新元号は令和!世界最古の王朝とエンペラーが現存する日本の新時代

新元号「令和」を発表する菅官房長官

天皇陛下の退位日が決定し、およそ30年続いた“平成”が幕を閉じるとの正式ニュースが日本列島を駆け巡ったのは2017年12月1日のこと。

天皇の生前退位は約200年ぶり。それに伴う改元は、なんと憲政史上初めて。

異例ずくめとあってか、お祭りノリで便乗しようとの思惑がわかりやすくダダ漏れなメディアやSNSマウント族なんとこざかしいことか(オマエはチコちゃんの森田アナか)。

「ほんとわかりやすいよなあ。ゲッスイ連中は自分らの儲けと金勘定しか考えてない。それよりまず現天皇へのいたわりと感謝が大事じゃないのか?それから次に、新元号の由来だったり今後の抜本改革含めた展望」

我が相方、どれだけ月日を重ねても変わらず。人間として信頼がおける心根と、冷静で客観的な視点は、いつの時代でも仕事・プライベート問わず大事なことだなあ……あらためてニヤリとしつつ。

それはそれとして、ひとりひとりの想いがふわっと浮かび上がるかの自然発生的な歓喜やワクワク感は素晴らしいこと。新たな時代の幕開けを前に、高揚感が沸き起こる感触はいいものだなあと感じています。

ということで、たまには時事トピックスを。

現存する世界最古の王朝であり、唯一のエンペラー

天皇陛下と皇后陛下

まず最初に「そういえば、天皇陛下のお仕事ってどんなことがあるんだっけ?」と調べ直してみたくなりググっていたところ、こーんなナイスなページを見つけました。

メンテナンスに関するお知らせ - 宮内庁

これ、大きいお友だちのみなさんにもタメになるはず!面白かったです。やるなあ宮内庁。もっとこういう前向きな活動を積極的にやっていくべきですよね。

なんたって現在、詐欺親子をまともに精査できず、「血税をなんだと思ってんだ!浮世離れもたいがいにせえよ!」と世間から大バッシングで大惨事大炎上と化した件で株ダダ下がりですからね。

これ以上下がらないレベルにまで。

……………あっ!うっかり本音が!!!!(一国民が世界の中心で、本音をさけぶ)

宮内庁の面目丸つぶれとはまさにこのこと……アレはないだろうアレは……。

ついでに言うなら、あんな男に引っかかることがさすがに不思議でならない……。そこまで結婚したけりゃ税金一円も使わない+皇室とは一生縁を切るでいいのでは?

ずいぶん自由奔放にお育てになったもので、姉も妹も(笑)。正直言って「笑わせてくれるわー悪い意味でw」と初めて皇室に対し冷ややかな感情が沸きました。先日のオツムが足りなすぎるインタビューを目にして。

佳子さま「姉の結婚、希望かなう形になってほしい」: 日本経済新聞
秋篠宮家の次女、佳子さま(24)は22日、国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)の卒業に当たり、宮内記者会の質問に文書で回答された。在学中は心理学を専攻し、英国にも短期留学。

確かに悪質なメディアのやり方は目に余るとはいえ、詐欺K親子の件はメディアの暴走ではなく、納税している国民ひとりひとりの拒否、悪感情の結果だという現実に、浮世離れし、ピントがズレすぎたお姫さまじゃ一生向き合えないのかもしれませんね。

たとえば同じことを頭と性格の悪い三流女性タレントが口にしたり態度に出した瞬間、大バッシングどころではなく、完全に全方位から総スカンで見切られ瞬殺される。そう考えたらわかりやすいはず。

現存する世界最古の王朝であり、現存する由緒正しき唯一のエンペラー。

その御身を前にした瞬間、私利私欲丸出しの政治家や準公人なんぞ軽く吹き飛び、世界中から敬われ、讃えられる。それが日本の象徴、天皇陛下であり皇室です。

一般庶民の家庭だって、まともな家ならあんなペテン師親子、問答無用で敷居をまたぐことすら許されないのに(苦笑)。大丈夫かいな次男一家さまと宮内庁……自覚がないどころではないっつーの……。

「あなた方の国、王朝ないじゃん」で終了させる方法

G7で記念撮影する参加国の首相、大統領

皇室関係の話題になると、右派と左派のつばぜり合いや、なにかとけたたましい街宣車だの活動家だのがうごめくことでも知られており、残念ながらよろしくない印象を持つ人が少なくないのも正直なところ。

吉祥寺で「反天皇制」デモ 激怒した右翼団体も続々と集結 街は一時騒然となり…
「天皇制廃止」を訴える左派団体「反天皇制運動連絡会」(反天連)を主な母体とする「6・3天皇制いらないデモ実行委員会」が3日、東京都武蔵野市のJR吉祥寺駅周辺で「…

とはいえ、それらはあくまでも“皇室絡みで騒ぐ人間や組織の顛末”。双方の活動を皇室が扇動しているわけではないし、世界最古の王朝が揺らぐものではありません(詐欺親子に騙されちゃうことこそ皇室の大失態……苦笑)。

皇室を語りだすと「オマエは右か左か、どっちだ?!」などと血気盛んな方々が自分たちの争いに巻き込もうの算段もあるある。

先手を打って宣言しておきますが、どちらのご期待にも沿う気はなく、わたしは右でも左でもありません。単純に“世界最古の王朝がもたらす恩恵や我が国の凄み”は理解しておかないといけないな、と。

この“右VS左”の構図のせいで、結果として日本の皇室の価値を誤解する層が出てきてしまうのは残念です。“右VS左”だの、腐った準公人の自己利益目的マウントだの、いっさい関係なく存在しているのが皇室なのだから。

だってまず単純に考えてみてくださいよ。

やれ「日本人はアジアの黄色人種だから差別対象」だの、やれ「国内で足の引っ張りあいばかりで経済成長を諦めた劣等国」だの、白人というだけで無駄なドヤ顔を晒す頭と性格のよろしくない方々がいらっしゃるじゃないですか。

ほら、あの不遜すぎて失笑レベルの大国とか、あの地続きでテロ頻発のくせにプライドばかり高い使えない国が集まるエリアとか(なぜどこまでも正直なのだわたしよ)。

そんなとき、一発で黙らせることができるわけです。

「あなた方の国、王朝ないじゃん。エンペラーいないじゃん」

で、畳みかけるように、こう付け加えてやればいいんですよ。

「え?まさかそれでうちより優れているとでも?銃犯罪デフォルトなだけでなく経済真っ逆さま。まともにテロ犯罪の解決もできず後手後手の鼻つまみモノ集団。人種にしがみつくしか能がない無能なあなた方ごときが我が国にケンカを売れるとでも?

あースッキリした!!!!(「売られたケンカを買わせたら右に出る者はいない」となぜか多方面で囁かれているらしいわたしが通りますよっと)

日本の魅力を思う存分、描く時代をはじめよう

新元号「令和」を発表する菅官房長官

世界各国の要人が「日本の政治家はアメリカのポチが多いし、自分と身内の利益しか考えていない連中だから話にならないけれど、天皇陛下に謁見させていただけるのは身に余る光栄」と口を揃えるのが紛れもない真実。

唯一のエンペラーが現存する国。かつて倭女王卑弥呼が束ねた邪馬台国が栄え、八百万の神々の国としていまもなお、世界から神秘的な存在として畏れられるニッポン。

右VS左とか、どうでもいいです。まず純粋に、その価値に目を向けるべき。

海外で高く評価されている日本の歴史的建造物や美術品、情緒ある文化を、片っ端から壊し、国外流出させてきた日本の無能政治家や愚かな企業、準公人と同レベルだと気づいたらいいのに。

“永遠の野球小僧”イチロー引退。野球界の伝説、稀代のヒットメーカーが現役を終える
...

まさにこれ。もうずっと昔から感じていること。とりわけ政治家と準公人の醜悪さは目に余るどころではありません。

最近では人様を踏みつけ、不利益を被らせたうえで自己利益に走る、頭と性格と人間性の悪さモロバレの乞食根性丸出しSNSマウントの見苦しさまで加わり、その滑稽ぶりがただただ不思議です。ほんと国の癌細胞でしかないw

プライベート切り売りしか能がない三流タレントさんらがこぞって「新元号ベビー産まれる!」(ドヤア)とかどうでもよすぎて全方位が嘲笑。「祝ってくれない人は嫉妬してるのよ!」と一生勘違いしとけって(なぜ本音を代弁するのだわたしよ)。

古来より四季折々の美しさが国を彩り、変わらぬ大和の魂を携え栄えてきた日本の魅力を熟知しているのは、こうした浅ましく厚かましい面々を除いた日本人と日本愛好家の他国の人なのかもしれません。

だからなのか、新元号に好感を持ちました。日本最古の歌集「万葉集」が由来とは、なんとも粋。

【全編】新元号は「令和」 菅官房長官が発表(2019年4月1日)
「美しい」「めでたい」…新元号「令和」に肯定的 SNSの反応を分析してみた - FNN.jpプライムオンライン
FNN.jp編集部 5月1日からの新元号は「令和」に決定 「響きがかっこいい」ネットの反応はおおむね肯定的 一方で平成の終わりを寂しがる投稿も 政府は1日、平成に代わり、5月1日から始まる新元号に「令

梅は春の訪れを知らせる、日本が誇る代表的な花。「梅花の歌」の序文に登場する“令和”は、新たな時代の象徴としてもふさわしい元号では。

昭和から平成にうつり、悪しき事件・事故や学校内犯罪(イジメとは言わない)、虐待などがさらに深刻化し、SNSで人間性格差が浮き彫りになった現在、どんな時代にしていくのか、ひとりひとりの意識にかかっていることは間違いありません。

個人的に「あほヅラ晒して自己利益目的マウントやらかす政治家と準公人は、邪魔なだけだから足引っ張らないでねー。まとめて全部いらない」はあいかわらずバッサリ切り捨てる本音(笑)。

そのうえで、真っ当な人間たちでどう時代を切り拓いていくか、こころから楽しみです。

いい元号ですね、“令和”。日本の魅力を思う存分描く時代をはじめましょう!

NEWSandCAUTION
\FOLLOWして最新情報&InstagramをCHECK/
田中佐江子 / SACCHI

Nikon一眼レフとiPhoneを愛する東京生まれ東京育ちのライター兼フォトグラファー。写真と手帳と文具とおいしいごはんと映画と桜と青空ラブ。

SACCHI'N MIND SHAREは、注目トピックスをはじめ、手帳・文具・コスメ・グルメ・映画・ドラマ・スポーツなど、あらゆる“今”のアレコレを、写真と文章でわかりやすく楽しく面白く、“田中視点&田中テイスト”でお届けするライフスタイルWEBマガジンです。

もちろん、お仕事のご依頼も大歓迎です!

\FOLLOWして最新情報&InstagramをCHECK/
SACCHI'N MIND SHARE