絶対買い!RPGの原点「ドラゴンクエストイラストレーションズ」でみる超天才、鳥山明

ゲームをいっさいやらないわたしが、唯一といっていいほどハマったRPGドラゴンクエスト」。

日本のロールプレイングゲームの原点として、長い年月を経ても色褪せることなく多くを魅了する通称「ドラクエ」は、類まれなストーリー性やイベントの面白さもさることながら、愛らしいキャラクターも大きな話題に。

そう、「Dr.スランプ」「ドラゴンボール」の生みの親でもある鳥山明さんのアレですよ、アレ(オマエはなんでもアレで押し通そうとするそのクセをどうにかしろ)。

実は昨年、ある珠玉のイラスト集を購入していました。もちろんアレですよ。予約が殺到し、発売後も超話題の「ドラゴンクエストイラストレーションズ」。うおーっ!我がバイブル!

あの日、時代はつくられた!家庭用ゲーム機初の国産RPG「ドラゴンクエスト」登場

1986年、エニックス(現スクウェア・エニックス)が世におくりだした、家庭用ゲーム機初の国産RPG「ドラゴンクエスト」。

1988年発売の「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」が空前の社会現象になり、以降、日本のRPGの礎とも呼ばれる存在になったことは今も記憶に新しいところ。

開発を手がけた堀井雄二さんが、集英社が誇る少年漫画雑誌「少年ジャンプ」でファミコンゲームソフトの紹介コーナーも担当していたことから、ジャンプと連動し、開発段階から情報提供するユニークな試みも大ヒット。

開発中のゲームソフトの情報を公開するスタンスはその後のロールモデルにもなり、あらゆる意味で「ドラゴンクエストは大きな時代をつくった」と高い評価を受けています。

その瞬間、日本中が震撼!「キャラクターデザイン担当:鳥山明」の第一報

少年ジャンプといえば鳥山明」とも評され、今なお世界中でアツイ支持者を生み出す大ヒット作品「Dr.スランプ」「ドラゴンボール」を描きあげた巨匠、鳥山明さんは、当時、ドラゴンボールの連載開始から数年。

アラレちゃんやガッちゃん、則巻博士たちの独自性豊かな世界観で世の中を席巻し、孫悟空、ブルマ、亀仙人たちが期待を裏切らずバトンを受け継ぎ、天才の名をほしいままにしだしたころ。

その鳥山明ゲームキャラクターデザインを担当する、との第一報が入った瞬間、いまだはっきり覚えているほど誰もが大騒ぎ!意味がわからないほど大興奮する人間大発生。その光景はまさに阿鼻叫喚(若干違います)。

昨年、ドラゴンクエスト30周年を迎え、かねてから要望が殺到していたにも関わらず、権利問題で難航していた鳥山明ドラクエイラスト集がいよいよ発売されるとのニュースに、30年前の大興奮再び。

オマイラ落ち着け」といいながら、同じく「うひょーっ!」(落ち着いてください)。

これが落ち着いてなどいられるか!いや、いられまい!誰もがいられまいぞ!(わかったから早くつづき書いてください)

当時の風景や日常まで蘇る!「ドラゴンクエストイラストレーションズ」で共有する時間

まだ手にしていない人。え?いるんですか?この世にそんな不届き者がいるんですか?けしからん、打ち首獄門なり(今がいつの時代か理解してください)。

冗談さておき。こんなに「素晴らしい……(恍惚)」とひたれるイラスト集は人生で初めてです。写真集や画集などすべてひっくるめても完全にトップに躍り出たほど。

まず、昨日のことのようにすべての記憶が蘇る。これは鳥山さんの漫画にもいえることですが、もっとも熱中していたその当時の風景や時代背景、日常のあらゆることまで鮮明に呼び起こされます。

ただイラストを見て「すごーい!」じゃなく。年齢問わず、妙にノスタルジックな想いまで味わいながら、じっくりとひとりで読みふけったり、家族や友人と語りあいながら共有したり。

一言でいえば、「最高」。もう「最高」以外のなにものでもない。これを最高と呼ばずしてなにをそう呼ぼう。いや、この世に(だからわかったから早くつづき書いてください)。

世界中を魅了する天才作家、鳥山明の軌跡は、日本で生まれた奇跡

自分自身、まだ見ていないものを詳細に明かされるのが嫌なタイプ。いわゆる、漫画や小説、映画などのあらすじをわざわざ話してくるヤツを全力でぶっ飛ばしたくなる人間(物騒なのでやめてください)。

なので、あえて中身は書かずにおきます。

本当は「超おすすめ!」をシェアするいつものようにもっと記したほうがいいのかもしれないけれど、この「ドラゴンクエストイラストレーションズ」に関してはどうしてもその目で確かめてほしい。

とはいえ、中身をチラ見として、内容紹介を引用します。

ドラゴンクエストシリーズ30周年を記念して、鳥山明先生の手により30年の間に描かれたドラゴンクエストのイラストから、500点以上を収録したイラスト集です。

ホロ加工されたボックス入りの豪華ハードカバー仕様、本文では高精細5色印刷によりイラストをできる限り原画に近い鮮やかな色で再現しました。ファミリーコンピュータ『ドラゴンクエスト』から『ドラゴンクエストX』までのナンバリングタイトルはもちろん、スピンオフシリーズのイラスト、さらに『ドラゴンクエストXI』から主人公の設定イラストをいち早く掲載。その中には、ゲーム内に未登場のモンスター設定画や、史上初公開のイラストも数点含まれており、ドラゴンクエストを愛する人にはたまらないものとなっています。

とじ込みポスターページ表には本書のために描き下ろされた鳥山先生のスペシャルなイラストを使用。裏面のパッケージイラストを集めたパッケージヒストリーではドラゴンクエスト30年の歴史が垣間見えます。

さらに鳥山明先生のドラゴンクエスト秘話メッセージも必見です。

引用:集英社

どれだけわたしが「うひょーっ!」なのかおわかりか(真顔)。鳥山明ファンにも、ドラクエファンにもたまらない、イラスト集のこのスペック、このグレードよ。

これは絶対買い!」と超おすすめします。冗談抜きで、購入してからバイブル書籍になりました。今だからこそあらためて「まだ買ってない人!ダメダメ!もったいなさすぎる!」を伝えたいです。

やっぱ鳥山明は神だわ、神。この人とんでもない超天才だ。すごすぎる。

わたしのため息まじりの想いと等しいそれらが世界各国でこだまする、天才作家、鳥山明。そんな鳥山さんが参加した「ドラゴンクエスト」の軌跡をぜひ!

BOOKS
\FOLLOWして最新情報&InstagramをCHECK/
田中佐江子 / SACCHI

Nikon一眼レフとiPhoneを愛する東京生まれ東京育ちのライター兼フォトグラファー。写真と手帳と文具とおいしいごはんと映画と桜と青空ラブ。

SACCHI'N MIND SHAREは、注目トピックスをはじめ、手帳・文具・コスメ・グルメ・映画・ドラマ・スポーツなど、あらゆる“今”のアレコレを、写真と文章でわかりやすく楽しく面白く、“田中視点&田中テイスト”でお届けするライフスタイルWEBマガジンです。

もちろん、お仕事のご依頼も大歓迎です!

\FOLLOWして最新情報&InstagramをCHECK/
SACCHI'N MIND SHARE