自由が丘美容室「TOCA(トーカ)」担当美容師さんカットカラーで髪ツヤツヤ度アップ!

バタバタしていたあげく、現在の仕事エリア通勤圏などと違うこともあり、なかなか行けなかった美容室。

[blogcard url=’https://blueazure.jp/sacchi/fashion-beauty-generalgoods/toca-salon-jiyugaoka/9941/’ width=” height=’150px’ class=” style=”]

しかーし!前回久しぶりに担当美容師H山さん、そう畠Yさん(伏せ字のイミなし)に再会して髪の毛をお願いし、劇的効果を再確認したことで「やはりお願いするならあのひとしかいない!」と行ってきました。

まるで出陣するかのこの気合い……なぜでしょう、なぜかわたしにピッタリな気がしてなりません(注意:行き先は長年の担当さんがいる美容室です)。

OFFICIAL SITE:自由が丘美容室「TOCA」

ジム通いと等しい爽快感すら味わえる担当美容師さんの面白さ

この担当さんに出会って以降、わたしにとって美容室は「笑い」「笑い疲れ」「ジム通いと等しい爽快感」の場です。

なんだか完全に「癒やされに足を運ぶ」というカテゴリーから若干違う気がしてなりません。

が、念の為に補足すると「担当美容師の畠山さんは間違いなく腕が確かでやさしく温和な超イケメンにーさんです。笑い仕様はどうやらsacchi仕様なようです(どうやらもなにも間違いなくそれ正解)」。

本当のイケメンは「イケメン」といわれると「どうしたらいいかわからない」状態に陥る。これ、本物イケメンたちと接するたびに感じることで、それがおもしろくてイジり倒しているわたしですが(鬼かよ)。

あいもかわらず写真以上にイケメンだぜ」と思い知らされるとともに、「あいもかわらず明石家さんまばりの引き笑いも健在だぜ」「あいもかわらずツッコミとボケが愉快だぜ」。

カットもカラーも抜きん出た技術の持ち主が担当すると「自分の髪が愛せる」状態に

本当に腕は確かです!確かですってば!(なぜフォローしようとしつつなにげに笑いに走るだろう)

結果はご覧の通り。論より証拠。前回も記した通り、腕の達者な美容師さんがカットすると「カットだけで髪の毛がツヤツヤになる」は本当です。まとまりも良くスタイリングもしやすい。

そして、カラーも美しく蘇らせるこの奇跡(サロン内の照明は暖色系だそうで写りが少し違うかも。あとの2枚は「夜・外出先」という条件なのでこれも実際の色味と多少違うかな)。

これを体感すると「カットもカラーも安くて適当でいいや」なんて絶対に思えなくなるはず。「自分の髪が愛せる」という感覚です。

なんなんだろう。魔法かよ。それは確かな技術。プロフェッショナルって本当にすごい。笑いの腕も含めて(やっぱりそこは含める)、わたしはこの担当美容師さんに全幅の信頼を置いています。

「TOCA(トーカ)」がとっても居心地の良いサロンだからこそまた足を運びたいと思わされる

仕事エリアや通勤圏じゃなくても、この出不精人間がえっちらおっちら足を運ぶもうひとつの理由が、「TOCA(トーカ)そのものがとっても居心地が良いサロンだから。

今回で2回目にも関わらず、自然とくつろげるやさしい空間。いっさいお世辞抜きに「長年ずっとここに通ってたっけね」というほど、常連さんにも一見さんにも良い空間だなあ」と思わせる。

長年の担当さんがいるから」というだけではなく、良い空間はひとを自然とリラックスさせるんだな、と。地が出るというのもあり余計に笑いのペースが上がるのもありますが(そこもかよ)。

営業職や販売職などの経験が長いこともあり、こういうところにより目がいく気持ちがいくクセがあって、だからこそ「すごい」「いいな」と思わされるとそれだけでうれしいしただただ感服。

逆にいうと、いくら腕が良かろうがオシャレなサロンだろうが「人間として最悪」「偉そうで感じ悪い」「客を見下している」だと、わたしの場合二度と行かない。はっきりしているので(笑)。

やっぱり「ひと」ですね。「技術」と同時に「おもてなしの気持ち」「プラスのコミュニケーション」をしっかりと磨いてきたひとたちがベースになって空間は築き上げられる。

そんなことをあらためて実感させてもらいました。今日も良い時間(散々笑いながら一応マジメに考えていたりして)。

ウェイティングスペースで癒される「なると店長」とのひとときも満喫

なると店長」もすっごいカワイイ!本当に驚くほど人間の男の子みたい。

すっかり脱力リラックスモードのなると店長にもなつかれて、こちらこそ癒やされたひとときでした。今日もありがとうございました!

OFFICIAL SITE
自由が丘美容室TOCA