ボルシア・ドルトムントの公式Facebook・HPを開いた瞬間、吐き気をもよおした真実がサッカー界への偽らざる本音

久しぶりにボルシア・ドルトムントの試合を観ました。

といっても、「この日を楽しみに待ちわびていた!」というより、めずらしく夜中まで起きていたら友人たちが教えてくれて「一緒に観ようよ!」の大合唱に「わかったよ!観るよ!」と。

軽はずみのわりに被害が酷い、積み重なりすぎた悪癖。サッカー界に対する偽らざる本音

試合には勝利しました。見どころもいろいろとありました。選手の躍動する姿を目にすると、「やっぱりいいな。うれしいな」と、素直に感じることができました。

それでも、以前のように心から楽しめない自分がいます。どれだけ反省や修正したフリをしようが、サッカー界はメディアも含め、軽はずみのわりに被害が酷い陰惨な核兵器と化した世界だ」と。

今日のブログは迷いました。それでも今、記さないといけないことがある。作成にあたって、久しぶりにボルシア・ドルトムントの公式FacebookやHPを開きました。

その瞬間、吐き気をもよおすことに。「ココロとカラダは正直」は、こういうことなのかもしれない。軽はずみのわりに被害が酷い、積み重なりすぎた悪癖。心身が拒絶反応を示したということでしょう。

これが、今現在、正真正銘、サッカー界に対する偽らざる本音です。

[blogcard url=’https://blueazure.jp/sacchi/books-cinema-drama-music/onepiece-3/16292/’ width=” height=’150px’ class=” style=”]

ペットや道具や飲食物に特定の人物をたとえて評価。誰も得しない最底辺レベルの薄汚い根性

ペット道具飲食物特定の人物をたとえて「愛でてやっている」「使ってやっている」と評価しくさる。この世の最底辺の人格、というより、もはや人間以下がはびこっていることは以前から知っています。

当然のことながら、相手を蔑む薄汚い根性を内に秘めた浅ましい最底辺レベルがベースであることは、こんなことを疑問にも感じず平気でやらかせることから、本当に真っ当な人間であればあっさり見抜けること。

真っ当な人間は、人間に対してやっちゃいけないこと、好意の示し方は当たり前にわかる

たとえば、こうした軽はずみのわりに被害が酷くなる悪癖を、無駄な影響力ばかり持ち合わせる人物がやらかすとどうなるか?考えなしで無意味極まりない同レベルのファンである一般人はどうなるか?

自分自身は大したことないどころか、ターゲットとされた相手に一生かかっても敵わない人間性の分際で、自分がファンをしている人物と同格である派手な大勘違いをしながら、侮蔑して嘲笑することを正当化する。

その結果、ターゲットにされた人物人間としての尊厳は?社会的立場は?軽はずみのわりに被害が酷いからやめなさい、と再三注意されているのにやめられない病気レベル悪癖の影響とは?

よかれと思って」「評価していたから」。薄ら寒い言い訳なんて、もう聞きたくもない。死ぬほどうっとうしい。真っ当な人間であれば、人間に対してやっちゃいけないこと、好意の示し方くらい当たり前にわかる。

そこまで考えることすらできない考えることから逃げて放棄しているどころか、逃げつづけながら同じことをダラダラやめないのは、あなた方が全人類の中で一番愚かで救いようがない最底辺だからだよ。

ボールを特定の人物にたとえて誰が喜ぶ?考えなしすぎな悪癖に呆れるを通り越し嫌悪感

これと同様のケース。ペットや道具や飲食物に加え、「ボールを特定の人物にたとえる」がサッカー界にはびこっていることを知らされたのは、もうかなり前のこと。

なんて頭の悪いことを平気でやらかすだろう。その被害がどれほどのものになるか、ターゲットの人間としての尊厳や社会的立場が引き裂かれて殺されると、なぜ考えられないだろう」と。

ボールは友だち」の、描き分けもできないキャラ全員一緒のどこぞのマンガの名ゼリフとやらでごまかそうと?笑わせんのもたいがいにしてほしい。人間を見下し蹴り飛ばす悪影響がなぜ考えられない?

考えられないのだとしたら、あなた方が「人間性が欠落していて想像する能力すらない」「人間を差別や支配することで、優秀な人間、優位な立場に立った錯覚を起こして悦に浸る人間もどき」だから。

真っ当な人間であるわたしがまず感じたことは、コチラ。真っ当なんで、わたし。こんなことをやらかす・黙認する・一緒になっておもしろがってやめない最底辺人間もどきと違うんでね。

そのターゲットには、当然のごとくわたしも含まれていました。なぜわたし?関係ないですよね?「オマエなんか関係ない」と蔑むわりに、調子こいてくだらないクソ以下なノリに巻き込むなよペテン師ども(笑)。

「ボルシア・ドルトムントはずっと変われないだろう」チームトップと現地サポーターの責任

たぶん、サッカー界の中でも、あるイミでボルシア・ドルトムントはずっと変われないだろうな、と。もしかすると、選手が変わっても、チームは一生変われない可能性が圧倒的に高い。

今までずっと観てきたからこそ、見抜いてしまう。その結果、吐き気をもよおしたんだろうな、と実感しています。もう無意識な拒絶反応。

なぜって?チーム経営陣・上層部の考え方や方針が甘ったれていて、いつまで経っても軌道修正すらかける気がないから。それはなぜ起こるのか?現地ドイツのサポーターの責任でもある。

バイエルンが強いからといって「うちは2位でいい」とチームトップが表明する軽はずみさ

ご承知のとおり、ボルシア・ドルトムントは熱狂的なファンに支えられていることでも世界的に知られています。観客動員数世界No.1。そりゃもう笑いが止まらないでしょう、経営サイドは。

サポーターは、無様な試合をみせられても我慢強く、正当な意思表示すらしないことも多々。まともな選手にとっては、これ以上ない環境。誰にだってどれだけ努力してもうまくいかないときはあるのだから。

この点に関しては、わたしは100%同意だし、心から共感しています。「なんでも批判することが辛口、サッカーや物事わかっている」みたいな、ダラダラあほヅラ晒す大勘違い馬鹿とは違うんで(笑)。

ただ、こうした傾向に胡座をかく悪癖をもつのが、ボルシア・ドルトムント経営陣・上層部。モチベーションを下げることはお得意。自分たちのやり方や方針が正しいと思い込みすぎて修正できない。

いくらバイエルンが強いからといって、「うちは2位でいい」なんてチームトップが軽はずみに表明するものじゃない。それをほざくのであれば、選手を走らせるな、応援を二度と求めるな。

本気で勝つ気あるの?」=「いつになったら補強や環境構築に着手するの?」の疑問符が延々消えないのは、経営陣・上層部の大罪。それをダラダラ甘やかし許しているのは、現地サポーターの大罪。

やり方としては、それらに異を唱えるすべてが攻撃や批判の対象になる。軽んじて愚弄して差別する。選手の同様の悪癖も流す、放任する。ずいぶんぬるま湯で頭の中お花畑のファンもどきをお求めなようで(笑)。

ドルトムントのみならずドイツのチームにはびこる、いつまでも卒業できないナチスドイツの悪癖

これらは、ドルトムントのみならずドイツのチームにはびこる傾向ともいえます。ドイツだけではなく、世界中のサッカー界が汚染されているという大前提として。

ドイツがなぜ、周辺各国からいまだに批判を受けているか、その理由を教えてあげようか?

ドイツは身内にばかりとことん甘い国家、国民性をもつ傾向が強いから。

つまり、ドイツ国民には甘く、ドイツ独自のやり方に固執しすぎる。残念ながら、ドイツ国民には差別感情が根強いといわれるのも、こうした国の在り方をいつまでも修正できないから。

ハイル・ヒトラーの時代から変わらない」「むしろ深層意識は酷くなっている」といわれてもなにひとつ文句をいえないのは、自分たちの犯しつづける大罪。誰のせいでもない、決定的に自分たちが悪い。

ドイツドイツサッカー昔から大好きだし、愛しつづけていることはウソ偽りなく本当です。今年のUEFA EURO 2016も楽しみ。でも、それとこれとは話がまったく別。

ドイツのこうした悪癖が、昔から心底大嫌いです。「小さな島国の東洋人=黄色人種にいわれたくない」?その感情こそ、あなた方のくだらない、ヒトラー時代をいつまで経っても卒業できない差別意識。

大迷惑をかけていることへの真っ当な指摘を受けて、素直に認められない愚かな人間は、無意味に勝手に差別される側とは比べものにならないくらい決定的に劣るという真実に、そろそろ気づいたほうがいい。

笑ってごまかしふざけるばかり。反省も修正もできない人間もどきはもう一生救えない

サッカー界全体(引退したのはもちろん、関係者やメディアなど全部含む)に、いつのまにやら蔓延してしまった、くだらなすぎる幼稚極まりなく軽はずみのわりに被害が酷い悪癖。

人間の悪感情に火をつけ、人間性が未熟などうしようもない愚か者ほど、その未熟さ愚かさに拍車をかける。

特に日本人選手の場合、自分たちが弱いことの憂さ晴らしでもしたいのかしら?と実感させられるほど。代表戦を観る気がなくなりつつあるのは、だらしない試合内容以前に人間性が疑問符だらけだから。

観戦側は、あなた方のご都合よろしい奴隷?なにをされても、どれだけ人間としての尊厳や社会的立場を傷つけられ、ズタズタに引き裂かれ殺されても、なにも感じず、あほヅラ晒して応援してろ?

笑わせんのもたいがいにしてほしい。ふざけてんじゃねえよ。ナチスドイツを建国したヒトラーより酷い。断罪されないのであれば、もういいからとっととこの世を卒業してください。

理由?これ以上、自分を含めて傷つけられ、社会的な抹殺や、実質的に命を絶つ選択をして殺されていくひとを見たくない。わたし自身、もうこれ以上、軽はずみのわりに被害が酷い現状を生きたくない。

あなた方のくだらなさは、もう救えないことがよくわかった。イヤというほどよくわかった。まるで、犯罪加害者と被害者の構図そのもの。

どれだけ指摘を受けようが、加害側の自分たちの考えや痛みばかり無駄にでかい声でアピールすることしかやらない。頭の悪いお抱えメディアが拡声器となって拡散し、さらに被害者を殺していく。謝罪すらできない。

だからこそ、もうこれ以上、巻き込まないでいただきたい。反省だけならサルでもできる。でも、反省も修正もできない人間もどきには、もう一生手の施しようがない。

せめて二度と、被害者たちに関わったフリをしないでいただきたい。もう解放してください。これ以上、恨みや憎しみの連鎖を起こさせないで。

ワンピースに描かれている天竜人の姿と犯しつづける大罪の結果が、すべての答え

この世で一番大嫌いで、この世で一番最底辺レベルの人間もどきを教えてあげようか?

マンガ「ワンピース」を開いて、そこに描かれている天竜人の姿を、天竜人が犯しつづける大罪の結果を、逃げずに凝視すればすべての答えがわかる。

みんなの夢や希望や目標の存在になりたい」だなんて、軽はずみのわりにシャレにならないほど被害が酷い、やらかしつづけた悪癖をなかったことにして、これ以上世迷い言ほざかないで。寒々しいから。

人間もどきに成り下がることをやめられないのなら、一生叶う時間が訪れないことを望まないほうがいい。

大災害が起きたとき、自分たちの存在がどれほど無力かを思い知ったらいい。あなた方は無駄なプライドばかり高く、社会を立て直す直接的能力もなく、保護されることばかり望む足手まといでしかない。

奴隷扱いされても、ワンワン尻尾ふるしか能がない信者ファンたちだけ引き連れて、理想郷でもつくりあげることをオススメします。せいぜいカルト宗教として危険指定されながら、どうぞお幸せに。

あなた方が、天竜人レベルにまで落ちぶれてしまったか、まだその手前の最悪さでとどまっているか。もう、興味がない。これ以上、くだらない無駄な言い訳は聞きたくもない。

ダメなことは絶対にダメという、人間の崇高な尊厳を守ることを知ったほうがいい。悪事は滅びたらいい。反省も修正もできないのであれば、この世からとっとと卒業してくれたらいい。ただそれだけ。

心から尊敬されたいのであれば、まず真摯な想いで謝罪して他者を尊敬することから。小学生でも理解できることすらできないのだから、一般社会人に総合力・人間力で決定的に劣る、といっているのよ。

身近に誰も指摘してくれるひとがいないなんて、こんな状態になるまで誰も止めなかったなんて、ずいぶんかわいそうな人生ね。

どれだけチヤホヤされようが、それがあなた方のたったひとつの真実。