンズに関しては、桜特集の「青山霊園」編、公園特集の「大森ふるさとの浜辺公園」編・「昭和島」編でも紹介しています。そちらもあわせてどうぞ!

桜満開の「青山霊園」【東京ストリート桜特集】青山霊園/桜並木のトンネルをお花見散歩! 大森ふるさとの浜辺公園【東京ストリート by Nikon D90】大森ふるさとの浜辺公園/城南の水遊びスポット 「昭和島」の見晴らしばしと見晴らしばし公園【東京ストリート by Nikon D90】昭和島/城南運河を望む憩いの場

梅フォトギャラリー〈向島百花園〉

凛とした表情が美しい「向島百花園」の梅フォトをどうぞ!

INFORMATION〈向島百花園〉

向島百花園

  • 住所:東京都墨田区東向島三丁目
  • TEL:03-3611-8705
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 定休日:年末年始
  • 例年の見頃時期:2月中旬〜3月中旬
  • WEB:向島百花園公式サイト

※最新の情報ではない可能性があります。必ず事前に公式サイトなどでご確認の上、ご利用ください。