【webSportiva/NumberWeb】ブラッド・エルドレッドを象徴する「カープ愛・広島愛・日本愛」

広島カープ外国人選手に共通する「人間性の素晴らしさ」は、彼らが心から日本と広島を愛し、チームと街に溶け込む姿勢からもうかがえます。その自然体の姿に、誰もが心を寄せるのです。

とりわけ打のヒーロー、ブラッド・エルドレッドは「外国人助っ人」の枠を越えた存在。

広島カープの選手としてファンが多い以前に「広島人」として愛されるブラッド。巨体をかがめながら愛機のママチャリで颯爽と街を駆けめぐるその姿は、すでに広島の風物詩です。

そんなブラッドらしさ満載の「カープ愛・広島愛・日本愛」にあふれたインタビューはココロくすぐられ度満点!愛すべき“気は優しくて力持ち”巨漢のカンちゃんに触れてみてください。

[blogcard url=’https://blueazure.jp/sacchi/sports/hiroshimacarp/20396/’ width=” height=’150px’ class=” style=”]

【webSportiva】ひと振りで試合を決める男・エルドレッドの「カープ愛、日本愛」

 歓喜の胴上げのなか、大きな腕が緒方孝市監督を包んだ。広島を愛し、日本で成長を遂げたブラッド・エルドレッドも25年ぶりの優勝に大きく貢献したひとりだ。

 上位、下位関係なくどこからでも点を取れる今季の広島打線は「ビッグレッドマシンガン」と呼ばれ、9月13日現在、得点、打率、本塁打すべてでリーグトップを誇るなど、相手チームの脅威となった。

 なかでも196センチ122キロの巨漢・エルドレッドは、ひと振りで試合の流れを変え、何度もチームに勝利をもたらした。ここまでチームトップの本塁打数は鈴木誠也だが、エルドレッドが相手に与える威圧感は特別だ。

 今季はただ振り回すだけのバッティングではなく、チームのコンセプトだった”つなぎの野球”にも対応できることを証明してみせた。これまでの4番ではなく、5番や6番で起用されることが増え、新加入した同僚ルナからの影響も少なくない。

 対戦相手の執拗なマークも、前半戦はものともしなかった。チームの方針に合わせることで、簡単に打ち取られる打席は極端に減り、逆方向に打ち返すなど、30代半ばにして打撃の幅が広がった。

 6月に右太ももの裏を痛めて離脱するまで、長打だけなくヒットを量産し、本塁打と安打数でチーム二冠だった。

「いいスイングができている。投手がどう攻めてくるのか、理解しながら打席に入れている」

 日本人投手のデータ、配球パターンはしっかりと頭のなかにある。

引用:webSportiva

[blogcard url=’https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/09/15/___split_111/index.php’ width=” height=’150px’ class=” style=”]

 エルドレッドはアメリカでの実績はほとんどない。だが、2012年のシーズン途中に日本にやって来て、才能を一気に開花させた。14年には本塁打王のタイトルを獲得。今季はルナとプライディが新加入し、開幕一軍は難しい状況だったが、オープン戦で打ちまくり、実力でレギュラーの座を奪い取った。

 広島の外国人選手として、ライトル、ギャレットに次ぐ史上3人目となる通算100本塁打も目前で、間違いなく最強助っ人のひとりに挙げられる選手だ。

 今季で来日5年目。すっかり日本に慣れ親しみ、チームメイトはエルドレッドについて「日本人のようだ」と口を揃える。守備の際の指示やチームメイトをいじるときは、いつも日本語。試合前に監督が「元気?」と声をかけると、「カラゲンキ」と答え、「よく知っているなぁ」と驚かせたこともあった。

 街のなかでは”ママチャリ”を乗りこなし、遠征先では通訳を伴わずひとりで散策に出かける。そして長女はこの春、広島の小学校に入学し、母のシンディさんも昨年8月23日の巨人戦でホームランガールを務めるなど、エルドレッド同様、家族も広島を愛している。

 また、エルドレッドは巨漢でありながら全力疾走を心がけ、広島野球の伝統でもある「次の塁を狙う走塁」が自然とできている。河田雄祐外野守備・走塁コーチも「何も言わなくてもやってくれる。もともと、そういうものを持っているのだろう。その姿勢は本当にありがたい」と語っていた。

 緒方孝市監督との付き合いも5年目となり、強い信頼関係を築いている。

「(緒方監督は)僕のことはすべて知ってくれている。いいときも、悪いときも……。そのメカニックね」

引用:webSportiva

[blogcard url=’https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/09/15/___split_111/index_2.php’ width=” height=’150px’ class=” style=”]

 当たりが止まっても辛抱強く起用し続け、エルドレッドも監督の期待に自慢の一発で応えてきた。

 日本での成功の裏には、日本を愛する姿勢だけでなく、首脳陣の指導に対して熱心に耳を傾ける素直さがある。ときには通訳に打撃の相談をすることもあった。在籍年数を重ねることで、責任感も増してきた。チームを思う気持ちは、日本人並み、いやそれ以上と言っても過言ではない。

 夏場、右太もも裏の故障が癒えても、外国人枠の影響ですぐに一軍昇格とはならなかった。それでも冷静に現実を受け止め、腐ることなく目の前の練習に取り組んだ。また、日本人の若手選手にバッティング指導も行なっていた。堂林翔太もそのひとり。「バットの出し方、角度などを教えてもらった」とエルドレッドの助言に感謝した。

 好調だった打線が8月に入り一時期停滞すると、緒方監督は満を持してルナとエルドレッドを入れ替えた。8月14日のDeNA戦、復帰初戦で三振、三振、本塁打、三振とエルドレッドを象徴するかのような結果に終わった。だが、その1本が決勝点となり、チームを勝利に導いた。

「自分はパワーヒッター。打線のなかにいると、こういうことが起きる」と胸を張った。緒方監督も「カントリー(エルドレッドの愛称)ならこういう攻撃ができる。今日はカントリーが大きな仕事をしてくれた」と手放しで喜んだ。とにかく、エルドレッドが持つ一発長打の効力は計り知れない。

引用:webSportiva

[blogcard url=’https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/09/15/___split_111/index_3.php’ width=” height=’150px’ class=” style=”]

 25年ぶりセ・リーグの頂点に立った広島の次なる目標は、クライマックスシリーズを勝ち上がり、32年ぶりの日本一になることだ。試合の流れ、勢いがものをいう短期決戦において、一発によって形勢が変わることは珍しくない。

 再び、広島の街を歓喜で包み込むことができるのか。広島を愛し、広島で育った大砲には、まだやるべきことが残されている。

引用:webSportiva

[blogcard url=’https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2016/09/15/___split_111/index_4.php’ width=” height=’150px’ class=” style=”]

【NumberWeb】愛される以上に、本人が広島を……。“ほぼ日本人”エルドレッドという男。

 出張先で会った人に突然、真顔でこう聞かれた。

「広島に住んでいるなら、エルドレッドがママチャリに乗っているところを見たことありますか?」

 なんじゃそれはと思ったが、それほどプロ野球ファンの間に浸透しているのかと驚いた。

 確かに、あの大きな体のブラッド・エルドレッドがママチャリに乗るという話はインパクトはある。だがそれ以上に、こんなにも多くの人に愛されている選手なのだなと再認識させられた。

 豪快なアーチのインパクトだけでない。

 他にも多くの魅力が196センチ122キロの体には詰まっている。

引用:NumberWeb

外国人選手としての球団史上最長契約記録も目前に。

 日本に来て、もう6年になる。

 今年7月には、37歳を迎える。

 昨年オフ、新たに2年契約を交わした。このまま7年在籍となれば、2度の日本一に貢献したジム・ライトル(’77~’82年)を抜き、外国人選手として球団史上最長となる。異国の地で輝かしい成績とともに、確かな足跡を残している。

 米国でも大砲としての片鱗を見せていた。

 ’02年ドラフトでパイレーツから指名を受けた。メジャーデビューを果たした’05年には、55試合で12本塁打をたたき出した。だが、翌年は新戦力の加入や自身のケガもありメジャーでの出場機会が減少。’10年に移籍したロッキーズでは再びメジャー昇格を果たすも定着にはいたらず、その後はチームを転々とした。

 安住できない日々が続いた’12年シーズン開幕後、日本から届いたオファーにサインした。

引用:NumberWeb

[blogcard url=’http://number.bunshun.jp/articles/-/828329′ width=” height=’150px’ class=” style=”]

不調の時も、なぜ広島は彼を手放さなかったのか?

 広島の外国人ニック(・スタビノア)の離脱により、右の長距離砲と期待された。期待通りに65試合で11本塁打を記録し、日本で地位を確立した。ただ、常に成績が安定していたわけではない。’14年に本塁打王のタイトルを獲得した一方で、プレーの粗さも目についた。

 ケガもつきまとい、1年通して働いたシーズンは少ない。

 それでも球団はエルドレッドを手放さなかった。

 それは、たとえ二軍暮らしが長くなっても同じ右打者の堂林翔太に対して真摯に打撃指導をするエルドレッドの姿も評価してのことだろう。

引用:NumberWeb

その一振りで試合の流れを変えてしまう男。

 日本でキャリアを積み重ねるにつれ、エルドレッドの打撃も変わってきた。

 チームとして打撃改革が行われた昨季は、つなぎの4番に入った(エクトル・)ルナの好影響もあり、右方向へつなぐ打撃も目立った。

 右太ももを痛めて登録を抹消された6月まで、リーグ3位の打率.319、同2位タイの16本塁打と大きな得点源となっていた。その後はケガの影響やチーム状況もあり二軍暮らしが長くなったが、得点力が落ちたシーズン終盤には再び存在感を発揮した。

 今年もさらにレベルアップした広島打線の中で、一振りで流れを変える存在となっている。

 交流戦終了までの16本塁打は効果的な一発が多い。初本塁打となった4月4日中日戦は先制2ランで試合を動かし、4月12日巨人戦は新井と2本のアベック弾。5月28日巨人戦では同点2ランで試合を振り出しに戻すなど、恐怖の6番打者となっている。

引用:NumberWeb

[blogcard url=’http://number.bunshun.jp/articles/-/828329?page=2′ width=” height=’150px’ class=” style=”]

米国で“ビッグカントリー”、日本で“カンちゃん”。

 元メジャーリーガーでさえ日本球界で成功するのは難しい。

 たとえ米国で実績があっても、日本で成功できるとは限らない。異国の文化や習慣の違いもある。「日本を受け入れること」は日本で長くプレーする最低条件なのかもしれない。

“カントリー”の愛称はすでにチーム内だけでなく、ファンの間でも浸透している。

「力が強い田舎者」と似た意味として米国で呼ばれていた“ビッグカントリー”という愛称が省略されたもので、今では首脳陣から“カンちゃん”と呼ばれることもある。

 チーム内では通訳を介さず会話する姿も珍しくない。

 外野のポジショニングの確認も日本語。若い日本人選手が「先輩」と声をかけると、「オイッ」と返す。首脳陣から「元気?」と聞かれれば「カラゲンキ」と笑う。丸佳浩の「ほぼ日本人」という表現が実にしっくりくる。

 とはいえ完全に日本に溶け込んでいるのは、エルドレッドの人間性によるところが大きい。

 西村通訳は「歴代の外国人選手の中でも真面目さで言えば一番かもしれない。日本に馴染もうとする姿勢がとても強く感じられます」と微笑む。一発長打の武器とともに日本文化を丸ごと受けいれようとする器の大きさがあるからこそ、日本球界での成功がある。

引用:NumberWeb

小学生だった娘も「イタダキマス」「ヨッシャー!」。

 奥さんと3人の娘の家族からのサポートも大きい。

 昨年は長女が日本の小学校に通い、1年の多くを日本でともに過ごすことができた。今では食事の前には流暢な日本語で「イタダキマス」と手を合わせ、応援に駆け付ければスタンドでチャンステーマ、得点後に鳴る広島名物“宮島さん”のリズムに合わせてメガホンをたたく娘に育った。米国へ帰国してもエルドレッド家では「ヨッシャー!」や「ヨッコイショ」などと日本語が自然に飛び交うまでになったという。

引用:NumberWeb

[blogcard url=’http://number.bunshun.jp/articles/-/828329?page=3′ width=” height=’150px’ class=” style=”]

ママチャリを愛す男は、広島の街にも詳しくなった。

 日本の言葉や文化にも、もうすっかり慣れた。

 日本投手の傾向や配球は頭に入っている。

 米国ではない試合前のシートノックにももう慣れた。

 広島だけでなく、遠征先でも1人で過ごす時間も苦にならなくなった。

 もちろん、ママチャリを乗りこなし、広島の街にも詳しくなった。

 広島を愛し、そして愛される――街を歩けばあっという間に大勢のファンに囲まれるが、「気にしていないよ」と笑い飛ばす。エルドレッドは広島最強助っ人であると同時に、広島最愛助っ人なのかもしれない。

引用:NumberWeb

[blogcard url=’http://number.bunshun.jp/articles/-/828329?page=4′ width=” height=’150px’ class=” style=”]

すっかり日本人のカンちゃん、カープファンはカンちゃんが大好きです!

[blogcard url=’http://www.xn--lckk7id5ivdy350bzuc.com/konomama_tyouside.html#more’ width=” height=’150px’ class=” style=”] [blogcard url=’http://www.xn--lckk7id5ivdy350bzuc.com/erudore_tikauseiya.html#more’ width=” height=’150px’ class=” style=”]

国籍問わずこれぞ広島カープwwww

[blogcard url=’http://www.xn--lckk7id5ivdy350bzuc.com/kyouno_hiroin.html#more’ width=” height=’150px’ class=” style=”]