MacBookさんが可愛すぎる件についてー!長年のiPhone使いがMacデビューして“逃げ恥”状態クリスマス

イマドキクリスマスクリぼっち自分へのご褒美しちゃってヤッホーですよ(きちんと内容が把握できるよう的確にお願いします)。

クリスマスにイルミネーションを楽しみたい人のための「東京イルミネーション大手町&丸の内」を更新したところ、それを受けて多方面から機関銃乱射レベルの激しい反応が。

https://blueazure.jp/sacchi/current-topics/christmas/18611/

で、この更新をしたのが24日、クリスマスイブの夜遅くのこと。

そうだ ご褒美、買おう。」(オマエはJR東海のまわしものか)

いや、正しくは「そうだ ご褒美、買ってた。」。なんと!MacBook Air購入しました!ヤッホー!超快適!

いらっしゃいMacBook!ようこそ友よ!尾崎豊「卒業」絶唱レベルの超快適さ

クリスマスにあわせた自分へのご褒美買いというわけではないのですが、タイミング的にちょうど「これがそれか!」(なにがそれなんだろう)。

日時:12月19日(月)お昼前、場所:川崎ヨドバシカメラ。

おのれレノボ!!!」と七転八倒、動き悪すぎデスクトップレノボに頭を抱え、盛大に足を引っ張られてきたこの数年の我がPCライフ=仕事環境よ、さらばだ!いらっしゃいMacBook!ようこそ友よ!

感無量。これを感無量と呼ばずしてなにを感無量と呼ぶのだろう。いや、これ以上に感無量と呼べるものなどこの世にひとつとして存在しない。

軽く明後日の方向向きながら勝手に自問自答した挙句、軽く明々後日の方角にノリツッコミ的結論出してひとりご満悦の不気味すぎる自分も、モーマンタイ!なにひとつ問題ない!

なんなら尾崎豊の「卒業」を熱唱どころか絶唱して聴かせたい!こおぉーのっ支配からのっ卒業おぉぉぉぉぉぉ!(なんでもいいからとりあえず落ち着いてもらえますかね)

いよいよMacデビュー!Macにシフトした理由は「iPhoneで慣れた&PC・ガジェットの連動」

機能にまつわるアレコレや、MacBook的お役立ち情報などは、今後気の向くまま更新していこうかと考えているのですが、とりあえず一言、いや、十言ほど言いたい(そこまで言わんでええ)。

最高だ。MacBookよ、キミは最高だ。もう愛。愛しかない。キミに対して愛だよ愛、あふれんばかりの愛の塊ベイベー(今までどれだけ七転八倒しながら仕事していたか察してください)。

冗談さておき(あながち冗談ではない・笑)。わたしにとって今回がMacデビュー。これまでWindowsしか購入したことがなく、当然Photoshopなど画像編集系ソフトもすべてWin用。

それがなぜ今回、Macにシフトしたかというと、単純に「iPhoneで慣れた&PC・ガジェットはすべて連動させたい」。

購入検討段階で使用して良さを実感!自分にとって一番必要な存在が相棒になる

スマホはiPhone一択」と真顔で微動だにせず即答できるほどこよなく愛する日常を過ごし、iPhoneの使い勝手に惚れ込む今、以前のように「PCはWindows」などと思えなくなったのですね。

一番取引量が多く懇意にしているクライアントが、たまたまご近所なこと、超仲良しなこと、そこの仕事は基本的にクライアントオフィスで作業していること、メインマシンがiMac&MacBookなこと。

おかげで少しずつApple製PCにもなじみ、「やっぱりわたしはこっちのが使いやすいな。ガジェットと連動できるのは今の自分の仕事上、ものすごく楽だな」を実感。

頼むから真面目にちゃんと動いてくれよー(白目)」のデスクトップレノボさんに限界を感じていたため、数ヶ月前から「そろそろ本気でパソコン購入を計画しよう」と決意。

じゃあデスクトップとノート、どちらにしよう?そこから出した結論は、「ノートだ!外出先でも作業できるし、今の仕事ならなおさらノート1台ないとまずい!」。

一応、Windowsのノートも各社すべてじっくりと見てみたのですが、結果的にMacBook一択でした。第二の故郷ならぬ第二の両親的存在の大好きなクライアントのおかげです。

購入検討段階に、実際に仕事で使用してみて、心から良さが実感できたし、今の自分にとって一番必要だとわかった」。これが決め手でした。

ノートパソコン選択基準の最重要項目?「自分が好き=愛着がもてるデザイン」であること

もうひとつ、個人的に「仕事のはかどり方までまったく違ってくる」と判断できるほど、愛着をもって使う上で重要なこと。

ノートパソコンは、スペックはもちろん大事だし、軽量化されているか、使い勝手がよいか、自分の仕事ライフスタイルにあっているかなどもたいせつです。

それはそれとして、最終決定を左右するのは、「自分が好きなデザインであること=自然と愛着がもてること」。これ、実はもっとも重要だと実感しています。

“逃げ恥”みくりちゃんのあのときの気持ちを理解「MacBookさんが可愛すぎる件についてー!」

外出先、たとえばカフェでの作業クライアント先で資料提示、もしくはプライベートタイムに友人と動画を楽しむ。あらゆるシーンで「人の目にも触れる」のがノートパソコン。

その際の心の声「ねえねえ、これ、うちの子。どう?可愛いでしょ?あ、うん、答えは聞かなくてもわかってる。可愛い一択だから。それ以外は認めない。そうなの、可愛いのよー」(完全なる親バカ状態)。

そう、親バカ上等モードに余裕で突入できるほど、全世界に自慢しまくりたいレベルで「我が子が可愛い」を実感できることは、ノートパソコンを持つ上で譲れない。

現実に今、我が子を産んだ、もとい、我が子を購入(人身売買や人さらいと勘違いされる表現はやめてください)。えーと、あらためて。我が子を迎えた今、この判断基準は大正解でした。

逃げ恥”でガッキーが演じた森山みくりちゃんのあのときの気持ち、今ならわかる!わかりすぎる!

MacBookさんが可愛すぎる件についてーーーーーー!!!!!!」(本日はドラマオチでお届けしました)

“逃げ恥”今夜最終回!TBS「逃げるは恥だが役に立つ」久しぶりに連続ドラマにハマった理由
出典:TBS公式サイト「逃げるは恥だが役に立つ」テレビのスイッチを入れるときは、もっぱらサッカーオンリー。それ以外は完全にオブジェと化している我が家のREGZA。バラエティ番組どころか連続ドラマすらまったく観なくなった日常を過ごしていますが
コンプレックス・劣等感・呪縛からの解放。人生のコンセプト、多様性と変化を描いた「逃げるは恥だが役に立つ」
出典:TBS公式サイト「逃げるは恥だが役に立つ」昨夜、TBSドラマ“逃げ恥”こと「逃げるは恥だが役に立つ」が無事、最終回を迎えました。初回から随所に張り巡らせた伏線を、早くも遅くもない、絶妙なスピード感と距離感ですべて回収していく。なんてお
タイトルとURLをコピーしました