超快適シームレス!長年のiPhone使いがMacBook Airデビューした2つの理由

MacBook Air

イマドキクリスマスクリぼっち自分へのご褒美しちゃってヤッホーですよ!

突然奇っ怪な呪文を唱える黒魔術師ではありません田中ですどーもこんにちは。

クリスマスにイルミネーションを楽しみたい人のための「東京イルミネーション大手町&丸の内編」を更新したところ、それを受けて多方面から機関銃乱射レベルの激しい反応が。

イマドキクリスマスは“クリぼっち”がマスト?!20代30代男女約52%がおひとり様で楽しむ日本の事情

その激しい反応後の記事がこれ。24日、クリスマスイブの夜遅くのことでした。

「そうだ ご褒美、買おう。」(オマエはJR東海のまわしものか)

いやいや……正しくは「そうだ ご褒美、買ってた。」。

なんと!MacBook Air購入しました!

これまでずっとパソコンはWindows派だったWindows使いがついにMacBook Airデビューを決めた理由はこちら。

MacBook Airデビューした理由

  • 長年iPhoneを使い続けたことでApple製品に慣れ、パソコンもAppleで違和感がなくなった
  • ガジェットをすべて連動させてシームレスな超快適環境を手に入れたかった

ヤッホー!超快適!

いらっしゃいMacBook Air!尾崎豊絶唱レベルの快適さ

MacBook Air

クリスマスにあわせた自分へのご褒美買いというわけではないのですが、タイミング的にちょうど「これがそれか……!」。

日時:12月19日(月)お昼前

場所:川崎ヨドバシカメラ

「おのれレノボ!!!」と七転八倒、動き悪すぎデスクトップレノボに頭を抱え、盛大に足を引っ張られてきたここ数年の我がPCライフ=仕事環境よ、さらばだ!

ついについに……念願のノートパソコン!いらっしゃいMacBook Air!ようこそ友よ!

感無量。これを感無量と呼ばずしてなにを感無量と呼ぶのだろう。いや、これ以上に感無量と呼べるものなどこの世にひとつとして存在しない。

軽く明後日の方向を向きながら勝手に自問自答した挙句、軽く明々後日の方角にノリツッコミ的結論を出しながらひとりご満悦の不気味すぎる自分もモーマンタイ!なにひとつ問題ない!

なんなら尾崎豊「卒業」を熱唱どころか絶唱して聴かせたい!

こおぉーのっ支配からのっ卒業おぉぉぉぉぉぉ!(人はそれを絵に描いたような狂喜乱舞と呼ぶ)

Macシフトの理由は「iPhoneで慣れた&ガジェットの連動」

MacBook Air

完全に浮かれまくりニヤニヤする毎日を過ごしていることが伝わりましたね?ね?

さっくり我が身を晒したところで、とりあえず一言、いや、十言ほど言いたい。

最高だ。MacBook Airよ、キミは最高だ。もう愛。愛しかない。キミに対して愛だよ愛。あふれんばかりの愛の讃歌。

うれしすぎてかなり怪しげな言動・行動だだ漏れの軌道修正がきかないほど、超快適環境を満喫しながら大興奮連続のわたしにとって、実は今回がMacデビュー……!

これまでWindowsしか購入したことがなく、当然Photoshopなど画像編集系ソフトもすべてWindows仕様でした。

では、今回なぜMacにシフトしたのか?

答えは簡単!

冒頭でも触れた通り、単純にiPhoneで慣れた&ガジェットをすべて連動させたかったからです!

iMac&MacBookを使用し実感!優れた機能性でApple一択に

MacBook Air

「スマホはiPhone一択」と真顔で微動だにせず即答できるほどこよなく愛する日常を過ごし、iPhoneの使い勝手のよさに惚れ込むいま、以前のようにPCはWindowsとは思えなくなった。

それがここ数年のわたしです。

加えて、もっとも大きな後押しとなったのが、一番取引量が多く懇意にしているクライアントの存在でした!

Mac沼にずっぽりさせてくれた人たちとは?

  • たまたまご近所で年中足を運ぶほど超仲良し
  • そこの案件は基本的にクライアントオフィスで作業
  • オフィスのメインマシンがiMac&MacBook

おかげで少しずつApple製PCのiMac・MacBookにも馴染むことができました!

で、その結果、「ほんとはわたしWindowsよりAppleのほうが使いやすいんだな!ガジェットがすべて連動するのは現在の自分の仕事を考えるとものすごく楽!」という事実に気づくことに……!

それだけでなく、どれだけ懇願してもなかなか真面目に働いてくれず動きが悪すぎるデスクトップレノボさんに限界を感じていたため、数ヶ月前から「そろそろ本気でパソコン購入を計画しよう」と決意。

MacBook Air

じゃあデスクトップとノートパソコン、どちらにしたらいい?

出した結論は、ノートパソコンでした。その理由がこちら!

ノートパソコンを選んだ理由

  • 外出先に持っていけてそのまま仕事ができるので、取材対応や打合せ、カフェなどでの作業がスムーズになる
  • 複数クライアントから案件が入り、フレキシブルに動く必要がある現在の状況を考えると、ノートパソコンでないと不便

結論が出たところで、まずは家電量販店を下見!

一応Windowsのノートパソコンも各社じっくりと見てまわったのですが、結果的にApple製のMacBook一択でした。

この判断ができたのは、先ほど記した第二の親的存在のクライアントのおかげです。

Mac沼の先住民のおかげとは?

  • 購入検討段階で実際に仕事でじっくりと使用することができた
  • 実作業を通してガッツリ使ったことで体感的に魅力が実感できた
  • いまの自分にとって必要な機能がすべて備わっていることがわかった

上記の3点が確認できたことが最終的な決め手となりました!

最重要項目?「自分が好き=愛着がもてるデザイン」

MacBook Air

もうひとつ、個人的に「仕事のはかどり方までまったく違ってくる」を痛感するほど、愛着をもって使うにあたって重要なポイントがあることがわかりました。それがこちら!

愛着をもって使う重要ポイント

  • 自分が好きなデザインであること

ノートパソコンは、スペックはもちろん大事だし、軽量化や使い勝手のよさ、自分の仕事やライフスタイルに合っているかなどもたいせつな要素です。

それはそれとして、最終決定を左右するのは自分が好きなデザインであること!

これが実はもっとも重要で、この要素があるからこそ自然と愛着がもてて、結果的に好影響なんだなーと理解できました。

自分が好きなデザインだと、たいせつにしようという想いが増し、もともと物持ちがよい人間が輪をかけて丁寧に扱う毎日に。

そんな自分がうれしくなり、さらに大事にするという好循環が起こるように……この変化には正直驚きです……!

さらにメンタル面への効果として、持っているだけでワクワクするので、ますます仕事や調べ物がはかどるようになったという……。

MacBook Airゴイスー!ここまで変わるとは……まさに神アイテム!

「MacBookさんが可愛すぎる件についてー!」と叫びたい

MacBook Air

外出先で、たとえばカフェでの作業、クライアントへの資料提示、プライベートタイムに友人と動画を楽しむ……。

あらゆるシーンで他者の目にも触れるのがノートパソコンです。

その際の心の声……「ねえねえ、これ、うちの子。どう?可愛いでしょ?あ、うん、答えは聞かなくてもわかってる。可愛い一択だから。それ以外は認めない。そうなの、可愛いのよー」(人はそれを完全なる親バカと呼ぶ)。

そう、親バカ上等モードに余裕で突入できるほど、全世界に自慢しまくりたい勢いで「我が子が可愛い」を実感できる多幸感は、ノートパソコンを持つうえで譲れない要素なのです!

そしてその譲れない要素を叶えてくれるのは、わたしにとってほかのノートパソコンではなくMacBookだけでした。

現実としていま、我が子を産んだ……あ、いやいや……我が子を購入(途端に人身売買や人さらいモード)。

えーと、あらためて……我が子を迎えたいま、今回書き記したいくつかの判断基準と選択は間違いなく大正解!(断言)

“逃げ恥”でガッキーが演じた森山みくりちゃんのあのときの気持ち……いまならわかる!わかりすぎるよ……!!

「MacBookさんが可愛すぎる件についてーーーーーー!!!!」

逃げ恥今夜最終回!「逃げるは恥だが役に立つ」久々連続ドラマにハマった理由 多様性を軸に「逃げるは恥だが役に立つ」が描いたコンプレックスからの解放