ファッション界の異端児!ヤリチン石川涼社長のVANQUISHは服もコンセプトもイケてる

VANQUISH-1

VANQUISH-1

おい!ブランド展開している社長つかまえて、いきなり「ヤリチン」とはどういうことだ!

と、小一時間ほど説教かまされそうですが、説教かます前に聞いてください。ここの社長さんは、自らヤリチンだと公言するヤバイひとだということを。

そう、わたし間違ってない、わたし正しい(いきなり日本語不自由なひとになるのはやめてください)。

ギャル男御用達・お兄系の先入観に惑わされちゃダメ!スタイリッシュブランド「VANQUISH」

VANQUISH-2

OFFICIAL SITE
VANQUISH/ヴァンキッシュ

VANQUISH/ヴァンキッシュ」、ご存知ですか?

ギャル男御用達・お兄系ブランド」が世間での位置づけらしいけれど、「そのカテゴライズだけでとらえてしまうのはあまりにももったいない!!」とわたしは声を大にして言いたい。

VANQUISH-3

久しぶりに洋服を購入してワクワクしました!めっちゃカッコイイ!!!!

イマドキのギャル男さんシンプルな感じの清潔感溢れるファッションなのかなーと。「ギャル男と言われるんだよねー」と話してくれる(中身はみんな骨太イケメン!)友人知人を思い浮かべてもなんだかそう感じます。

VANQUISH-4

一応「ギャル男ブランド」というカテゴライズ。

だけど、そのカテゴライズの先入観は、VANQUISHというブランドが持つポテンシャルを見誤るかと。

VANQUISH-5

シンプルアンドクリーン。スタイリッシュ。そして、上質。

ヤバイ、ホントかっこいいです。細部にまで行き届いたブランドの「粋・センス」が感じられます。メンズのみの展開なんだけれど、本当にあまりにセンスが良いんで購入したくらい。

洋服届いてこんなにテンション上がったの久しぶり!購入した甲斐がありました。これ着て出かけるのが楽しみ。

「ヤリチンルール」がTwitterで大拡散!ファッション界の異端児・石川涼

VANQUISH-6

さて、ここのヤリチン涼さんと呼ばれている(いや、自ら宣言している)、社長でありトータルディレクションを担う石川さん。

昨年11月にTwitter上で拡散されまくった話題のヤリチンルール」があります。

[blogcard url=’http://blog.honeyee.com/sp/rishikawa/archives/2013/11/25/the-rule-of-the.html’ width=” height=’150px’ class=” style=”]

これにはまいった!なにこれ、めっちゃカッコイイわ。「すごいなあ、このひと!」などとびっくりしました。この世にこんなひとが存在しているとは思わなかった。

女性に対しての振る舞いを徹底しすぎ。カッケー。ここまで徹することができるとは恐れいります。

VANQUISH-7

とはいえ、女性のみなさん。

どれだけ優しいイイ男でも、ヤリチンイケメンでバリバリ生きているひとなので、「自分だけのモノにしたい!」「他の女には触らせない!」「あのコと仲良くしないで!」「あたしと結婚して!」とかね、むずかしいですよー。

ヤリチンイケメンは誰のものにもならない。天下無敵のヤリチンなのだ。付き合いたいなら「たくさんいる女性のひとり」で納得する覚悟を持つこと。

それができない・束縛したい・自分のものにしたいのなら、自分が苦しんで傷つくし危険なだけだしヤリチンには惚れてはいかんぞい。

VANQUISH-8

でも、これだけ徹底した女性へのマナーと優しさを誇る生き方をしているひとだからこそ、たくさんの女の子たちが「本当は自分だけを見てほしい!」なんて内心思っていたりもあるんだろうな、と。

その気持ちもなんだかわかる気がします。ホント罪づくりだなあヤリチンイケメン(笑)。

自分が身を置く業界への警鐘を鳴らす、常識にとらわれない自由な感性の持ち主

VANQUISH-9

ヤリチンルールを見て、いろんなイミで感動と爆笑をしたためRTしたのですが、そのときは「VANQUISH=ヤリチン石川涼」の方程式ができていませんでした。

実は、VANQUISHをきちんと知ったのは、つい最近。でも、周りでVANQUISH愛用者がたくさんいたらしく、しかも彼らのファッションをわたしはずっと褒めていたそう。だったらその時、ブランド名教えてくれ(笑)。

だからこそ「ギャル男ブランド」など、あらゆる先入観がいっさいなく、純粋に「これカッコイイ!」と、ピントがあったのかなと。

ギャル男ブランドだから自分にはテイストが違うかなー」なんて思い込んでいるひとたち、その思い込みはもったいない。マジでおすすめします。

VANQUISH-10

[blogcard url=’http://www.fashionsnap.com/inside/ceno-ryoishikawa-14/’ width=” height=’150px’ class=” style=”]

その後、目にしたのがコチラ。

VANQUISH-11

なんなのこのひと。ヤバイなー。このひとは本質が見えている。いいですね、こういうことをサラッと言えてしまう感性。

これを素直に「すごいな」「カッコイイな」と感じられないひとは、仕事でもプライベートでも本気になったことがないんじゃないかなーと感じてしまうくらい。

本気でひた走った経験がある人間ほど、この感性はど真ん中に響くと思います。思わず知らず感嘆の声を上げてしまうほどに。

女性に優しい“ヤリチン”石川涼さんは、すべての女性に優しいのではない?!

VANQUISH-12

ところで。石川涼さんってすべての女性に優しいかって?

VANQUISH-13

いいえ。

ヤリチンさん、「ブスが大嫌い」なんですって。ブスをディスった石川語録が、えっらいたくさん溢れかえっているほど。

VANQUISH-14

……………うわー自分がイケメンでヤリチンだからってすげえ嫌な男……………(世界中の本音ダダ漏れを代弁するのはやめてください)。

OFFICIAL SITE
VANQUISH/ヴァンキッシュ

3 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。