香川真司の笑顔が戻ってきた!ドルトムントらしい勝利&カガワチャントはいつでも味方

カーガーワーシンジーーー♪♪

大音量のチャントを大合唱したい気分。そうです、ドルトムントの香川真司の笑顔が戻ってきました!

2月7日(土)に行われたドイツブンデスリーガ・ドルトムントVSフライブルク戦で見事勝利。

混迷の中で必死に闘うチームはようやく最下位を脱出。全員で前を向き、全員でハードワークを行い、全員で走りきり、全員でゴールを目指す「ドルトムントらしい」良い試合だったことがなにより素晴らしい朗報です。

ひとの気持ちを揺さぶるそれは香川真司だからこそ持ち合わせている威力

 ブンデスリーガは7日、第20節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でフライブルクと対戦し、3-0で快勝した。香川はトップ下で7試合ぶりに先発し、フル出場。2-0の後半27分には今季初アシストも記録した。

 ようやく長いトンネルを抜け出した。昨年12月5日のホッフェンハイム戦(1-0)以来、6試合ぶりの白星で後半戦初勝利を飾ったドルトムント。順位も16位に上げ、最下位から脱出した。

 そのピッチに香川もいた。昨年11月30日のフランクフルト戦(0-2)以来、7試合ぶりの先発。前線から積極的なチェイシングを見せると、ゴール前でボールを受けながらチャンスに絡んだ。前半5分の決定機はGKに阻まれたが、チームは前半9分、相手のバックパスをFWピエール・エメリク・オーバメヤンがカット。最後はMFマルコ・ロイスがゴールに流し込んで先制点を奪った。

「立ち上がりからうまく前線からの守備がハマっていた。その中で(相手の)ミスから得点できたことはこれ以上ない喜びというか、試合が運びやすかった」

 立ち上がりの先制点で試合の主導権を握ったドルトムント。前半の終盤にはフライブルクに押し込まれる時間もあったが、粘り強く耐える。後半11分には中盤でプレッシャーをかけてボールを奪うと、MFイルカイ・ギュンドガンのスルーパスに抜け出したオーバメヤンがGKとの1対1を制し、2-0とリードを広げた。

「先制点のあとも崩れずに、守備も耐えながら後半に2点目を奪えたことで試合が決着した感じがあった。強いチームの勝ち方と言ったら変だけど、うまく試合をコントロールしながらできていたので、これを続けていかないといけない」

 後半27分にも香川が高い位置からプレッシングをかけると、相手の中途半端なクリアボールを奪ってパスをつなぎ、右サイドでパスを受けたロイスは中央の香川へ。香川はPA内左でフリーのオーバメヤンにラストパスを送り、オーバメヤンが右足ダイレクトでゴール右隅に流し込んだ。

 香川の今季リーグ戦初アシストで3-0。勝利を決定づける3点目が生まれると、GKロマン・バイデンフェラーも自陣ゴールを飛び出し、歓喜の輪に加わった。

「こういう感覚は長く得られなかった。ただ、こんなことで一喜一憂している暇はないので、無理にでも切り替えたい。ただ、気分は悪くないですね」。1勝に満足することなく気持ちを切り替える香川。それでも、個人としても、チームとしても自信を取り戻し、復活への手応えを深める重要な勝ち点3となったのは間違いない。

引用:ゲキサカ

試合後のインタビューからもうかがえるように、なにより当の本人が真剣勝負をしている、「まだまだこれから」と語っていることが一番素晴らしいこと。もうそれがなによりでは。

ユルゲン・クロップ監督の熱い抱擁再び!がんばれドルトムント!

この写真がね、もうね、観たかったんだよね。明け方から号泣者大発生だよ(笑)。で、シンジカガーワが再びゴールを決めた日には、もう間違いなくこのひとまたベンチから絶叫しながら飛び出してくるね(笑)。

こちらはドルトムント復帰後に書いたエントリー。

【ボルシア・ドルトムント】おかえりシンジ!香川真司のドルトムント第二章がはじまった
シンジカガーワこと香川真司本人が一番ホッとしているでしょうが、観ている側もホッとし、涙しました。ドイツ・ブンデスリーガへの復帰。ドイツのたくさんのサポーターとともに多くの日本人サッカーファンからも「おかえりなさい」という愛情あふれる想いが届
【ボルシア・ドルトムント】香川真司とユルゲン・クロップが魅せる、愛しあい信頼しあうたいせつさ
お互いの信頼関係がしかと感じられる一枚。すごく大好きな一枚です。香川真司のドルトムント復帰初戦、足がつってしまい途中交代をする際にベンチでユルゲン・クロップがねぎらいながら抱きとめたシーン。時として傷を負い、あらゆる思いをする中で闘い続け、

思うようにうまくいかず苦悩する日々が続いたりさまざまなことが起きたことは、真摯に観ている人間たちだからこそ感じていること。あるイミ、本人以上に。

だけど、香川真司のドルトムント第二章は間違いなくはじまっています。プレイの変化があるのだとしたら、それも真実であり、それも香川真司。

プレイヤーとしてもそうでしょうが、人間ってそういうものですよね。素晴らしいじゃないですか。年を重ねてあらゆる経験を負うごとに聡明な人間ほど変化があるのは、寄生虫のように他者に依存するのではなく、人生を自分の身ひとつで生きている証であり、そうした変化のすべてが豊かで充実している証。

サッカーを愛する人間は香川真司のどんな姿でも応援している

香川真司のどんな姿でも応援している。サッカーを愛する人間たちは、良いときだけに薄ら寒く便乗することこそ本気で馬鹿らしいと感じています。

人生そのもののように、うまくいくこと、うまくいかないこと、すべて含めて、苦境を乗り越えようとするその姿にこそ心を揺さぶられるのだ、ということ。

語弊があるかもしれませんが、どうか香川選手は自信を持ってもがいてほしい、自信を持って暴れてほしい、自信を持って叫んでほしい。そして、自信を持って思いきり笑ってほしい。

すべての香川真司を応援しています。あなたには大音量でチャントを奏でるたくさんのサポーターがいつも味方としてついていることを、どうか忘れないでください。

なぜって、みんな香川真司の姿に魅せられたから。香川真司のサポーターは、香川真司がプレイヤーとしても人間としても真摯に生きてきた証明です。

Good luck!! SHINJI!!!!
You’re so beautiful and fantastic!!!!

FOOTBALL
\FOLLOWして最新情報&InstagramをCHECK/
田中佐江子 / SACCHI

Nikon一眼レフとiPhoneを愛する東京生まれ東京育ちのライター兼フォトグラファー。写真と手帳と文具とおいしいごはんと映画と桜と青空ラブ。

SACCHI'N MIND SHAREは、注目トピックスをはじめ、手帳・文具・コスメ・グルメ・映画・ドラマ・スポーツなど、あらゆる“今”のアレコレを、写真と文章でわかりやすく楽しく面白く、“田中視点&田中テイスト”でお届けするライフスタイルWEBマガジンです。

もちろん、お仕事のご依頼も大歓迎です!

\FOLLOWして最新情報&InstagramをCHECK/
SACCHI'N MIND SHARE