メッシ&バルセロナへの差別的コールを黙認しないスペイン反暴力委員会グッジョブ

差別行為や差別意識はこの世で一番みっともなく見苦しい行為だということは、真っ当な人間における全世界共通の共有事項。

つまり、差別行為や差別意識を黙認する、あるいはあろうことかせっせと行うのは、真っ当ではないひとたち。

先日、チェルシーサポーターの一部が、わざわざフランスまで出向いて差別行為をやらかしたことが大問題になっていました。

にも関わらず、今日はレアル・マドリードサポーターによる、ライバルチーム・バルセロナのエース、リオネル・メッシへの差別的コールのニュースが……。

あーもう馬鹿か……!!(本音爆発)

メッシへの悪行為をレアル・マドリードは喜ばないと理解できない残念さ

 スペインの反暴力委員会が、レアル・マドリーの本拠地サンチャゴ・ベルナベウで起こった差別的コールの訴えを受理し、マドリーに対する処分の手続きを進めることが明らかとなった。スペイン『EFE通信』が伝えている。

カタルーニャの知的障害者連盟ディンカトは、ベルナベウで「バルサファンになることはスブノルマルになること」「(バルセロナFWリオネル・)メッシはスブノルマル」などのコールがあったとして、反暴力委員会に訴えていた。

スブノルマルはスペイン語で発育異常、知恵遅れ、軽蔑的な用途で低能など、知的発育に異常があることを意味する言葉だ。ディンカトはそれを用いたコールが、クラブや一選手を侮辱するだけでなく、社会的尊厳に傷をつける行為であるとの考えの下で、訴えを起こすに至った。

ディンカトは反暴力委員会がこの訴えを受理し、コールが行われたと確認できる映像や音源などの提出を求められたことを公表。また委員会はマドリーに対して、異議申し立てなどの準備ができるよう、訴えを受け入れた旨を通達している。

ディンカトは今回の訴えを、一クラブを対象として起こしたわけではないことを強調。そのようなコールが「スポーツの価値において許容しがたいものであり、それがマドリッド、バルセロナやどのような場所で起こったとしても、各クラブから黙認されることは許されない」との見解を示している。

引用:ゲキサカ

どうしようもなく頭が悪い人間は万国共通なんだと実感した瞬間

差別というより「嫉妬」「ライバルチームのエースに対する嫌がらせ」ですね。

どうしようもなく頭が悪い。

なんで世界中から愚弄されて「あいつら頭おかしいからまともな人間たちは避けたほうがいいぞー」と嗤われる行為を平気でやらかすかしら。

やらかした人間たちは、そのどうしようもなく頭が悪いブサイクヅラを全世界に晒されてしまえ。もちろん実名付きで。

冷静に考えることができない人間は愚かですよ。

こんなことをしてレアル・マドリードの選手たちは喜ぶ?

真っ当な選手であれば「ふざけんな!てめえらオレたちの足引っ張っていったいどういうことだ!」と劣化のごとく怒り狂うか、冷徹なまでに蔑まれて社会的に終了です。

ロナウド・ベンゼマ・ベイルトリオに超至近距離からシュートされろ

もういっそのこと、ロナウド・ベンゼマ・ベイルの最強トリオに超至近距離からスーパーシュートを徹底的にぶちこまれたらいい。

それもいっさい顔色変えない勢いでw

自分たちが応援する存在に惨めな思いを味わわせることがどういうことか、彼らの人間的レベルすら疑われる愚行を犯した事実をその身に叩き込まれたらよろしいよ。

ああ。なんで馬鹿ってどこまでも馬鹿なんだろう。物悲しいですね。

良い子のみんな、「見苦しい行為には必ず間違いなく鉄槌がくだる。しっぺ返しを食らう」ということをよく覚えておこうね。

悪事を働いたら逃げられないんだよ。「真っ当に生きる人間が“清々しいまでの勝ち”」です。