澤穂希引退発表|「苦しいときは私の背中を見なさい」男前な心優しきクイーン

第一報が入ったのが、仕事で移動中。にも関わらず、涙があふれそうになって焦るほど、感情の高ぶりが止まりませんでした。

ああ。ついにこのときがやってきてしまったんだな」と。もう本当にどこまでも本音。

彼女の果たした功績人間性を振り返るたびに、「お疲れ様でした」と「ありがとう」という想いでいっぱいになり、ひとりの女性としての人生を考えると「よくぞここまでがんばってこられた」と頭がさがる。

なのに、「さみしいな」という偽らざる本音もポロリ。どこまでも心を揺さぶるひとだからこそ。雄弁に語るより、その身ひとつで、その姿で、艱難辛苦をも乗り越えながら極上の物語を紡いできたひと。

日本が誇るアジア初バロンドーラー。男女通して、日本サッカー史上最大かつ最強の功労者。なでしこ」の名を世界に広めたそのひとは、澤穂希。

今日、今シーズン限りでの現役引退を発表しました。

心の底から揺さぶる魂で勝負をし、走り続けた勇者。澤穂希現役引退表明

日本女子サッカーのレジェンドがついに…澤穂希が現役引退を表明(ゲキサカ)

言葉にならない想いってあるんだな」と、あらためて感じています。こんなに言葉にならない想いには、そうそう出会えない。

さっきから、想いを記そうとするたびに涙がこぼれ、涙をぬぐいながらまた気を取り直してパソコンに向かうと、再びあふれてくる。戸惑ってしまうほどにその繰り返し。

お疲れ様でした」「ありがとう」。なのに、「やっぱりさみしいな」という本音。「一生現役の姿が似合う」などと本気で感じさせてくれる選手。

荒唐無稽な話だと誰もがわかっていながらも、多くのひとたちの心の底から揺さぶる魂で勝負をし、走り続けた勇者だから。

サッカー日本女子代表なでしこジャパン初戦突破!ワールドカップカナダ大会開幕 サッカー日本女子代表なでしこジャパン決勝進出!女子ワールドカップカナダ大会いよいよ決勝戦!

予知能力・危機察知能力・バランス感覚が「澤穂希を超える選手はいない」と言わしめる

予測能力・危機察知能力・バランス感覚が飛び抜けて優れている」と国内外問わず高評価の澤穂希は、体力・技術面で超えたとされる後輩が出てきたものの、いまだ「澤穂希を超える選手はいない」と断言されるほど。

テレビ朝日解説でおなじみ(かなり愉快なイミで・笑)の松木安太郎さんの名ゼリフ。

また10番澤がいる!」「ここにも10番澤がいる!」「10番澤は何人いるんだ?!

中継で初めて耳にした際には「出た出た松木節www」と大爆笑だったものの、見事に本質をついた名ゼリフだな、と。つまり、それを現実のものとしたのは、彼女の優れた予測能力・危機察知能力・バランス感覚の賜物。

「苦しいときは私の背中を見なさい」澤穂希が心優しきクイーン、レジェンドと評される理由

歴代の日本男子・女子サッカー選手、双方通して、「10番」がこれほど似合う選手もいない。その真実をはっきりと世に知らしめ、誰もが心を奪われた澤穂希の珠玉の言葉。

苦しいときは私の背中を見なさい

2008年に開催された北京オリンピックにて、自身の後を継ぐ後輩が国際大会を乗り越えられるようかけた言葉。背中で語るレジェンド澤穂希ならではの想い。

屈強な男でもなかなか言えない。間違いなくそうたやすく口には出せない。なのに、こんなセリフが誰よりも似合ってしまう。このひとは違う」と見抜く瞬間。

なぜ彼女が「心優しきクイーン」「レジェンド」と呼ばれるのか。彼女には、他者を自己利益で利用するずる賢さや、女性を武器に迷走しながら振る舞うあこぎさや、自己中心的な傲慢さいっさい存在しないから。

だからこそ、本心から生まれる本物の数々。その身ひとつで闘ってきた彼女のそれは、すべてが魂の言葉。

「お疲れ様」「ありがとう」チャーミングなレジェンド・澤穂希の勇姿を一生忘れない

やっぱりさみしいな」。だけど、「本当にお疲れ様でした」「本当にありがとう」。

あなたの勇姿を一生忘れない。一生忘れることなんてできない。苦しいときは私の背中を見なさい」が似合う、有言実行の最高かつ最強の男前でありながら、誰よりも心優しきクイーン・澤穂希。

ずっとその両肩で背負ってきた、あるイミ背負わされてきた側面もある重たい荷を降ろして、「サッカー選手・澤穂希」としての人生をゆっくりとねぎらってあげてほしい。

これからはまた、新たな人生のスタート。その背中を必要とする、その背中を見ながら勇気づけられるひとたちがたくさんいる。と同時に、ご結婚もされたことでなおさら、ひとりの女性としての大いなる幸せも。

澤穂希入籍!日本女子サッカー功労者・アジア史上初バロンドーラー結婚おめでとう

どうかこれからも幸多き人生でありますように。あなたの輝かしい前途を祈ります。

It is not the end but the beginning. Wish you be always filled with happiness.